FC2ブログ
産土様感想 池袋氷川神社
高橋由佳様 産土様感想

私の産土神社は豊島区池袋にある「池袋氷川神社」です。
御祭神は建速須佐之男命を主神としておまつりし、古い時代から今日にいたるまで、池袋村の鎮守、氏神さまとしてこの土地に住む代々の人々の守り神として崇敬されてきました。同じ敷地内には富士塚【浅間神社】があり7月1日には今年はコロナの影響で開催が見送られましたが夏越しの大祓いとともにお山開きもあります。
https://ikebukurohikawa.org/

初めて、あゆこ先生から産土さまの存在を教えて頂いたときに
生まれる前から死ぬまで、その人を直接担当してくださっている神様がいらっしゃって、その神様がいらっしゃる神社が産土神社です。と聞いて、私の担当?!!ならば、是非調べてご挨拶したい!と思いました。
調べてみると、私が生まれ、育った場所とは離れたところにあり、想像と違っていました。でも、自宅から徒歩20分ほどの場所にあり、妹家族の氏神様でもあるので、私が初めて訪れたのは、姪っ子の七五三のご祈祷をして頂いた時でした。
姪っ子の七五三のお祝いにもかかわらず、何故か自分がご祈祷に預かったかのように、宮司さんの丁寧な祝詞、鈴の音、祈祷後の姪っ子や家族へのお気遣いなども含め、感動して涙がぼろぼろ止まらなかった記憶とともに家族の良き思い出の場所となっています。「おねーちゃんの七五三じゃないんだからー(笑)」と妹にからかわれましたが、ホントに清々しく暖かい気持ちになったのを覚えていたのです。
まさかそこが自分の産土神社になるとは思いもしませんでしたが、
池袋氷川神社が私の産土さまとわかった時は、とても嬉しく思ったことを覚えています。

【21日間ご参拝★】
あゆこ先生から21日間続けてご参拝する。行法を教えて頂き、
まずは、今迄、私の産土さまでいてくださった事、ご加護頂いていたことに心から感謝と、私自身を知って頂こう!そしてこれからも宜しくお願いします。という気持ちを伝えに行こうと始めました。
毎朝6時15分。会社へ向かう前にご参拝と祝詞奏上。
祝詞をあげている最中にパァァーと差し込んでくる朝日に清々しさと温かさを感じて、早朝にもかかわらず、参門をお掃除される方や、ときには宮司さんに、ときにはラジオ体操に集まるご近所の方と挨拶を交わすなど、スッキリとした気持ちでその日1日をスタートしていたように思います。
順調に進めていたのですが、中盤にさしかかったあたりで、台風の上陸にあたった日がありました。ここまで続けてきたけれど、さすがに難しいかも。。と思っていた矢先、その事をあゆこ先生に伝えたところ、『やる!と決めたならやれるよ!やるのよ!』との一言に後押しして頂き、続けるかあきらめるのか。産土さまにも私の真剣さや気持ちを試されているような気さえして、ここで終わらせてしまったら、せっかく出会えた産土さまと向きあえない!との思いでその日を迎えました。
台風上陸当日、雨風は吹き荒れていましたが、おかげさまでいつも通りのいつもの時間にご参拝させて頂けました。
最終日、久しく味わう事がなくなっていた達成感!!と、信頼の置ける、ぶれない場所になった感じがして有難い21日間となりました。

私にとって産土神社はいつ行っても、心がすうぅぅぅーとして清々しい!!ってこういう気持ちだぁ!!と思える場所であり、月詣りをはじめ、事あるごとに伺う大切な神社になりました。
これだけ神社がある日本において、唯一オンリーワンの私の神社!それを知って、
ご参拝できる事に心から感謝いたします。ありがとうございます(*´▽`*)

13296778884427.jpg
13296778894992.jpg
13296778905610.jpg

スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.