「開運改名講座を終えて」

九星気学と出会って、早三年。いつの間にか毎日盤を確認することが日課となり、持って生まれた運命運勢を受け止めつつ、少しでも運気を上げていこうと前向きに実践して参りました。

そしてまた勉強を続けるうちに言霊・音(響き)には、大きな影響力があること、そして言葉に出さずとも心の中での「思い」にも過大な影響力があることに気づき始めました。ということは日々周りの方々から呼ばれている「名前」にはきっと大きな影響力があると確信し、これがこの講座を受講するきっかけとなりました。

実際に講座を受け、いざ自分の名前をと思いましたが、なかなか思うように決まらず試行錯誤を繰り返しました。
そこで総画を「技芸運」もしくは「多芸運」に注目し、そこから人格・地格を探し、本来の名前で足りない「家庭運」「内角A」「Cクラスの総画」を上げていける様、工夫してみたところ、見た目にも音(響き)にも納得できる名前に出会えたのです。
誕生日に関しては、先生のアドバイスを頂き、自分の誕生月を消化できる日を選んでみました。
一年余りの準備期間を置き、やっと出会えたセカンドネーム、本来の名前と共に愛し、共に成長していける様に一歩ずつ歩んでいくつもりでいます。

平成23年4月10日(7-6-8東南) Sさん
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.