FC2ブログ
産土神社参拝の感想 三島克枝さん
私の産土神社は東京メトロ 東西線早稲田駅近くにある「穴八幡宮」です。
生まれ育った場所から少し離れていた為、リサーチしていただいた時は驚きました。まだ数回しか参拝した事がなかったからです。

実は中村彩祐子先生と出会うずっと前に穴八幡宮と縁がありその時からお知らせが来ていたのかもしれませんね。
1回目のお知らせは、20代後半早稲田駅近くにある和食レストランで働いていた時のことです。
お正月、品のあるご婦が一人で来店されました。
食事を提供させていただいた際話しかけてくださいました。「私はねー、毎年そちらの神社にお参りに来ているのよ。…お陰様でね、お金には困ること無かったから続けて参拝させてもらっているのよ。」と、優しくご自分のお財布を撫でていらっしゃいました。
もしこの時もっと神社仏閣に興味を持ち、お参りしてこなかったんだろうと悔やまれます。
直ぐ近くで働いていたのに…涙

2回目のお知らせは、穴八幡宮の近くに結婚した姉が引越した時です。
姪が2歳位だったと記憶しています。「縁日でお店が出るから一緒に行かない?」と、誘われ姉と姪3人でお参りしました。ほんの1時間位の滞在でしたがお参りさせて頂きました。
この時、「一陽来復」を知りました。

穴八幡宮は、金銀融通で有名でして毎年冬至から立春迄販売される「一陽来復」を購入するのには長蛇の列、人、人。冬至に始発で行っても既に長蛇の列…気学を勉強してからは吉方位を使って購入に行っています。

私は自分の産土神社を知っても好きになれずにいました。
古くて歴史あるから素敵。と思っている私にどんどん整備され・近代化される八幡宮について行けませんでした。
リサーチして頂いた頃は改装された後…昔はさぁ〜もっと地元密着の神社っぽくて…そんな話を夫にすると、「新しくなるってことはそれだけ神様のお力が有るってことなんじゃないの?ドンドン綺麗になっていってるんだからスゴイよ。それだけパワーも潤っているんだから…」と諭されました。そこからは、参拝の度に「新しくなるって素晴らしいこと!変われるってスゴイ!」と、思いながら通っています。

穴八幡宮には布袋様も祀られています。素敵な「笑顔」と「お腹っぷり」に癒されます。

是非一度皆様も参拝してみてください。その際はお隣にあるお寺「放生寺」も合わせてお参りしてみてください。元々一緒でしたが分かれたそうです。

13621492848747.jpg
13621492840756.jpg
13621492825713.jpg
13621492815980.jpg
スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.