産土神社参拝
杏さん

平成25年に産土神社を調べて頂きました。その日に先生と参拝お許し頂きました。鳥居をくぐり、本殿の鏡が光輝いて居るのに感激し、自分の姿が映ると瞬間繋がって、良く来たね〜と迎えて頂いた感じがしました。その晩、8年間毎晩起きていた心臓の動悸が起きませんでした。どうしても治らなかったのに〜私の生命の親なのかも〜
と直感出来ました。  
北西祐気が取れる時は出来る限り参拝お許し頂きましたが、
その直後思いがけず夫の意志で
伊勢神宮に毎年お詣りが許されています。今は伊勢神宮と天祖様に常に繋がり大変幸福を感じて居ります。()

天見 麻祐子さん
氏神様はよく耳にする事はあったが、産土様と鎮守様についてはこの度初めて知ることであった。人間が世に命を受けた時に、産土様とは赤い糸で結ばれておりその人生において強靭にエールを送ってくださるいわば強い味方なのである。
私が先生にリサーチしていただいたところ大変驚いたのは、電車で4駅ほどの距離ではあるが、3歳の頃から毎日通っていたエリアであった事である。いわば現在の私があるルーツと言っても過言ではない。その縁の深さに驚かされた。
実際尋ねてみた。決して派手ではないが厳かな空気に満たされ、なにか安心感、心の内を素直に吐き出す事ができる。そんな環境だ。また、私は100日参りをしたがどんな天候であろうとも(実際に大雪に見舞われた日が何日間かあった)引き寄せられる力がある。
そんな強い気を感じた。
常に傍にいらしてエールを送ってくださっている。そんな感は否めない私自身の心のよりどころである。

(N/S)末岡さん
産土神社を鑑定していただく時、すごく緊張していました。
鑑定結果は、私の家から徒歩10分くらいの地元の人しか行かないような神社でした。
鑑定をしていただいてから3か月ほどになりましたが、やっと実感がわいてきました。
これからも神社に対して感謝をして参拝をしたいと思いました。

久恵さん
私が初めてときわ台天祖神社に行ったのは、自分の産土神社だとわかる前でした。
近くに引っ越すことが決まり、吉方位取りとご挨拶を兼ねてお参りに行きました。
鳥居の前でお辞儀をしたら、爽やかな風が後ろから吹いてきて私の背中を押し、神社の境内に招き入れてくれたのです。その時、歓迎されていると直感的にわかりました。そしてなんだか懐かしい感じもしたことを今でもはっきり覚えています。
気学を学び初めて、自分が引っ越す方位が本命殺であるとわかり、どうすればいいのだろう…と不安だった私に産土神社を調べて産土様の力を借りよう!!と先生が提案してくださり産土神社を調べました。そうしたら引越し先の近くにあるときわ台天祖神社が産土神社だったのです。「産土神社の大神さまが近くにおいで~と導いてくださったのだ!!」と言うことがわかり、「方位は良くないけれどきっと大丈夫!!」ととても気持ちが楽になりました。
そして、引っ越した次の日から100日参拝を行い、何事も無く3年が過ぎました。その間、産土神社の大神さまからは様々なメッセージを頂き、いつも助けて頂いています。家族4人、毎日前向きに楽しく暮らしていられるのは産土神社の大神さまがいつもそばで見守ってくださるからだと心から感謝しています。
産土神社 久恵


久乃さん
先日、産土神社と鎮守神社を調べていただきました。
私の産土神社は、自分の名前をいただいたり、お宮参りや七五三も行ってきた、小さな頃からとても身近な神社でした。
私の息子も、お宮参り七五三とその神社にお世話になってきましたが、やはり産土神社と鎮守神社は私と同じ神社だということで、とてもありがたく感じることができました。
いつも実家に帰った時は、その神社に立ち寄り、お参りをしています。産土神社だとわかったことで、また、新たな気持ちでお参りをしたいと思っております。

同じく、鎮守神社も初めて知ることができ、地図を見てお参りに行って来ました。小さな神社でしたが、この様な場所からもお守りいただいているのだなと、
感謝の気持ちで、息子と共にお参りさせていただきました。
産土神社へ行った感想(2013年)
産土神社リサーチの前には、生まれ育った場所の地図の神社に赤丸をつける宿題がありました。何度か転居してきた私にとって生後3年間過ごした名古屋のことは、すっかり忘れていました。しかし、地図を見て赤丸をつけていると、不思議とその場所でのことが、思い出されてきました。
父が能楽を趣味にしていたこともあり、熱田神宮能楽堂へ毎週のように家族で能楽を鑑賞しに行っていたことを思い出したのです。 そして、きっと私の産土神社は熱田神宮なんだろうな・・・なんて感じられました。
リサーチは熱田神宮でした。すぐに参拝してきました。
名鉄「神宮前駅」の目の前に広がる熱田の杜、50年ぶりにきたとは思えないなつかしさと、あたたかさがありました。正門〜大鳥居、参道を歩いていると熱田の杜は、とても大きく存在感があり木の風合いが1900年という歴史を感じさせられました。多種類の杜の中を歩いているだけで、エネルギシュに枝を伸ばしている木々から力を分けてもらっている気がしました。
途中には、大楠・弘法大師が植えたと伝えられる1000年の巨木に圧倒され、すべてがリセットされた感じでした。
手水舎で身を清め、本宮へ、張り詰めた空気の中での御祈祷をうけ、さらなる今までの感謝の念が湧きあがってきました。
御社裏あたりに、お清水さまと呼ばれている湧水があり、湧水をみているだけで、心身が清らかに穢れが流されていくようでした。
緑豊かな熱田の杜、地元の人は「熱田さん」と親しく呼びます。産土神社リサーチしていただいたことにより、とても歴史のある神社を心のふるさととして、参拝でき大変感謝致しています。心のよりどころがある・・・これからの人生、自信を持って生きていけます。
杜の中にいると、古の先祖から絶え間なく感謝し、幸せで、安らぎの毎日を送っていたいとの思いが、未来へ継続を感じました。
雅代
2013年 産土神社・鎮守神社参拝の感想
産土神社・鎮守神社参拝感

杏さんから

■・・ 昨日は姉と大塚天祖様に御参拝させて頂き父の祈願を致しました。
来週は母の産士様神田明神に姉と共に御参拝させて頂きます。
この様な形で 両親の命を継ぎ親孝行出来る事に幸せを感じて居ます。
3月12日に産士様をリサーチして頂いてより自分の祐気合わせで産士様に参拝させて頂いて居ますが
必ず体調がアップして生命の元で有る事を見せられます。
色々な場面で自分本来の軌道に乗れた思いが有ります ・・■

■■
皆さんからもゴールデンウィークに合わせて、産土神社が遠い方や
父母の産土神社へ参拝に行かれる事のメールを頂いております。
→私達は吉方位を算出することができます。
吉方位取り+ お墓参り、産土神社、買い物など
私達は何気なく普段行っていることは、一石二鳥以上の効果があるということです。
持っている時間を最大限有効に使っているわけですので、
吉方位は目的を持って、計画を立てることがポイントです!

杏さんとの出会いは杏さんのお母さまのお引きあわせでしたが
こんな形で交流が深まり、また彼女の真摯な態度に教わることが私にはたくさんあり、
本当に彼女とのご縁に感謝しております。
彼女から芯(心、真)が通ったと伺い、本当に良かったと思っております。
次は自神拝の講座にのぞまれますが楽しみにしておりますね。ありがとうございました。(彩)



■高橋 里世子さんから
私の産土神社は武蔵境にある杵筑大社です。
リサーチしていただいたのは、今から1年4カ月ほど前になります。
リサーチ後の最初の休日が北西の吉方でした。
自宅から産土神社がちょうど北西の方位であり偶然とは思えない不思議な気持ちでお参りに行ったのを覚えています。
武蔵境は3歳の頃までしか住んでいませんでしたので、ほとんど記憶はありません。
ただ周りに同じ年頃の子どもたちが多くて楽しく遊んでいたことが何となく、ぼんやりと記憶にあるのです。
自分はどんな場所に生まれてどんな子供だったのか?
アルバムを見ると近所の友達と遊んでいる写真が残っています。
この友達は今どこでどうしているのか?
とあれこれ考えしながら45年ぶりに生まれた土地に着きました。
神社は駅から5分ほどの場所。梅雨の時期であいにくの雨でしたが神社ではちょうど結婚式が行われていて幸せな気分。
その後ろでドキドキしながらお祈りしたのを今でも忘れることが出来ません。
落ち着いた雰囲気の神社で何故か心がホッとするような感覚がしました。
私はあまり煌びやかな神社よりも地味な落ち着きのある神社が好きなので
一目見て気に入ってしまいました。
今では北西吉方の日はもちろんですが、何故かひきつけられるように産土神社へ行きたくなる日があります。
お参りすると、心が安らぎ、また明日から頑張ろうという気持になります。
産土神社を参拝するようになって、何か特別なことがあったわけではありませんが、気持ちが向上し、産土の神様に見守っていただいていることを意識できる、ただそれだけで幸せな気持ちになれるような気がします。そして今では私にとって無くてはならない神社となっています。
気学を始めて神社にお参りするようになって、何事も前向きになり気持ちが強くなりました。
自分の原点であり、この現世に生まれ、産土の神様に守れているからこそ、今があり不自由なく過ごせていることをこれからも感謝して過ごしていきたいと思います。

■■里世子さんも北遁甲の中で今のままの自分でいいのか……自分はこれから何をしたらいいのか….  何か物足りなさを感じていました。
そんな中で2013年は仕事での成果をあげ、自分の使命の一部も気づいてきたように感じられます。( ♠7での誕生日はまさにぴったしですね!)

~自分の原点であり、この現世に生まれ、産土の神様に守れているからこそ、今があり不自由なく過ごせていることをこれからも感謝して過ごしていきたいと思います。
・本当にそうですね。ありがたいことです。心から感謝ですね。大切にしていきましょう!(彩)



■浅岡幸子さんから

産土神社の鑑定をしていただく前は、私の産土神社は家の近所に2社ある氷川神社の
どちらかだと思っていました。
生まれてから今まで、途中数年は違う土地に住んだこともありましたが、ほとんどは
地元で過ごし、私が知っている限りでは祖父母の代はすでに今の土地で生活をしている
ので、近所の氷川神社は間違いなく私だけでなく親族の産土神社だと思っていました。
ところが鑑定をしていただいたときに、その2社の神社が産土神社であることの反応を
示さなかったことに非常に驚きました。
私は家から徒歩15分の近所の会社に勤めており、私の産土神社は会社からさらに15分程
先に行ったところの八幡神社でした。
全く知らない神社でしたが、パソコンで神社のホームページを見た時は、小ぢんまりと
していて可愛らしいその神社が自分の産土神社であることにとても嬉しく思いました。
鑑定後さっそく産土神社に行ってみましたが、ホームページの印象とは違いあまり手入れ
もされていなさそうな、敷地も広くない実際の神社を見たときは少し落胆しました。
参拝はしたものの、本当に自分の産土神社であるかの確信もなく疑問の気持ちさえありま
した。
その日から21日参拝を実践しましたが、会社の就業後に神社に行っていたために本殿の扉
はいつも閉まっていました。ところが通い始めて10日程経ったころに思いがけなく本殿の
扉が開いていました。
私が毎日通っていることがわかったのか、私が参拝を終えるまで本殿の扉を開けて
待っていてくれていたのです。そのことがあってから産土神社に対する愛着が湧き上がっ
てきました。
21日参拝を終えてからはそんなに頻繁には通わなくなりましたが、仕事で困ったことが
あった時や凶方位へ行く時などは産土神社へ参拝すると不安が解消されます。
小さい神社ではありますが、私が参拝に行くと地元の方が訪れていることが多く、地元に
大事にされている神社であることがわかりました。
また、近所の氷川神社2社のうち1社は私の鎮守神社であり、もう1社は職場の鎮守神社
であることも判明し、常に3社に守られているような心強さを感じます。
自分の産土神社を調べてからは、強力なバックアップを得ているような安心感があり、
調べて良かったと思いました。

■■ 自分の産土神社を調べてからは、強力なバックアップを得ているような安心感があり、
調べて良かったと思いました。→ 初め「ピン」とこないような感じで心配していましたが
良かったです。産土様は自分の直霊の大神様と表裏一体の神様ですので前世、現世、来世とご自身を見守り導いて下さいます。バックアップがあることは本当に心強いです。私も心から感謝をしております。



■川合智子さんから

私の産土神社は北海道にあり、転居して以来足が遠のいてしまっていました。
室蘭にある中嶋神社は地元の人が初詣に訪れる地元では大きな神社です。
今回は十数年ぶりに訪れましたが、大きな鳥居をくぐると荘厳な雰囲気があり、とても懐かしく感じ気持ちが落着きました。
北海道滞在期間の3日間しか参拝出来ませんでしたが、写真をパソコンのデスクトップの壁紙にし、毎朝お祈りしています。
私の祖父がとても信心深い人で、その祖父の血をひいているのか私も幼い頃から目に見えない神仏を信じるところがあります。産土参拝後の変化は現在は特にありませんが、徐々に開運することを楽しみに毎日を穏やかに過ごしています。
沖縄 世持神社
留衣子さんからの沖縄産土神社へ行っての写真を頂ました。
沖縄の神社の様子ご紹介します。
留衣子さんといつか沖縄へ行ってみたいです。

----------------------
12月29日 朝(晴天)
この橋を渡った先に私の産土様、世持神社があります。
今は、運動競技施設がメインの場所になっておりますが、昔はこの土地すべてが霊場でした。
今でもここには私の産土様を含め、神社が3社ありそのほかにも御嶽があらゆる所に点在しています。

20131229_1.jpg

この道の奥、左に産土様への鳥居があります。
20131229_2.jpg

不思議な光景が・・
産土様に向かう途中に年季の入ったガジュマルの樹があり、ここに来るたびに必ず写真を撮るのですが・・
今回、不思議な光が撮れました。
陽は画面左手から差し込んでいるのに右手からレーザー光線のような一筋の光が斜めに走っています。
右の写真は位置は少しずれますが、同日数分後に同じ樹を撮ったものです。
左手からの陽光は一緒ですがすでにもう一つの光は写っていません・・・
ガジュマルには「キジムナー」という悪戯好きの精霊が住んでいます。
20131229_3.jpg
20131229_4.jpg

産土様は正月に向け少し飾り付けがしてありました。
この日、新しいブレスが神社デビューです!
20131229_5.jpg
20131229_6.jpg

私の産土様は普段は無人の神社ですが、沖宮という近くの神社の方が朝夕のお世話をして下さっています。
お礼方々必ず寄るのですが今回、この沖宮が花だらけになっていてビックリ!!
農林高校の生徒さんの作品らしいです。
20131229_7.jpg
20131229_8.jpg
20131229_9.jpg

新たに拝所発見!
というか今まで公になっていなかっただけかも・・・
最近境内を改装していたりしてたので今まで行けなかったところにも新たに小道が出来ていました。
20131229_10.jpg
20131229_11.jpg
20131229_12.jpg
20131229_13.jpg


12月31日
自宅にて十数年ぶりの年越し
20131229_14.jpg

御先祖様と年越し(沖縄)そば
20131229_15.jpg
20131229_16.jpg

1月1日 朝のお供え 中身(もつ)汁
20131229_17.jpg

1月2日 
沖縄の総鎮守「波上宮」です。
本殿にたどり着くのに20分ほどかかりました・・
この日は日中20度越え暑かったです。
20131229_18.jpg
20131229_19.jpg

1月3日
滞在最終日、ホテルチェックアウト
前に「出雲大社沖縄分社」にお参りをしてきました。
あまりの人の多さに写真が撮れませんでした・・・

最終日 産土様と沖宮参り 正月飾りとお供え物
20131229_20.jpg
20131229_21.jpg
20131229_22.jpg

沖宮では青年会の獅子舞
愛嬌があって可愛かったです。
20131229_23.jpg
20131229_24.jpg
20131229_25.jpg

最終日に新たな拝所発見!
由来等を聞けなかったので詳細不明です・・・
20131229_26.jpg

最終日も20度越え。
日中は薄着でも大丈夫な感じでした。
最後の挨拶を済ませ空港へ。
私が空港に着いた途端に雨が降り出し夜まで止まなかったようです。
産土神社参拝後の感想

私の生まれは幼少時に過ごした千葉県某市にあり、生まれた病院の近くに有名な神社があったので、
てっきりその場所かと思いましたが、行ったことのない神社であったことには実際にはピンと
来ませんでした。

 実際に産土神社へ行ってみての感想は正直まだ分かりません。神妙に思えば思うほど、ゆかりを感じてきたり、自分が誕生した場所であると思うと神が見えるような錯覚になったりしますし、逆に参拝後は実際どうなんだろうと信じきれない部分もありました。やはり初めて知った神社でもあり、幼い頃に参拝していた神社でない部分がそういう気持ちになっているのではないかと思います。
とはいえ、やっぱり気にはなります。これが今住んでいるところの近くにあり、毎日通える場所であれば、解明されていたかもしれません。だからこそこれからだと思いますので自分の産土神社へは、暇な時間があれば参拝をしに行こうと思います。

 神社そのものの感想ですが、活況的な雰囲気はないものの、思ったより敷地が広く、緑が青々と茂っていて市の中心部にありながら凄く自然を感じることができるところでした。
また、鳥居が大きかったことにはびっくりでした。産土神社としての捕らえ方はできませんでしたが、ここが自分の産土神社であったことは正直うれしかったです。

産土神社の考え方は凄く大事なことであり、自分に神がいることを分かったことはとても重要なことだと思います。私はこの楽しい時代に生かしてくれたことにやはり感謝をしなくてはいけないし、今後の人生もやはり感謝の毎日であり続けて行きたいと願います。だからこそ産土神社を信仰し、この世にさづけてくれた神様に日々感謝をしていきたいと思います。

 また私を生んでくれた両親、両親の産土にも感謝をしなくてはなりません。だからこそこの考え方を信仰し、日々感謝の気持ちを持って生活していきたいです。

【Iさん】
Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.