2011年8月の生命の言葉【コラム】~おむすび~
知って行わざれば 知らずに同じ
貝原益軒  


いくら頭で知っていても、実際に行わなければ知らないことと同じである。『慎思録』

人は正しく生きて行くには勉強しなければならない、そして、正しい道理を知りそれを役立たせなくてはならない、そして、それを実際に行動に移さなくては何の意味も無いのである。

宇都宮神社
宇都宮神社 8月27日ツアー開催

*この言葉気学にも通じますね。
宇宙自然の道理、法則を気学という一つの学問から学び
気学の法則を使い、実践していくことに
運命を好転させていく

今月の運勢担当のPINK SNOOPYさんからの編集後記がまさにその実践10年を
あらわしているよにかんじられました。 8月運勢は

PINK SNOOPYさんの編集後記を読んで、励まされたという方からのお言葉、何人か頂いております。
ありがとうございます。 Ayuko


<編集後記>
気学を始めてから早10年。盤の2周目に突入しました。あっという間に過ぎ去った感じですが、今振り返って見るととても充実していたかなと思います。10年前に年盤5黄殺でこちらの東京に引っ越して来ました。それから間もなく中村先生の教室で初めて気学を習い、自分が5黄殺を犯していたことが判明しました。余りの凶方でビックリし、それから地道に吉方取りをしました。始めの数年は本当に効力があるのかなぁと半信半疑でした。しかし、ある時を過ぎてから吉方に行って自然に体感出来る感覚が芽生えてきました。先生が言っていた体感する大切さがやっと実感して分かりました。数年という月日がかかりましたが、マイペースでコツコツと頑張ってきて良かったと思いました。そして、5黄殺で引っ越していたにも関わらず、10年積み重ねてき吉方取りの効力が今年に入り大きな形として表れて、夫婦そろって偶然にも吉方で引越しが出来ました。
これからの10年後がとても楽しみです。
まだまだ未熟ですが少しでも皆さんの運気UPの参考になったらという思いで書きました。
楽しい夏をお過ごし下さい。




今月のコラム  小音羽 節

おむすび

コンビニで一番の売れ筋商品である「おにぎり」ですが、みなさんは「おにぎり」「おむすび」、どんな呼び方をしていますか?「にぎり飯」という呼び方もありますね。「にぎり」というとお寿司のような高級感もありそうです。私の尊敬する教授は「おむすび」提唱者です。日本に坐す神さまの中に産巣霊(ムスヒ)の神様がいらっしゃいます。八百万の神々の中でも重要なポジションにいらっしゃる神さまで、国学者本居宣長は「すべての神は産巣霊神の御霊を受けて成る」と言っています。ムスヒは「結び」につながっていきます。「おむすび」には神(御霊)が込められている感覚ですね。おむすびをいただいて活力にする。日本語の豊かさを感じさせられます。

日本は豊葦原の水穂の国です。日本文化はコメと密接なかかわりがあります。お祭では米、飯、餅、酒などがお供えに上げられ、藁で編まれた注連縄が結界に張られたりします。里山といって想像する日本の原風景には山や川と一緒に水田が一面に広がります。日本でおいしい食べ物といえば、炊きたての真っ白なごはんを思い出される方も多いと思います。和食には欠かせない食べ物です。米の消費減少が言われ、日本人は古来コメを主食として食べてきた印象ですが、現在のように当たり前に口にできるようになったのは実は近年のことですね。粟、稗、豆、イモなど、お百姓さんの主食は必ずしも白いご飯ではありませんでした。米を作っているのに自分たちはなかなか白米を食べられなかった。コメが神様へのお供えの筆頭にあがる感覚がみえてくるような気がします。

江戸時代の思想家安藤昌益は、人の生(性)はコメから生まれると考えていたユニークな発想の方ですが、農民こそ正人、その他は不耕貪食の徒とし、すべての人が自分のおマンマを自分で耕して口にするならば、この世に平和が続くと言っています。

放射性物質が残留している牛肉が問題になっていますが、その原因が餌の稲藁であったことは、単なる偶然でしょうか。一粒は小さなコメですが、私たちに大事なものを教えてくれます。

2011年 葉月   小音羽 節

写真:宇都宮神社(2009/5/26 吉方位開運ツアー)
宇都宮神社2
宇都宮神社
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.