FC2ブログ
2018年10月 今月の運勢
~ 10月は神仏の加護が強く大きなエネルギーの流れるとき ~

 10月8日 17:15 ~ 11月7日 20:31
◆六白金星 中宮
◆五黄殺 東南 ◆暗剣殺 北西 
◆月破  東南 ◆天道  南

今月の盤2018年の盤



以下の写真:克光さん撮影

鎮守神社(秦野 今泉神社)
今泉神社1

参拝後の朝日と雲
今泉神社2

菩提寺(秦野 浄円寺)
浄円寺1

羅漢さんと彼岸花
浄円寺2

ダイヤモンド富士(秋)
ダイヤモンド富士 秋

里山の秋空
秋空1

秋の草花(ほととぎす、水引)
ホトトギス

克光さん。初運勢担当お疲れ様でした。今年は南遁甲。そして今月は東遁甲でデビューにはふさわしい時でしたね。熱心に講座に取り組まれて、またこちらから提案する作業にも取り組まれている様子を拝見していると、大きく成長されているように感じられます。机上の上での講座の知識だけでなく、行動してこそですので、今後も今までどおり取り組んでくださいね、そして将来的にはご自身の周囲の方に活かし共に共有して良き人生を歩んで頂けたらと思います。運勢担当ありがとうございます。(Ayuko)

~ 10月は神仏の加護が強く大きなエネルギーの流れるとき ~

9月を振り返ってみますと、度重なる台風の被害に続き、最大震度7の北海道胆振東部地震の発生がありました。過去に類を見ない災禍の報に接するたびに、大自然への畏怖の念と人智の愚かさを思い知らされます。関係する皆様の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

自然界から目を転じますと、体操やウエイトリフティングなどスポーツ界のパワハラ問題がいまだに続いています。組織の信用失墜に対する改革の必要性は、まだまだ各所にあるようです。
明るいニュースでは、なんと言っても全米オープンテニスでの日本選手の活躍でしょう。殊に大坂なおみ選手においては、優勝という歴史的な結果だけでなく、その言動の素晴らしさと人間性も注目され、謙虚・素直・ひたむきさに心洗われた方も多かったのではないでしょうか。

10月は中宮が九・六の祐気で、神仏の加護が得られる月。また、三・六・九の同系列同会などをはじめ、盤の各所からも強い後押しが期待できそうな月です。今月は戌戌戌の干支の大吉方位日(10/9,21、11/2)もあり、ご家族やお仲間とのお出掛けも楽しみですね。吉方位取り、祝詞奏上など神仏開運法を積極的に行いましょう。

この10月で盤も一巡したことになります。2018年を振り返って分析を行い、来る2019年「新生の時代」に向けて必要なことがらを挙げ、有言実行、チャンスを生かすよう取り組みましょう。

気になって9年前の同じ月盤で出来事を振り返ってみたところ、10月には鳩山内閣がスタートという時期で、やはり大きな流れの変化が起きていた時でした。 今回の10月では、現状打開や発展などの良いニュースが多く聞かれると良いですね。皆様におかれましても収穫の時、神仏のご加護がありますように!

旅行 それぞれの目標に向けて、「形にする」節目にしましょう! 
秋も深まる時期、旅行やイベントで既に予定はいっぱいなんて方も多いと思います。今月は今までの流れに様々なチャンスが訪れるという好機です。仕事、恋愛、趣味など、このあたりで形にすることを意識して行動しましょう。
戌戌戌の干支の大吉方位も活用して開運を! 但し、お出掛けの際に、天候の急変による予定の変更など余儀なくされることがあるかもしれません。行程や時間には余裕を持って計画をしましょう。

今月の凶方位・・・全員が避けたほうがいい方位
国内:北西(秩父・長野・金沢など)、東南(千葉・木更津・勝浦など)
海外:北(ブラジルなど)、南(グアム島・オーストラリアなど)、東南(タヒチ・ニュージーランドなど)

ご自身の大吉方・吉方位へお出かけください。
年盤、凶作用対策のため北・南・東南吉方位のある方は近距離でお出かけください。
★2018年吉方位開運法は http://www.flowreading.com/kigaku/tour.html#kaiun


北(引き立て・成績向上・収入増)南(社会的地位・名誉・発見・新しい縁)
東(目的達成・信用・結婚)西(援助・発展・金運)
北東(昇進・不動産/相続の利・良縁)南西(事業盛運・人気上昇・家庭円満)

※吉方位は月盤で観ています。但し、ご自分の本命星・月命星が入っている方位(中央は除く)と、その方位から見て真向かいにあたる方位は使えません。海外については、年盤で判断してください。




行事・暦

体育の日(10/8)
国民の祝日の一つ。10月の第2月曜日。1964年の東京オリンピック開会式が行われた10月10日を1966年から国民の祝日し「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨として制定されました。

寒露 (10/8)17:15
二十四節季の第17番目。秋の山野に宿る露の意味で、朝夕に寒気を感じ始め、五穀の収穫もたけなわです。

霜降 (10/23)20:22
二十四節季の第18番目。秋が深まり、所によって霜が見られる様になり、冬の気配が感じられます。

文化の日(11/3)
「自由と平和を愛し、分化を進める」日本国憲法の公布を記念した日です。

新月 天秤座 10/9 12:47
満月 水瓶座 10/25 01:45


◆一粒万倍日:10/2・10/7・10/8・10/17・10/20・10/29・11/1
僅かなものでも、やがて時が来れば増え、多くの数を生み出す例え、何事をするにもその首尾結果が吉の日であるとされています。良くも悪くも、後で多くの数に増え我が身にかかってくるという意義を含みます。

◆天道・天徳
天の運行に従い、天の福徳に沿わせる方位、吉方の気を扶助し、凶の気を転化します。

◆天赦日 :9/18
天が赦す(ゆるす)と言う字のごとく、極上の大吉日で特に婚姻に大吉日です。暦注で万(よろず)良しとされるのは、この日に限ります。

今月のパワーストーン

★各自オーダーメイドのパワーストーンになります。
 方位除け、自身の干支の守り本尊、空亡時の守り本尊など、彫水晶からお選びください。
★赤・白・黄色 単体色ブレスレット
★今年は陰陽のバランスが大切です。
 陰陽(ツートン)ブレスレット こちらも相談の上、石を決めさせて頂きます。


「かんながら」彫り水晶紹介ページからお選びください。

★今年のパワーストーンはこちらからもご覧ください。

各九星の、ここが開運のポイント!

☆ご自身の本命星の運勢をお読みください☆
ご自身の本命星(九星)を調べるにはこちら

◆一白水星(◎×):  心穏やかに、冷静に対処しましょう
(南(天) 同会4(暗天) 被同会7暗 対冲2)

目立つことが多く、日頃の努力が認められる反面、思わぬ誤解を受けたり誹謗中傷を受けることも多い吉凶の割れる時です。曖昧な態度を慎み、誤解を招かないよう配慮しましょう。ダブル暗剣のため訴訟問題・証書・印鑑などの扱い、怪我にも要注意です。ものの本質を見抜き、行動するための冷静な観察力と判断力が必要とされる月です。今年は自己拡大の大いなるチャンスの年、結実に向け乗り切りましょう。

◆二黒土星(×):  起きた事象と向き合い、解決への努力の時
(北 同会5(天) 被同会 8 対冲1)

隠れていた問題が顕在化する時です。健康を害したり、事故・災難にも遭いやすく、集中力にかけ、仕事のミスも起こしやすいなどトラブル続きで要注意の月です。今は充電期間として捉え、計画の見直しを行い、目の前のことを丁寧に誠意を持って対応していきましょう。見識者の助言を受けたり、自分を労い、癒すことも大切に、感謝の気持ちを忘れずに過ごしましょう。

◆三碧木星(◎◎):  発展運! スケジュール管理を怠りなく
(南西 同会6 被同会9 対冲9)

天地両用の気を得る時です。目上の人からの引立て、事業や投資での利益や良き配偶者を得るなどの発展も期待できそうです。評価に見合う自分であるように日頃から自分磨きが重要です。また、忙しくなる時ですのでスケジュール管理を怠りなく。変化の年の発展のチャンスを逃さないように、目標に向けての準備に励みましょう。忙しさのあまり胃腸の不調や過労などには要注意です。

◆四緑木星(◎◎):  スタートには好機、でも気は抜かないこと
(東 同会7 被同会1(天)  対冲8)

準備してきたことや以前から興味を持ったことなどをスタートする時。実力が認められるチャンスの時です。真実の自分がはっきりと見えてきたらチャンスを逃さず、なにごとも積極的に進めましょう。
健在化の作用の強い今月は、一方で見たくないことも見えてしまう時でもあります。停滞や障害も起こりがちなので、事故や怪我・病気の発覚などにも注意が必要です。

◆五黄土星(△):  人間関係の変化に注意し、「縁」を整えましょう
(東南(破) 同会8(破) 被同会2 対冲7(暗))

人間関係の変化が有り、縁を整える時ですが、破れが重なることもあり、吉凶の割れる月です。縁からのチャンスがある一方、自らチャンスを逃して縁を失うことにもなりかねません。情報を見極め、伝達に注意してください。将来に渡っての「縁」を結べるように、関係する組織・人々との協調性を大事に、誠実に感謝の気持ちを持って接しましょう。健康面では感染症や呼吸器・腸などの疾患に注意が必要です。

◆六白金星(◎×):  自分を見つめ直すとき
(中宮 同会9 被同会3 対冲なし)

自ら中宮に回座する今月は、自分自身を見つめ直す時。浄化・顕在化が進んで激しい運気となり、吉凶の割れる時です。場合によっては選択を迫られる場面があるかもしれません。そんな時は、見識者の助言を受けましょう。今月は神仏を敬い、感謝の心を忘れずに。粘りと根気を持って今年のテーマ「人生の基盤を築く」に向けて取り組みましょう。古い問題や持病の再発、火傷や火難などにも注意が必要です。

◆七赤金星(△):  心機一転に期待するも要注意
(北西(暗) 同会1 被同会4 対冲5(破))

新しい後援者や目上の人の引立てによる昇進・栄転などのチャンスもあり、心機一転に期待できそうな時ですが、忙しい月でもあり、金銭面や時間など無駄骨とならないようスケジュール管理に気を付ける必要がありそうです。時間に余裕がなく、交通事故にも要注意。今月は神仏や先祖とのつながりも深いことから、ご縁のある寺社や菩提寺に参拝し、お陰さまのご守護をいただきましょう。

◆八白土星(○):  収穫の時、労い・感謝そして自制を
(西 同会2 被同会5(破) 対冲4)

今までの努力の成果を受け止める収穫の時。ちょっと一息入れて自身を労い、周囲への感謝をしましょう。活動的となるあまり、飲食の機会が増え気持ちも緩みがちとなり、金運の低下、家庭不和、見込み違いなどがあるかもしれません。スケジュールや感情のコントロールに注意し、有終の美がイタイ結果とならぬようにご注意を。お礼参りも忘れずに。

◆九紫火星(◎):  言葉に注意して、良き変化に
(北東 同会3 被同会6 対冲3)

自分にとっての変化を実感したい月、現状打開の時です。新しいことに目が向き、焦りを感じることもありますが、落ち着いて本質を見極め、判断をし、良き変化となるように行動しましょう。今月は言葉や発想力がポイントとなり、あなたの及ぼす影響は大です。体調面の変化も気になるところ。不調を感じたら専門的な指示を仰ぎましょう。


【編集後記】
 
東遁甲の今月、スタートを示すこの時期に初めての運勢担当をさせていただきました。皆様に簡潔にお伝えできるものかと不安でいっぱいでしたが、お陰さまでなんとかまとめることができました。
気学を学び始め、いろいろな講座で学びや気づきを頂いてからは、今まで尻込みしていたことも、まずはやってみよう、できるようにしていこうという前向きな発想に変わったように思います。
形にすること、声に出すこと、毎日の祝詞奏上など ちりも積もれば・・・と頑張っています。
日頃のご指導、皆様との出会いに感謝いたします。ありがとうございました。

担当:高井 克光(4-6-2)

フローリーディング研究所 今後の予定はホームページをご覧ください

・・・・・・・お問い合わせ・・・・・・・
フローリーディング研究所 中村彩祐子まで 
flowreading@ybb.ne.jp
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.