FC2ブログ
宮木さん産土神社参拝感想
令和元年10月。中村先生に産土神社を調べて頂きました。

私は大泉で生まれ育ったので、てっきり大泉にある神社の中に産土神社があると思い込んでいましたが、調べて頂いた神社は西東京市にある「田無神社」でした。

聞いた瞬間は意外な感じがして、びっくりしましたが、後からジワジワと納得感が出てきました。
というのも、結婚を機にたまたま西東京市に引っ越しをしたこと、初詣、厄除けのご祈祷、娘がまだ小さい時に境内に遊ばせに行ったりしていたことを思い出したからです。

また、生まれ育った家から距離があるのにも関わらず、私の産土神社、鎮守神社の両方になって頂いていたことにジーンと感動したのを覚えています。

産土神社が田無神社とわかってからは、月に1、2回程度、行けるときは行けるだけ通っています。
パート先から近いことから、仕事帰りに思いついた時に行くようにしています。ご報告したい時や、ただ行きたい時。気持ちがモヤモヤしている時や、悩みごとがある時に。何かにつけて参拝しています。
不思議なことに、帰宅する頃には気持ちがいつもスッキリしています。

田無神社にはたくさんの神さまが鎮座されています。
まず有名なのは五龍神と呼ばれている、五龍神方位除け。青龍・赤龍・白龍・黒龍・金龍の五龍神が、五行思想に基づきそれぞれの方位をご守護されています。
豊作祈願、商売繁盛、幸運招来の野分初稲荷大社
家内安全、病気平癒、身体安全、家畜守護の恵比寿・大黒社
防災の神さま、安産の神さま、子育ての神さま、良縁成就の神さま、ご神木、五龍それぞれのご神木、病気平癒の神さま、技芸上達の神さま、もうたくさんの神さまが鎮座されています。

1年くらい通うと、その中で私と一番ご縁のある神さまがわかってくると教えて頂きました。実は未だによくわかりませんが、その時々で、今日はこの神さまのところへ~と参拝していると、とても楽しいです。
そして、どの神さまとより強いご縁があるのかしら、と思うと参拝もより楽しくなります。

これからも、日頃の感謝の気持ちはもちろんですが、色んなご報告やお願いごとをしに、顔をちょくちょく見せにいくでしょう。
中村先生、調べていただいて本当にありがとうございました。
私の大切な心のよりどころができましたこと、感謝しております。

(8-4-3 宮木千絵)


13104099777470.jpg
沙絵さん 産土神社参拝感想 神田明神
中村先生に調べて頂き、私の産土神社は神田明神だとわかりました。神田明神の御祭神は、大己貴命、少彦名命、平将門命です。私は神田明神から1km程の病院で生まれ、物心がついた頃には毎年初詣は必ず神田明神に行っていました。母親も神田で生まれ育ち、実家の跡地がその後、母の職場になり、神田明神が地元の氏神様でした。その後、母親も調べて頂くと産土神社が神田明神でした。

お宮参り、七五三、毎年の初詣、もう何回参拝させて頂いたか数えられないくらいで、先生に神田明神だと言われたときは、あーやっぱり、と思いました。前厄、本厄、後厄の時は元旦に昇殿参拝を必ずしていました。神田明神の元旦はいつもかなり混雑するため、AM3-5時くらいに参拝していました。ある年の大晦日に職場の方々と、ついうっかり飲みすぎてしまい、元旦のAM4時頃はまだきっとお酒が残っていましたが、強引な母親に半ば強制的に神社に連れられ行きました。お囃子の方の昇殿参拝を本殿でストーブに温まりながら待っていたところ、参拝する前に完全に寝てしまい、とんでもないことをしてしまったと、反省し落ち込みました。元旦から、酔いが残っていた上に本殿で寝てしまい、しかも厄がつく年でどんな年になるか1年間、心配でしょうがなかったですが、結局、健康で特に厄らしいことも起きず、安心するとともに、神田明神はなんて寛大な神社なんだろう、なんて思っていました。大目に見て頂いた(自分ではそう解釈することにしています)のも、産土神社だったからなのかな、と思いました。それ以降は大晦日は飲み過ぎず、身の引き締まる思いで昇殿参拝をしています。

《大祓式》
2019年に師走大祓式に初めて参加しましたが、式の最後の宮司さんの言葉が大変心に残残り、参加して良かったと思いました。2020年は夏越大祓式に行き、新型コロナの関係で一般の方は参加できませんでしたが、境内でリアルタイムでオンライン配信を見て、師走の時は何をやっているのかイマイチわかりませんでしたが、解説と字幕が出て、よりわかりやすくなりました。降神の儀は物凄い迫力でただならぬパワーを感じました。

《車祓い前の昇殿参拝》
毎年の初詣と何かあるごとに、神田明神に行っていました。10年間乗った車が調子が悪くなり、車を変えざるを得なくなり、納車してすぐ神田明神に車祓いをしに行きました。最初に昇殿参拝で、その後に車祓いでした。神田明神での昇殿参拝はかれこれ15回くらいはしていますが、新型コロナの対策のため、畳の上に赤い絨毯が敷かれ、椅子席になっていました。参拝者が私も入れて2組だったためかもしれませんが、祝詞はとても丁寧で長く、心地良かったです。いつもなら、最後は「本日はようこそ参拝頂きありがとうございました。」であっさりと終わるところが、今回は神主さんが、わざわざ私たちをじっと見て、「今あるのは御先祖様のおかげであり、御先祖様に感謝するようにしてください」とお言葉があり、初めてでビックリしましたが、とても心地よい昇殿参拝でした。

昇殿参拝後の本殿で、帰る時に振り向いて階段を降りようとした時に、本殿内に佇んでいる平将門命の像とばっちり目が合いました。今までは同じ場所に御神輿か何かがあったので、新しく祀られたのかもしれませんが、前日に将門の首塚を車で通ったばかりでしたが、お参りしていなかったので、近いうちに首塚もしっかりお参りしなければと思いました。

《車祓い》
他の神社で車祓いを離れた駐車場でやったりしているのを見ましたが、神田明神は本殿すぐ脇の獅子山の滝の前で昇殿参拝後にやって頂きました。獅子山の滝は、神田明神の御札・お守り授け所の奥に流れる小さな滝ですが、水の勢いが凄くて、横からも水が勢いよく出ていて、これでいいのかと心配になるくらいの水量でした。滝の上に獅子の夫婦の像があり、子供の獅子を下に突き落としています。神社では獅子は厄除けの意味があり、獅子山の滝も厄除けの効果があるそうなので、この場所での車祓いは最高でした。トランクも含め全ての扉を開けて、それぞれでお祓いして頂きました。特に運転席は神主さんが乗り込むかのように奥に入り念入りにやって頂き、産土様での車祓いは、自分も祓って頂けて、最高な日になりました。

車祓いをする前日に、不思議な夢を見ました。真っ赤な鳥居があり3個の鳥居をくぐると、そこは物音ひとつしない静寂で神聖な空気で、一面真っ白な冬山が広がり、とても綺麗でした。夢に鳥居が出てきたことはなく、より神社に行かなくては‥‥という思いが募りました。車祓いをしたその足で、神主さんに言われたように、御先祖様のお墓に行き、日頃の感謝をして自宅に帰りました。

《神田明神と祖父》
産土神社だとわかってから、神田明神で参拝するのが、より清々しくありがたい気持ちになりました。平成7年〜11年に社殿の「平成の御造替事業」があり、奉賛者名が本殿の裏に沢山記載されています。母親が「以前に神田明神の建て替えの時に自分の父が奉納していた気がする」とのことで探すと祖父の名前が確かにありました。もう20年以上前のことですが、初めて名前があることに気が付きました。それ以来、神田明神に行くと、間接的に祖父に会えた気分になります。
御社殿の老朽化の工事で、銅板お屋根の葺き替え、錺金具の修繕・境内建物の塗装修復のための奉賛を募っており、銅板に自分の名前が残るというのもあり、祖父を見習い、ほんの気持ちですが私も奉賛させて頂きました。

中村先生に神田明神が産土神社だと教えて頂いて以降、ありがたく大事に参拝させて頂いております。先生にはとても感謝しています。ありがとうございました。

12938257653135.jpg
12938257946245.jpg
12938258024093.jpg
12938258119422.jpg
12938258171710.jpg
12938258218047.jpg
12938258272438.jpg
12938258330775.jpg
恵巳さんの産土神社参拝感想 金王八幡宮
★★ 恵巳さんの産土神社参拝感想です。
私の産土神社は渋谷駅近くにある金王八幡宮です。御祭神は応神天皇です。
中村先生にリサーチして頂いた時は、とても懐かしく嬉しく思いました。私は渋谷で産まれ金王八幡宮に併設された幼稚園に通っていました(現在はありません)。10歳の時に目黒に引っ越してからは一度も参拝していなかったので、すぐにご挨拶と日々の感謝の気持ちを伝えに行きました。50年ぶりの参拝に感動し目頭が熱くなったことを覚えています。 それからは月に1、2度ですが参拝に行っています。心配事がある時も祝詞をあげると心が落ち着き穏やかな気持ちになれます。
初めてご祈祷していただいた日、宮司様に私が通った金王幼稚園のこと、その頃あった商店のご主人の話など懐かしい話をして頂きました。とても緊張しましたが貴重な時間を過ごすことが出来、感謝の気持ちでいっぱいでした。

金王八幡宮は渋谷駅(渋谷警察署出口)から明治通り沿いを並木橋方面へ向かい少し入った小高い所にあります。渋谷駅から徒歩5分とは思えないくらい緑豊かで静かなところです。
境内には御社殿の他に開運、商売繁盛の御利益がある御嶽神社。商売繁盛、殖産興業の御利益がある金運のパワースポットと言われている玉造稲荷神社。金王丸御影堂があります。

見どころは、江戸時代初期の建築様式をとどめる都内でも代表的な建築物の、御社殿。彫刻がとても綺麗です。(渋谷区指定有形文化財)
「江戸三名桜」のひとつの金王桜。一枝に一重と八重が混ざって咲く珍しい桜。。(渋谷区指定記念物)
パワースポットとしても有名な渋谷城の砦の石などがあります

境内にはベンチが置かれお弁当を食べている人や読書をしている人がいて憩いの場所になっています。私も参拝のあとはベンチに座り空を見上げたり緑を眺めたりしながら少しのんびりしてから帰ります。

産土神社を知ることが出来て本当によかったです。また作文の宿題もちゃんと終わるのか心配でしたが、行き詰まっている私の所へ時々三男が見に来てくれて応援してくれました。結局そこで休憩に入るのですがそれはそれで楽しい一時でした。
今度息子を連れて参拝に行きたいと思います。

金王八幡宮
https://www.konno-hachimangu.jp/12705083398835.jpg
12705083479726.jpg
12705083529696.jpg
12705083610249.jpg
12705083727209.jpg
12705083780740.jpg
12705083822735.jpg
12705083867711.jpg
12705083939695.jpg


とっても素敵な産土神社⛩の感想ですね。大切にされていることが伝わってきて、私も嬉しい気持ちになります。お母様の産土神社参拝する事はとても守護になるとも聞いていますので三男の息子さんとの参拝もとっても良いですね。ありがとうございます。
産土神社参拝の感想
敬子さんからの産土神社参拝の感想です。



人にはそれぞれの産土神社があると聞き、とても気になり私と家族のリサーチをして頂きました。
先生にリサーチをして頂く為、出身地岡山の地図を準備し、近くの神社に印を付けてみましたが、全くどこが私の産土神社なのか想像も出来ませんでした。
リサーチの結果は、主人と長男が吉備津神社でした。私と次男が吉備津神社から分社された吉備津彦神社でした。
私も母も、義理の母も妊娠中に暮らしていた所が近くではないし、子供は産土神社から20キロ以上も離れていてるのに、家族4人の産土神社が同じ吉備津の神社だと知りびっくりしました。
吉備津神社は備中国の一宮で、吉備津彦神社は、備前国の一宮です。両宮の主祭神は、大吉備津彦命で、桃太郎のモデルとなる鬼退治の神力を持った神様です。
吉備津彦神社のおみくじは桃の形をしたかわいいおみくじです。吉備津神社には、360mもある長く美しい回廊があります。
岡山まではいつも飛行機で帰省しますが、産土神社を調べて頂いてからは、空港に着いたら真っ先に吉備津彦神社に参拝し、その後吉備津神社に行っています。
家族揃って参拝をしたことがありませんが、子供たちにも産土神社の話をし、大切に参拝してもらいたいと思います。

12618617623504.jpg
12618617666171.jpg
12618617956764.jpg
12618618191844.jpg
12618618375866.jpg




産土様の感想ありがとうございます😊 とっても大切にされてるお気持ちが伝わってきて嬉しく思いました。
私も是非訪れたい神社です。
遠くからでも敬子さんを見守っていますよ。
ありがとうございます😊
(彩祐子)
産土神社21日参拝の変化と気づき
●産土神社21日参拝の変化と気づき
中村も4月30日で、産土神社「白山神社」21日間満了しました。
今回はほとんど歩き(10000歩)、神社滞在時間は40分(決めた祝詞をとなえました。→真剣ですので結構疲れる)。
そして、5月1日は月詣りという流れで、神社と向き合った月となりました。
とはいえ、過去の産土神社21日参りは2010年8月7日~8月28日で、約10年ぶりとはびっくりでした。
確かこの時は北遁甲でもあり、鎮守神社の根津神社も参拝して、どちらかで「ラジオ体操」をした記憶があります。(元気~な自分!笑)そして、翌年「AMANA」を開店しました。
そして今回は「コロナウイルス自粛期間中」ということでインパクトの強い期間となりました。
AMANA開店中は「大塚天祖神社」が職場の鎮守神社でしたので、21日参拝は営業アップの為に何回か行いましたが、産土神社参拝は本当に10年ぶりとは・・・。

今回は「大祓い祝詞」。
初心に戻り「宿命運命清め改善の祝詞」「神仏三位一体の祝詞」「巡る結界東京の守護神社の祝詞」「産土祝詞新」「自神拝」「コロナウイルス終息祝詞」と読み上げていく中で何かが違うという思いも湧き出てきました。たとえ「コロナウイルス」が収束しても私達はまた、違うものと向き合う事になるのでは?
自分達が見過ごしてきた事を忘れてきた事。もっと気づく事があるのでは?という思いにもなった時、地球に対して我が物顔でこの地球を汚して、自然を侵してきた事や世の中の思考事態に今のままではいけないという信号が出されたのではないか?という気づきから、「コロナウイルス終息祝詞」前に地球・自然に対して大いに謝る事としました。
もちろん、世界の人々が日常という生活を取り戻すことも必要ですが、この地球・自然界を守っていく事。
これからを担う子供達の為にも今一度心して取り組む事なのでしょう。「建て替え」の時ですね。「時」すでに遅しにならないように。
今、本当にそれぞれが自覚するときですね。

★「産土開運法」は神道関連メソッドの土台です。
産土神社をリサーチしましょう! 切に思います ご希望の方はご相談ください。
産土開運法はこちら
https://flowreading.com/ubusuna/
産土神社リサーチはこちら
https://flowreading.com/research/

・万物を生成発展させる働きを神道では「産霊」ムスビといいます。
ムスビは神道の大事な概念であり、すべてを「結んでいく」のが神道の考え方です。
産土の大神さまは、生まれた土地のムスビの神さまです。産土の大神さまは、ムスビの働きをしてくれます。
産土の大神は人間の誕生に関わっています。産土の力、すなわちムスビの力がなかったら、私達はこの世に生まれません。誕生してから「産土さまとの縁」ができるのではなく、誕生する前から産土さまとはご縁があります。「誕生前・現世・死後・来世」と深く関わっているのが「産土の神」です。

4/10
2020-04-10 152545
2020-04-10 154236
2020-04-10 155034
2020-04-10 155040

4/11
2020-04-11 090558
2020-04-11 091010
2020-04-11 091026
2020-04-11 094744
2020-04-11 101351
2020-04-11 101544
2020-04-11 101635

4/12
2020-04-12 135831
2020-04-12 135912
2020-04-12 135953
2020-04-12 140006
2020-04-12 140050

4/13
2020-04-13 173059

4/14
2020-04-14 083257
2020-04-14 090440
2020-04-14 090529
2020-04-14 090937
2020-04-14 091533
2020-04-14 091605
2020-04-14 091620
2020-04-14 091651
2020-04-14 092654

4/15
IMG_1915.jpg
4/16
2020-04-16 080327
2020-04-16 084951
2020-04-16 085448
2020-04-16 091347
2020-04-16 091430
2020-04-16 091439
2020-04-16 091719

4/17
2020-04-17 084644

4/18
2020-04-18 165302

4/19
2020-04-19 120940
2020-04-19 121112-1
2020-04-19 123040
2020-04-19 123051
2020-04-19 123113
2020-04-19 123308
2020-04-19 124213
2020-04-19 124220
2020-04-19 124242
2020-04-19 124342
2020-04-19 132650
2020-04-19 132719-1

4/20
2020-04-20 170903
2020-04-20 170931

4/21
2020-04-21 095013
2020-04-21 095023
2020-04-21 095027
2020-04-21 095059
2020-04-21 102254
2020-04-21 103347
2020-04-21 103351
2020-04-21 103353
2020-04-21 105032
2020-04-21 105257
2020-04-21 110343
2020-04-21 110353
2020-04-21 110452
2020-04-21 110505
2020-04-21 110601

4/22
2020-04-22 082243
2020-04-22 083820
2020-04-22 083826
2020-04-22 083835
2020-04-22 091324
2020-04-22 092928
2020-04-22 094143
2020-04-22 094210
2020-04-22 094222
2020-04-22 094432
2020-04-22 100501

4/23
2020-04-23 105525
2020-04-23 111153

4/24
2020-04-24 121518
2020-04-24 122446
2020-04-24 122739
2020-04-24 122744
2020-04-24 122802
2020-04-24 122811

4/252020-04-25 082818
2020-04-25 082820
2020-04-25 082823
2020-04-25 083214
2020-04-25 083236
2020-04-25 094837
2020-04-25 094959

4/26
2020-04-26 150238
2020-04-26 151633
2020-04-26 151701
2020-04-26 151717
2020-04-26 151733
2020-04-26 151804
2020-04-26 151841
2020-04-26 151846
2020-04-26 151934

4/27
2020-04-27 102437
2020-04-27 104644
2020-04-27 104654
2020-04-27 104724
2020-04-27 104743
2020-04-27 104948
2020-04-27 115445
2020-04-27 120819
2020-04-27 124554
2020-04-27 124636
2020-04-27 124640

4/28
2020-04-28 093408
2020-04-28 094451

4/29
2020-04-29 092316
2020-04-29 092432
2020-04-29 092530
2020-04-29 100037
2020-04-29 100421
2020-04-29 100431-1
2020-04-29 105043
2020-04-29 105051
2020-04-29 105108
2020-04-29 105122

4/30
2020-04-30 102804
2020-04-30 102826
2020-04-30 105752
2020-04-30 105820
2020-04-30 111714
2020-04-30 111722
2020-04-30 111735
Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.