2011年後半の運勢
2011年後半の運勢

>> 2011年の運勢はこちら

本年平成23年辛卯(かのとう)七赤金星(しちせききんせい)中宮の年

平成23年のテーマは?
~それぞれが自身の喜びを自覚し、表現する時!~

今年は辛卯(かのとう)七赤金星(しちせききんせい)の象意の表す"年"です。
今年は七赤中宮のテーマである「悦び」「食」「お金」にそれぞれが向き合うことになります。
今年は「"辛"の扉」「"新"の扉」・・・・「変化」(次元の扉)が開かれます。
今年は金融・経済関連に注目が集まります。
今年も引き続き、その身を清めて、潔くする"禊ぎ祓いの年"*"プラスα年"です。

■2011年は「気品」「教養」「感性」「センス」「マナー」 を磨く"時"
■2011年は様々な方面から「価値観」、「本質」が試されていく"時" 
■「話し上手」「聞き上手」を心がける"時"
■「調和と和合」「ワンネスの時代」への移行を体感する"時"
■2012年に向けて「天命・天職」を自覚し、創意工夫と努力をする"時"
■2010年からの3年間は前世・宿命・運命が清まる期間。2011年も更に「禊祓い」+αの氣を感じる!
表・裏鬼門結界神社寺院参拝を!浄化能力の高い満月の時も見逃せない!

2010年に変化を伴い得たものを完了に向けての新しい扉を潜る時になります。今年はたくさんの“門”が開かれています。
どの“門”を選択するのも自由です。その時のヒントは『自分が一番喜びを感じる事』に焦点を合わせることです。・・・・
他人ではありません。『自分が一番喜びを感じる事』です。魂が心から楽しめることです。そして、この選択は“今”に築かれているのではなく、自分の生きてきた道にヒントがあります。真正面から自分を見つめ自分に正直な答えを見つけてください。このチャンスは今年大きく二度あります。この二度のチャンスを理解して、今年のテーマに向き合って頂きたいと思います。
「辛」の門を選択するか「新」の門を選択するかは自分の信念に問いかけていくことです。
そして、「門」の選択から、今年は「学び」「深める」道(未知)へ進んでいきます。知識の備蓄が一年後の自分を変えて、自分の立ち位置がより明確になって、2012年を迎えることとなるでしょう!
『自分が一番喜びを感じる事』『魂が心から楽しめることは・・・・?』
開かれた”門”に進み、「学び」「深め」 『信念』の築ける平成23年辛卯七赤中宮の年でありますように (今年の運気抜粋)




来年平成24年度は?

◇来年平成24年 壬辰(みずのえたつ)六白金星(ろっぱくきんせい)中宮の年

平成23年度は、2011年は様々な方面から「価値観」、「本質」が試されていく"年" です。
今年は「"辛"の扉」「"新"の扉」・・・・「変化」(次元の扉)が開かれる年ともいえます。
平成24年度は23年度までに通過した「新たな扉」を「完成」に向けて歩みはじめます!
「壬」(みずのえ)は、陽性の水で、陽気地中にすんで、新しい命を育むときであり、あたかも土中の種子が発芽を待つ時。
「辰」は東南、東より30°間。震の雨冠を去ったもの。陽気充満し、春ようやくたけなわとなり、万物大いに震い起こる候。
「六白金星」は[完成] [完了] [完全][円熟] [成熟]「老成」を表します。
平成24年度は、平成23年度に形成した「真の喜び」をある意味「完成」に向ける年です。




2011年各九星の開運のポイント

■ 一白水星・・・地に足をつけて自分自身を見直す時 
ポイント・・原点に立ち止まり考える年
北東の位置に入ることは一白さんにとっては土剋水の影響を受けて、状況の変化が悪くなることも懸念されます。冷静な対処を心がけること。ヘルプやフォローも進んでやることで、状況が円滑に運ぶようになり、自分の目標に近づくことになります
*後半は改革に向けてのチャンス!「禊ぎ祓い」を積極的に。自らの運命を清め、運命改革を!

■ 二黒土星・・・今までの努力が評価される時!自己評価を再確認
ポイント・・二黒らしさ、誠実さと謙虚さを失わない
いつになく注目の的です。今までの努力が評価されて、飛躍的な発展を遂げる暗示がありますので、目的遂行にあたってください。その結果、責任のあるポジションについたり、移動や人間関係にも変化が訪れるかもしれません。が迷わず、自己評価を上げ、第一歩を踏み出してください!まず行動に移してみるのも良い結果を生むことになるでしょう!
*自己評価を上げることが出来ましたか?12月の評価は反省点!来年に活かす!周りへの感謝と神仏の加護への感謝を忘れずに

■ 三碧木星・・・何事も先を急がずに心身のバランスの調整を!
ポイント・・やるべきことはしっかりやる姿勢を崩さず(開きなおらないこと)
焦って先を急いでも何も解決しません。やるべき事は責任をもって着実にこなして行く事で、今まで観えてなかった事に気づくチャンスがあります。実力や知力を磨いて、落ち着いて取り組んでいくことで、これからの自分の行動が見えてきます。健康面には気をつけて、心身のバランスの調整を取ることを心がけてください。
"言葉"は三碧さんにとっての自分を表す"言霊" 今年は工夫ある言葉使いを自分で決断する前に信頼できる第三者の意見を仰ぐ
*後半は遁甲的には、自分を見つめやすい時、後半を制することで、来年に向けての気づきとチャンス作り。24,1をどのような体制で迎えるか?

 
■ 四緑木星・・・"選択"は未来を決める!
ポイント・・・得意な世界に全力で向かう
今年は身辺の雰囲気がガラリと変わり、多忙となります。今年の選択は未来を決めます!得意な世界にエネルギーを集中しましょう!批判的な立場よりも、先輩や有識者に教えを受け、素直に行動に移すことが様々な場面でプラスに働いていくことでしょう。今年の努力や人間関係の構築が将来の礎になることを忘れないように。四緑の細やかな親切心や配慮も貴方の魅力になります。
トラブルに対しては批判よりも、自らの弱点に気づき、補う工夫と力を身につける
*10月11月がポイント!24年を作るための気づきの2ヶ月!


■ 五黄土星・・・夢や目標に向けてのスタートの時
ポイント・・言葉の使い方がポイント!未来を見ての発言であること。
自分の夢や目標に向かって大きく第一歩を踏み出す時です!エネルギーが溢れている時ですから、その使い方が分かれ目になります。足元をしっかり見て、着実に行動に移していくことです。自身の欲望の上での選択はNG!話すことが現実化する運気のあるときですから、言葉の使い方もポイント!未来を見ての発言であってください。(決して、繰言や否定的な言葉を発しないこと)
成長の時です。自らの天命を自覚し、*7・8・9月の在り方を観て、(反省すべきことは素直に反省!)12月に向けて、周りとの調和を心がけ、更なるステップアップを!宣伝力を磨くこと。

■ 六白金星・・・「達成感」が得られ、活躍の場が広がります!
ポイント・・・良質な情報収集が決め手
自我を慎み、謙虚さを失わなければ、六白金星感の「達成感」が得られる年になるでしょう!活躍の場が広がる時ですから、"波"を感じたら、波に乗って、自分の可能性に挑戦しましょう!そして、個人の力には限界があります。周りの力を活かして、リーサーシップ力を磨く。適材適所に人材を配することで、今で以上の人間関係の広がりがより良い方向へ導かれます。また、サポートに対しては素直に受け取り、素直に感謝の言葉を添えることを心がけてください。
*後半戦は思いの他苦戦するかも。7月の改革と9・10・11月をどう乗り越えるか?試練は乗り越えられるものと捉えることが自己の成長につながります!

■ 七赤金星・・・自身の喜びを表現しましょう!
ポイント・・目標設定とプランニングで確実に行動 
今年は、吉凶のわれる時ですから、3月の自分は要観察しましたか?基本的には楽天的で交際上手な七赤さんですから この低迷な経済状況の中でも今年は本来の生き方どおり「キラキラ輝く存在」であってほしいです。「センス」ある言葉使いは回りの人のヒントに繋がる要素もある今年です。そして、昨年同様の勢いでの物事の取り掛かりでは、忙しいばかりで何も実りのない年にもなりかねません。感覚的な行動だけでなく、しっかりとした目標設定とプランニングで確実に行動することがポイントです。
自己過信はNG!仕事とプライベートのバランスを心がける
*後半は自分創り、苦手な振り返り(7・8月)にトライ!12月笑えるかは、いかに自分と真向かったか?


■ 八白金星・・・自己利益よりも他者利益を優先
ポイント・・目上の人の引き立て、神仏の加護のある時正道をはずさぬ取り組みを!
今年は、公的活動や本業に軸足を移し、冷静かつ客観的判断力が求められます。頑固にならずに、柔軟に対応し臨機応変に行動 していくことで1年後は今まで以上に自分のテリトリーの広がりを感じることになるでしょう!目上の引き立てが期待できる時だに、 目先の欲に走らず、視野を広く持ち心に余裕を持ち人が嫌がる仕事や目立たない仕事にも積極的にこなしていく姿勢も大切にし てください。自信と情熱を胸に秘め、正道をはずさぬ取り組み神仏の加護もある時です。良い意味でのマイペースさを!
*7月の評価が後半戦のポイント!8・9・10月は意外に自分の思い通りには事は運ばず・・・
ここでの過ごし方が自己を成長させることを忘れずに。


■ 九紫火星・・・活発な交際が広がる一方で、問題に巻き込まれる可能性が慎重な判断と行動を!
ポイント・・独断専行ではなく、必ず、信頼のおける方に相談をする
自らの行動を常に客観的に判断することが大切です。距離のおいた自分自身を作ることです。プライドの星九紫火星ですから、本来持つ自分の可能性を信じて、目の前の出来ることから確実に物事を処理していき自信の回復を心がけてください。節度を守り、身の丈にあった生活を知ることも今までにはない新しい発想を生み出し、改めて、自分を省みることで今の試練は次期を作る為の過程~新たな才能を見出すチャンス
*後半戦は短気にならずに持久力を活かす。9月10月11月で自己不信を払拭するチャンスを掴む。24年は 変化を迎えるので課題に向き合うこと。




来年平成24年度を見据えての今年後半の過ごし方は・・?

23年度の開運のポイントを今一度見直してみます。

1)2011年は「気品」「教養」「感性」「センス」「マナー」 を磨く"時"
変化や改革を余儀なくされていた2010年から更に変化を求め、自らがより良い環境に変化する為に、 政治や経済。法律や制度の知識や教養を深めて行こうという意識が高まります。"量"より"質"を 求め、独自の価値観を形成していく傾向になります。「気品」「教養」「感性」「センス」「マナー」 が光るときです。

?特に 自分が後半磨きたいところは・・・・


2)2011年は様々な方面から「価値観」、「本質」が試されていく"時"
2011年はある意味で、「篩い」の時ともいえます。あなたの価値観が問われる時でもあります。
自分の中心にあるものは何か?自分が大切にしたものは何か?改めて考える時がきます。

?自分の中心にあるものは何か?自分が大切にしたものは何か?


3)「話し上手」「聞き上手」 を心がける"時"
話すことにメッセージが・・・・「七赤」の「口」と「卯」の性質の中に"まとまった後に変化する"と いう象意から、大いに語り、大いに討論しましょう!その後にアイディアやヒントが得られます。

?大いに語り、大いに討論しましたか?今、もっとも注目するアイディアやヒントは・・・?


4)「調和と和合」「ワンネスの時代」への移行を体感する"時"
日本人として生まれてきた私達には「日本の伝統文化を学ぶ」機会が増えてくる年でもあります。 そして、日本人の美徳とされている調和の精神を学び再認識していくでしょう! 「謙虚」「遠慮」「物静かさ」「平和的な美徳」はまさしくこれからの「調和と和合」ワンネスの時代への 移行を体感することになるでしょう!

?日本人としての美徳、調和の精神をどんな形で活かしていきたいですか?


5)2012年に向けて「天命・天職」を自覚し、創意工夫と努力をする"時"
日本人として生まれてきた宿命の中に「天命・天職」があります。今ある環境の中で自分の出来ることを 行動し、心から喜べること、好きなことを特化していくことで「天命・天職」が自覚できます。 志をもった生きがいは自分の存在意義になります。
宇宙の大いなる意思に基づき、神仏の大いなる守護のもと、宇宙のバイオリズム(道理)に順応し、 自分の得意分野を活かして、神仏を含めた自然界・人間界・社会に調和をもたらす働きが「天命」です。 それを仕事にした場合、「天職」となります。
2010年に変化を伴い得たものを完了に向けての新しい扉を潜る時になります。2011年は たくさんの"門"が開かれます。どの"門"を選択するのも自由です。
その時のヒントは 『自分が一番喜びを感じる事』に焦点を合わせることです。・・・・他人ではありません。
『自分が一番喜びを感じる事』です。魂が心から楽しめることです。

*あなたがあなたで輝く為の「マイプログラム」ヒューマンデザインリーディングで自分の可能性を探る

?あなたは門は開きましたか?

9月23日(金)24日(土)~あなたの人生を変化させる気付きの2日間~
リビング・ユア・デザインのプログラムは、すべてのヒューマンデザインのコースの中でも最も価値が高く、最も重要なもので、気付きのプログラムともいえます。
~あなたの「マイ・プログラム」を発掘しましょう!~
もっと自分らしく生きたい!もっと自分を活かしたい!と思っているあなたには、ぴったりの講座です。
ヒューマンデザインの知識がすべて集約されている国際標準(日本語版)のテキスト(A4版カラー約260ページ)をもとに講座を展開します。
>> 詳細はこちら


6)「天・地の氣」を受け取る「吉方位取り」を積み上げていく。
   足りない運氣は自らが取りに行きましょう! 「吉方位」での「神社参拝」


各遁甲に併せて、守護の神仏に参拝しましょう!
自分の後半の遁甲、空亡に併せて、参拝計画をたてます
~同時に吉方位計画も

*吉方位方位取りについて、一言
身体の中に"磁気単極子"があるそうです。自分の運命を導いてくれる "ナビゲーション"の役割です。
吉方位取りにはこの"磁気単極子"が正常に動いてくれる事を促してくれている=運身を上げるということです。


7)開運・開名(改名)

開運改名については、「姓名」=「生命」を基本としています。名前には生命が宿り、氣を発しています。名前とは"言語宇宙(波動)"の最も基本になるものです。フローリーディング研究所の開運開名姓名学は言語宇宙の波動学ともいいます。先祖の想念が子孫に"形"となってあらわれるのが姓名です。(先祖からの"霊的DNA")
1.仏尊が守りやすくなる
2.天命を歩みやすいセカンドネームを持つのも良いでしょう。天命を歩みやすい名前は、
  神仏の加護を受けやすい名前でもあります。
  良い名前は特に仏尊の加護を受けて、人生を好転・開運させます

*今年も開運開名講座を企画します。受講希望の方はご連絡ください


8)「行動計画」をたてること。また「手帳」・「日記」の活用を工夫する。
  「メモ」を取ること
 
今年は目標に向かって、一歩一歩進んでいきます。「行動計画」の「チェック」が大切です。

"自身をプロデュースするツール"をご活用ください。
 ・年間ツール ・月間ツール ・満月、新月シート


9)「パワーストーン」の活用

「辛」の象徴は宝石。「七白金星」の象意からは、「アクセサリー」があるように、いかにもパワーストーンという形態のものよりも、お洒落に楽しんで身に着けられるものが良いでしょう!そして、色目は鮮やかで、 綺麗な色が入っているものがお勧めです。
吉方位でのパワーストーンの活用は身近に出来る開運法の一つです。改めて、実感して頂きたいものです!
今年のパワーストーンは2011年の気運に対応した石を選んでおります。

本年のパワーストーン・目的願望パワーストーン 


*専門的な分野になりますが・・・・・
(こちらは興味があれば、直接お尋ねください)

ヒプノセラピー
「過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと (北東一白"ルーツを探る")
「過去―現在―未来」、前世の自分自身からの"メッセージ"を受け取ってみましょう!

*ヒプノセラピーセッション

産土神社・鎮守神社リサーチ(自分・父母)、産土神社・鎮守神社21日参拝と菩提寺に参拝
生かされている事の感謝。内在神に目覚めることで、より豊かに輝く人生をおくりましょう!
(北西八白、南二黒 "ご利益信仰"ではない、根本的な清めに入る。信仰心の確立。)
*産土神社・鎮守神社リサーチ・・・・「産土神社開運法」をご覧ください

「神・仏・自身」「天・地・自身」「過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと。
「神仏・運命学・現実」を現実化していく"時" 
(北東一白・北西八白)
*三位一体は「神仏」「氣」「現実」を表す。
・「神仏」= 守護の神仏  日拝・自身拝・産土信仰(鎮守、守護)
・「気」 = 宇宙、大自然の運行を含めた気のことで「運命学」(気学も含まれます)
・「現実」= 現世(今生)お金・健康・実現化
「神仏」「気」「現実」「三位一体」はどれ一つも欠けると、バランスがくずれていきます。
天地の道理・法則から、「運命学」を学び、生きている中での多くの「選択」を自分で導き、「開運」し、「現実生活」を豊かにすることを自身でプロデュースしていきましょう。
*「開運」とは心と人生、お金が豊かになり、経済的・精神的自由を得て、ゆとりをもって社会的貢献(地球、大自然)を行う事です。

2010年からの3年間は前世・宿命・運命が清まる期間。
2011年も更に「禊祓い」を+αの氣を感じる! 表・裏鬼門結界神社寺院参拝を!
浄化能力の高い満月の時も見逃せません!
(北東一白、北西八白)
神道は祓いで始まり、祓いで終わるといわれていますが古神道には禊(みそぎ)と祓い(はらい)があります。ミソギは身削ぎであり、内部のケガレを出すことで「内清浄」ないしんじょう といいます。ハライは外からのケガレを祓うことです。「外清浄」(げしんじょう)といいます。内と外をあわせて、ミソギハライになります。多くの人達は漠然と、さまざまな運命現象(トラブル、不幸、事故など)は外からふりかかってくる災厄のように捉えています。しかし、空亡や厄年の現象からもわかるように、自分の運勢や運の質によって、ある程度人生がきまってきます。気学では生まれ月の月盤から、先天運を観ることができます。 2010年は年~2012年)この自身の運命の改善も可能と出来る年ともいえます。陰と陽のバランス、陰陽調和が大切といわれています。
2010年は「禊祓いの年」としての運命改革を推し進めてきましたが、2011年も同様に「禊祓いの年」です。北東一白、北西八白の影響で、2010年自らの「禊祓い」から、 先祖や自身の前世を清める力が働きます。

満月の会 ●日本の神社・神域紹介 神様関連講座 ●厄年 空亡について
吉方位開運ツアー  ●産土神社・鎮守神社参拝 ●表・裏鬼門結界神社・寺院参拝
●神道リサーチ(個別鑑定)





今年後半の過ごし方は・・神道易より

●7月5日より10月末日までの、今年後半の行動の指針について
神道易51 震為雷(しんいらい)震動・奮起の意
慎みと反省が必要である「神・仏・先祖」の開運法を行い、神仏の後押しを願い。この卦は、上下共に
雷の卦でできています。雷が二つ重なっているわけです。雷の性質は活動であります。その雷が二つ重なっていますので、この卦は、ここでは雷のような勢いで、大いに活動することを意味します。
雷は迅速で遠方に達します。しかし雷鳴は轟けども、その雷の実体は見えません。これを人の世に例えますと、噂だけが先行し、次第に大きくなって、その反面実がないというあり様です。掛け声だけで内容がありません。
このような時こそ、物事を慎重に考え、冷静に自省して判断し、そして事を起こします。
そして事を起こしましたら、積極的に、またある時は冒険を侵しても、泰然自若。勇気を もって行動しましょう。これが開運のポイントです。
変爻1 「雷が鳴り響くとびくびくと恐れ驚くが、後に治まると安心して笑い声が起こる。吉」。初めはびっくりしても後に喜びを得ます。奮起の上、努力すること。
◎良い時です。

■神仏界があり、人間界があります。中間に独立して易神界があります。易神界は氣を扱う所です。神仏界とは独立した存在であり、次元も質も違います。(神仙の世界)
天命・地命をはじめ人生の「七つの大きな指針」の神道易 
 天命は人生の目的であり、“天との約束”です。地命とは「前世で自分の足りない部分を、今世で自分が補い、習得したいと願っていること」であり、自分との約束です。
◇「七つの大きな指針」を神道易で観ましょう! 本人同席で鑑定します。
 1、わが天命は 2、わが地命は 3、わが人生における気づきと成長のための指針 
 4、わが人生の苦難を発生させる
 5、自分のカルマ・コンプレックス・トラウマから学ぶべきこと 
 6、わが家族・一族から学ぶべき指針 
 7、仕事に対する行動の指針 ・豊な人生を歩む為の行動の指針

●7月5日より10月末日までの、今年後半の行動の指針について
神道易26 山天大畜(さんてんだいちく)
この卦は、上は山、下は天の卦でできています。この卦は、山が天の勢いをたくわえている象です。この卦を人間に例えていうと、大いなる学徳、才能を抱くことを象徴したものということができます。この卦名の「大畜」は、大いに養う、たくわえるという意味です。
山天大畜は、山の中に、天の大徳をたくわえるわけです。これによって山の樹木がさかんに成長する
ことになります。
これを人間にあてはめて解すると、大いなる学徳や才能が備わっているうえに、それが次第に開花します。現在の状況は、準備万端、長い間時間をかけて積み重ねたものを合わせて、勝負に出るときです。積極的に行動すべきときですが、しかし、それは情熱や力にまかせて急進してはなりません。
諸事成功する運勢ですが、それは今までに裏打ちされたものが基本ですので、それを基礎として、計画的に事を運びましょう。
変爻 四
あなたの実力にさらに磨きをかける努力をすることで、上の人にも大いに認められる時です。今の頑張りが後に実となり、花となるのです。
◎良い時です。






天命・天職 について

◇~感謝と輝きの年に! 今、まさに自分の「天命・天職」を自覚する時~

宿命 運命 天命について、考えてみよう~!

「宿命」 命が宿る~変えられないもの
「運命」 運命とは、「宿命」という環境の中で自分の行動、思い、有様によって変えられるもの
     *開運するということは運命を開くことです。
     「天命」 人生の目的であり、人間の内在の神仏である
     「一霊四魂」が現世で果たしたい仕事(大志)です。
     *宿命・運命(一種のカルマ)が天命を行うための環境条件
     なのです。

物質世界をもって大調和の光輝く世界にしてほしいのが「宇宙の大いなる意思」の願いであり、神仏の願いでもあるのです。
= ミコトモチ といいます。陰陽調和された光の地球になるのです。 = 宇宙が光輝く
私達は今日本人に生まれたという宿命の中に*日本人としての「天命」が隠されています。
全員が個天命を行った時に大天命が実現していきます。
生きがいを感じる時が個天命に近いものです。(陽気さ・嬉しさ・楽しさ・面白さ・感謝)個天命は面白いことですが、楽なことではありません。面白くて、やっていて生きがいを感じる人生にしていきたいです。機嫌が良い(ハイ・スピリット=上機嫌)生きがいの創造 豊かさの創造 ともいえます。行動を伴ってこそ、嬉しさは湧いてきます。逆をいえば行動が伴ってこそ、天命になるのです。
*志をもった生きがいは自分の存在意義(アイデンティティー)になります。自分の得意分野を活かして、神仏を含めた自然界・人間界・社会に調和をもたらす働きが天命です。それを仕事にした場合、「天職」となります。一人一人、個天命も守護の人物も違います。オンリーワン 自分にとって最高の人生を歩みましょう!!志をもって、自分の個天命を歩んでいき、周りにも個天命を歩んでいく人を増やしていきましょう。
自分の人生に責任を持つと、守護力が格段に高まる 
天地自然の道理の基本は「自主・自立・自己責任」です。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.