平成22年後半の運勢
本年平成22年庚寅(かのえとら)八白土星(はっぱくどせい)中宮の年
2010年の盤

《平成22年のテーマは?》
~継承と改革の年!本当の意味での自分の 生き方を見つけ、「現実化」の年を築いていきましょう!~

 
今年は「庚」「寅」「艮」「八白土星」の象意の表す“年”です
今年は更改の意を象徴し、次世代へ繋げていく “継承の年”です。
今年はその身を清めて、潔くする“禊ぎ祓いの年”です。
今年は、北の閉塞した冬の時代から、太陽の昇る東へと移行する「変化」(次元の扉が開く)の“年”です。

■2010年は「お金」「時間」「エネルギー」「知識」の「使い方」の創意(相違)工夫が求められる“時”
■2012年に向けて「天命・天職」を発動する“時”
■”更なる未来への進化を求めて次世代へ“自分である何かを”責任もって繋げていくことを一人一人が自覚していく“時”
■大きく腹を据えて、どんな「変化・改革」が公私共々に訪れるのかを見極め、「自己改革」を積極的に取り組む“時”
■2010年からの3年間は前世・宿命・運命が清まる期間。禊ぎ祓いが運命を分ける“時”
表・裏鬼門結界神社寺院参拝を!浄化能力の高い満月の時も見逃せない!
■婚活にはぴったりの年!恋愛は女性らしさを表現して、華やいだ雰囲気で。楽しく会話も弾んで!


来年平成23年 辛卯(かのとうさぎ)七赤金星(しちせききんせい)中宮の年

平成22年度は、「継承」「改革」がテーマでした。「天命・天職」を発動する年ともなります。「変化・改革」を自覚し、「先見」の眼を持ち、「頑固」にならずに柔軟に対応し、執着していた「古き」を捨て「自ら一新」する「解放の年」「新たな基盤」を形成した年ともいえます。

平成23年度は22年度に形成した「新たな基盤」を更に「育てて」行く年です。

「辛」(金の弟かのと)は、陰性の金で、宝石、貴金属を意味し、また新で新しく改まる、辛苦、辛酸など「辛い」の意味

「卯」は東方。春。万物が地から芽を出し、双葉として分かれる、伸び進もうとする様子。
「七赤金星」は[悦び] [弁説] [引退][金融] [不足]「趣味、レジャー、贅沢」を表します。

平成23年度は、平成22年度に形成した「新たな基盤」を更に「育てて」「進化」していく年です。変化は止まることなく、新しく改まる意を受け、進化し、成長していく段階を現わします。自らを律し、「流される」ことなく、自分の進む道を目指し、乗り越えていくことに「悦び」が伴う年です。 (半面、「怠惰」 にその身が流されて、「誘惑」も伴う年です。)いよいよ、「選別」が始まります!


各九星の今年後半の過ごし方のポイントは・・・?

◇各九星の8月から23年1月までを見据えての“行動テーマ”と “ポイント月

一白水星・・・自身の運命開拓に強い意志が働く時
ポイント・・人との出会い 真の実力を発揮
一白水星の持つ“水の力”で「禊ぎ祓い」 ”自身のルーツ”を知る 父母の産土神社参拝!良き縁をつなぐ、産土神社参拝!そして、豊穣、感謝の1年で。

最終目標は、将来の大利、様々なより方、考え方を吸収して、一回り大きな自分を創ること!
自らの力を信じて、更なるステップを歩む。
・8月 の「自己認知」と後半勝負!

二黒土星・・・「禊ぎ祓い」を積極的に。自らの運命を清め、運命改革を!
ポイント・・2010年の変化、改革を一番先に体験する
今年は清め、改善のチャンス!自身、母の産土・鎮守神社参拝 表・裏鬼門結界神社参拝。宗派の菩提寺参拝も!
「禊ぎ祓い」は運命清め改善には必須!

今日までの自分を振り返り、マイナス要因を自ら取り除く勇気と実行!
心身が弱った時は、自分を責めないこと。自己信頼の回復と信頼のおける人へ相談する。
・11月までは「忍耐と努力」で乗り越えることで、12月に神仏加護、救いと継承、本当の意味での“機”が訪れる!

三碧木星・・・スピードと高いテンションが勝負を分ける!運命選択を握るかぎ

ポイント・・新しい世界や分野に 思い切ってトライしよう!
運命改革は、三碧木星の「言霊力」で真言や祝詞を唱える。 南の九紫火星の力で日拝 で「禊ぎ祓い」!
選択には良き縁の力!良き縁を産ぶ(むすぶ)、産土神社参拝!

自らの“評価”を客観的に分析する。真実の眼を自分に向ける。壁にぶつかった時には、信頼のおける人へ相談する。
「表現」がポイントの年!文章のチェック。言葉の使い方、対人関係においては、苦手な“根回し”を心がけてください!
・6月7月の低調さを振り切り、8月から本来の自分を取り戻すこと!人間ドック、体調管理は必須!

四緑木星・・・“志”よ 育て! 未来を観ての自己改革
ポイント・・・エネルギーの優先順位を決める
運命改革は”自身のルーツを知る” 父母の産土神社参拝。 自身の産土神社参拝で「禊ぎ祓い」
表・裏鬼門結界神社・寺院参拝。現状アップには鎮守神社参拝!

“内在神”を探る・・・ルーツ、継承を辿る。感謝の気持ちを忘れずに。ベクトルの方向は既に動きだしてきています。
あなたが貴方らしく生きられる場所を感じる?ことが今年の最終目標!
・低調期は脱出しました。とは、いえ、体調管理の最終チェックは怠らず。前向きな姿勢で、一歩踏み込んで取り組む

五黄土星・・・運命改革には 実力の蓄積。環境整備。
ポイント・・発動は2011年。行動計画はチェックと見直しを怠らない
今年は清め、改善!自己鍛練の時!自身、母の産土・鎮守神社参拝 表・裏鬼門結界神社参拝。宗派の菩提寺参拝も!「禊ぎ祓い」は運命清め改善には必須!

2011年は貴方の発動の年!気持ちの切り替えと目的、目標の設定。謙虚な気持ちと周りの方の忠告や指導を素直に受け入れる
態度が“運”を創ります。焦らず、騒がず、好機を待つ忍耐と自分自身をいかに鍛えて、律していくかが今年のテーマ!
・まだまだ厳しい!12月、1月、(2月)は再度自分を見直すチャンスと捉えて、2011年に備える。五黄の根性の発揮所を見間違えない!

六白金星・・・あなたが“天命・天職”を発動する主役
ポイント・・知性と決断、行動力をもって顕現。大きく羽ばたいて!
運命改革は 東の「言霊力」で真言や祝詞 と 父母、自身の産土神社、宗派の菩提寺参拝で「禊ぎ祓い」 

今年の挑戦は・・・?来年度に向けて更なる成長へのステップの基盤づくりを怠らない。自己アピールと積極性は必須!今年の人脈は目標達成に向けての重要なネットワークへ発展する可能性あり、周りとの協調性“和”を心がける
・8月はチャンスの“後ろ髪(神)”を掴むこと。今後の10年を決める重要なポイント月!そして、1月の“試練”は謙虚に受け止め、省みる時!

七赤金星・・・運命改革には 向上心と最後まで成し遂げる覚悟
ポイント・・繋がりを大切に。どんな高いハードルでも自分を信じて突き進む!
運命改革は、七赤金星の「言霊力」で真言や祝詞 と 自身の産土神社参拝で「禊ぎ祓い」 
ご縁の年でもあるので、良き縁を産ぶ(むすぶ)、産土神社参拝!

来年を見据えてのリーダー力を創る後半。運命改革が苦手なあなたも今年の気運は避けられない状況ですか?元来持つ“楽天さ”で乗り越えてしまうか、自らと向き合って“答え”を見出すかは、来年のあなたを決めます。
・そして、9月はまさに変化・改革の時。信頼構築が今年のテーマであることを忘れないで。 

八白土星・・・運命改革はまずは「自分を知る」ことから
ポイント・・柔軟さを持って、人との和を大切にしていくこと
運命改革はまずは「自分を知る」ことから!自身、父母の産土・鎮守神社参拝 表・裏鬼門結界神社参拝 宗派の菩提寺参拝も!「禊ぎ祓い」は運命清め改善には必須!

世の為人の為=自分の成長  リーダーとしての再認識を!(鳩山氏は一抜け・・・)“今年の行動は“人生に足跡”を残していますか?
後半は更に自分を客観的に見ることも大切。決して、自分を甘やかすことなく、冷静に判断、対処すること。
・8月の変化・改革は「自分の在り方」の再認識に繋がります。今年が主役の貴方の変化、改革は周りにも影響があることを忘れずに(世の為人の為=自分の成長)

九紫火星・・・運命改革は情熱を傾け 「有言実行」であるべし
ポイント・・今ある自分は周りのお陰さまと感謝し、謙虚な姿勢で事に当たる
運命改革は”自身のルーツを知る” 父母の産土神社参拝 自身の産土神社参拝。先祖に繋げる宗派の菩提寺での参拝で「禊ぎ祓い」

今年の盛運期を活かし、最後の調整。神仏へ繋がる意識を大切に。「神威力」を発動させるのは貴方の役目?
・8月は「天啓」「メッセージ」を受け取ってください。まさに吉凶割れる時です。
どちらであってもあなたが本当に変わるチャンスの時です!


来年平成23年度を見据えての今年後半の過ごし方は?

22年度の開運のポイントを今一度見直してみます
~*22年前半を振り返りながら、7月からどこを集中して行うか考えましょう~

1)■2010年は「お金」「時間」「エネルギー」「知識」の「使い方」の創意(相違)工夫が求められる“時”
月は特に「お金」についての見直しがお勧め!
8月は「エネルギー」について 9月は「知識」について 10月は「時間」についてを
見直ししてみましょう!

・ 南西遁甲 西遁甲
東南七赤、九紫北西、東六白 北四緑 回座からも「お金」「時間」「エネルギー」「知識」がポイント!
ビジネスも「オンリーワン」「創意(相違)工夫」のある人が活躍できる年になります。
*「お金」「時間」「エネルギー」「知識」の「使い方」の創意(相違)工夫
?特に 自分が「創意、工夫する」ところは・・・・

2)■2012年に向けて「天命・天職」を発動する“時” (東六白 北西九紫 回座から)
それぞれが、東、南 遁甲で意識してみましょう!

3)■”更なる未来への進化を求めて次世代へ“自分である何かを”責任もって繋げていくことを一人一人が自覚していく“時”(庚寅 八白中宮  北西九紫 から)
それぞれが、北東、北西 遁甲で意識してみましょう!

自分の得意分野を活かして、神仏を含めた自然界・人間界・社会に調和をもたらす働きが「天命」です。
それを仕事にした場合、「天職」となります。
変化改革の中で“未来へ向けて何を託すか?”更なる未来への進化を求めて次世代へ
“自分である何かを”責任もって繋げていくことを一人一人が自覚していくことも、
今この時代に生まれた私達の使命ではないでしょうか?

・フローリーディング研究所では「マイ・プログラム」8月鑑定スタートしました!  
「マイ・プラグラム」の紹介はこちら

4)■2010年からの3年間は前世・宿命・運命が清まる期間。禊ぎ祓いが運命を分ける“時”
表・裏鬼門結界神社・寺院参拝を!満月の時もみのがせない! 北東二黒・南西五黄破 他 


2010年は(特に)年~2012年)この自身の運命の改善も可能と出来る年ともいえます。別の言い方をすればカルマの昇華、改善ができる年ともいえます。気学的にいえば生まれた月盤の清め、先天運を清め改善することができる年ともいえますね。(・・・ということは、2010年如何によっては来世が違ってくる・・・?)
陰と陽のバランス、陰陽調和が大切といわれています。私もそうですが、明るい事、楽しい事、前向き etc ポジティブな思考を大切にしてきていますが、2010年は陽の部分だけでなく、陰の部分もしっかり見つめていくことが大切です。陰陽のバランスが崩れた時にいろいろな問題が出てくるわけです。
◇ 真言 祝詞から 「禊ぎ祓い」を行う ・満月の会に参加しましょう!満月の日を利用しましょう!
◇「日拝」「を日常化する ◇ 出雲大社参拝 ◇お墓・菩提寺参拝 ◇吉方位取り
◇ 裏鬼門表鬼門結界神社・寺院参拝

?リサーチは済んでいますか・・・・産土リサーチはこちら

・各遁甲に併せて、守護の神仏に参拝しましょう! - 遁甲表に記入する
自分の後半の遁甲、空亡に併せて、参拝計画をたてます
~同時に吉方位計画も


*吉方位方位取りについて、一言
身体の中に“磁気単極子”があるそうです。自分の運命を導いてくれる
“ナビゲーション”の役割です。
吉方位取りにはこの“磁気単極子”が正常に動いてくれる事を促してくれている
=運身を上げるということです。

5)「神・仏・自身」「天・地・自身」「過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと。
「神仏・運命学・現実」を現実化していく“時” (北東二黒・南西五黄破 東六白 北西九紫 から)
*三位一体は「神仏」「氣」「現実」
を表す。
・「神仏」= 守護の神仏  日拝・自身拝・産土信仰(鎮守、守護)
・「気」 = 宇宙、大自然の運行を含めた気のことで「運命学」(気学も含まれます)
・「現実」= 現世(今生)お金・健康・実現化

◆運命学について ・・・「運命を知る」ことだけでは「人生」は良くなりません。
 「運勢・将来性」 と 「心構え・行動の指針」を混同しない
  具体的に考える能力を身につける = 質問力を身につける

*後半の見逃してはならないところは・・・・? 9年に一度の「形作り」!
  今年は自分 の「形」を創る! 8月がそれぞれのポジションにいます。

◇日々の瞑想 特に「満月の祈り」は宇宙意識につながりやすく、大きなエネルギーが得られます。
    「新月の祈り」は天命を活かす自己の祈りにつなげましょう。

6)家族・親族の関係の見直し。父親、夫の権限の回復!
(庚寅 八白中宮 北西9紫 北東二黒暗剣・南西五黄破 六白東 から)

今年は家族、あるいは親族間の見直しをするような出来事が起こる可能性も。今まで見えなかった家族間での問題が浮上してきたり、親族間の相続問題で争い事へ発展することもあります。いずれにしても問題の原因をみて対処していきましょう!また、新しい家族が増える、あるいは、家から独立していく、転勤などで、家族構成にも変化がある家庭が多いでしょう。
父親、夫の権限の回復!・・・今年は母親、妻よりは父、夫のほうが強い立場。家族間のエネルギーのバランスも変わっていきます。

?この半年で起こったことは・・・・気づいたことは・・・・その事をベースにどんなふうに持っていきたいですか・・・

あなたの為の開運家系学  8月度開催  三橋政起講師
・8月7日(土) 13:30~16:30
・8月18日(水)13:30~16:30

7)ヒプノセラピー 「過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと。(北西9紫 から)
   「過去―現在―未来」からのメッセージを受け取ってみましょう!
●ヒプノセラピー 個別セッション

8)開運・開名(改名) (八白中宮 東六白 北西九紫 回座 北東暗剣・南西五黄 から)
  開運改名については、「姓名」=「生命」を基本としています。名前には生命が宿り、氣を発しています。名前とは“言語宇宙(波動)”の最も基本になるものです。フローリーディング研究所の開運開名姓名学は言語宇宙の波動学ともいいます。先祖の想念が子孫に“形”となってあらわれるのが姓名です。(先祖からの“霊的DNA”)
1、仏尊が守りやすくなる
2、天命を歩みやすいセカンドネームを持つのも良いでしょう。天命を歩みやすい名前は、神仏の加護を受けやすい名前でもあります。良い名前は特に仏尊の加護を受けて、人生を好転・開運させます。

◆「開運開名 セカンドネーム」を創ってみましょう!
◆本名を否定するのではなく、「本名」は自分のもっている いわゆる先天運を宿しているようなものです。
一生自分の人生に作用しています。「開運開名 セカンドネーム」とは・・・?
その本名のもつ力を保護し足りない所を補う力のある名前にします。
*例えば 「社会運」「家庭運」がなければ「社会運」「家庭運」を良くする名前 
今の目的に最も必要と思われる事に力(エネルギー)を注げる名前にすることです。
= 古神道の五魂が軸です

夏季講座開講予定 開運開名講座 1・2 8月22日(日)10:00~17:00

10)コミュニケーションの重要性
今年は東南に七赤金星、東に六白金星、南に三碧木星が回座します。
「言葉」の影響力が多いにある時です。「言葉」の使い方が「開運」を呼びます。
自分の「言葉」には責任を持つことです。「言葉」からも人間性の現れやすい「年」でもあります。
「言葉」を制したものが今年を「制する」と言っても過言ではありません。
特に「私は」から始まる言葉には、現実化する力がありますから、使い方に注意してください。

2010年7月4日 フローリーディング研究所 中村彩祐子


今年後半の過ごし方は・・・神道易より

●7月5日より10月末日までの、今年後半の行動の指針について

34 雷天大壮(らいてんたいそう)大きな力

雷天大壮

内省する(自分を見つめなおす)ことが必要である。
天地自然の道理に順序に従えば、願いがかなう。自己過信せずに、短気を慎むことである。
礼儀・マナーにあった行動をしなさい。
*陽の力が増大し、飛ぶ鳥を落とすような勢いがありますが、気持ちばかりはやって中身が伴わない時です。そして自分の力を過信して強引に突っ走り、果てにはブレーキの効かない車のようになって、失敗に陥りやすい時です。ですから、何を行なうにもワンクッション置いて、一歩退くような気持ちで対処し、内部の充実に目を向けることが大切です。

変爻 二爻
・盛運の時であるから、創意工夫して、成功を目指せ!道理を守って利益がある

●11月1日より23年2月3日までの、今年後半の指針

60 水沢節(すいたくせつ)節度を正しく守る時

水沢節

足るを知って、節度、節制、節操を旨とせよ。自分の立場を守り、すべて節度あるように心がけるべきである。四季の循環を見本とせよ。生活習慣を改めよ。「神・仏・先祖」の開運法を行え。
*すなわち浪費や飲食の摂りすぎ、恋愛面のだらしなさ戒めるのみならず、身分不相応な願望を求めるなということを示しているのです。あなたがサラリーマンならば、不満ばかり多く、実力以上の地位や高給を求めるような見苦しい言動が多い時でしょう。節制しすぎるというのも息が詰まって困りものですが、水沢節の時は冷静にほど良い所に止まり現状維持が望ましいのです。一節一節を大切にしてこそ太い立派な竹に成長するのです。

変爻 上陰 
己の方針の誤りを覚れ。頑固のあまり、方向性を改めないときは、トラブルを招くだろう。柔軟性が大切である。「神・仏・先祖」の開運法を行え

■神仏界があり、人間界があります。中間に独立して易神界があります。易神界は氣を扱う所です。神仏界とは独立した存在であり、次元も質も違います。(神仙の世界)
天命・地命をはじめ人生の「七つの大きな指針」の神道易 
天命は人生の目的であり、“天との約束”です。地命とは「前世で自分の足りない部分を、今世で自分が補い、習得したいと願っていること」であり、自分との約束です。
◇「七つの大きな指針」を神道易で観ましょう! 本人同席で鑑定します。
 1、わが天命は 2、わが地命は 3、わが人生における気づきと成長のための指針 
 4、わが人生の苦難を発生させる
 5、自分のカルマ・コンプレックス・トラウマから学ぶべきこと 
 6、わが家族・一族から学ぶべき指針 
 7、仕事に対する行動の指針 ・豊な人生を歩む為の行動の指針


天命・天職について

◇~感謝と輝きの年に! 今、まさに自分の「天命・天職」を自覚する時~
2010年は東六白回座~それぞれの「天命」が発動するときです。


宿命 運命 天命について、考えてみよう~!

「宿命」 命が宿る~変えられないもの
「運命」 運命とは、「宿命」という環境の中で自分の行動、思い、有様によって変えられるもの
*開運するということは運命を開くことです。
「天命」 人生の目的であり、人間の内在の神仏である「一霊四魂」が現世で果たしたい仕事(大志)です。
*宿命・運命(一種のカルマ)が天命を行うための環境条件なのです。

物質世界をもって大調和の光輝く世界にしてほしいのが「宇宙の大いなる意思」の願いであり、神仏の願いでもあるのです。= ミコトモチ といいます。陰陽調和された光の地球になるのです。
= 宇宙が光輝く

私達は今日本人に生まれたという宿命の中に*日本人としての「天命」が隠されています。
全員が個天命を行った時に大天命が実現していきます。(*本当の意味がわかるのは2010年です)

生きがいを感じる時が個天命に近いものです。(陽気さ・嬉しさ・楽しさ・面白さ・感謝)個天命は面白いことですが、楽なことではありません。面白くて、やっていて生きがいを感じる人生にしていきたいです。機嫌が良い(ハイ・スピリット=上機嫌)生きがいの創造 豊かさの創造 ともいえます。行動を伴ってこそ、嬉しさは湧いてきます。逆をいえば行動が伴ってこそ、天命になるのです。

*志をもった生きがいは自分の存在意義(アイデンティティー)になります。自分の得意分野を活かして、神仏を含めた自然界・人間界・社会に調和をもたらす働きが天命です。それを仕事にした場合、「天職」となります。一人一人、個天命も守護の人物も違います。オンリーワン 自分にとって最高の人生を歩みましょう!!志をもって、自分の個天命を歩んでいき、周りにも個天命を歩んでいく人を増やしていきましょう。
自分の人生に責任を持つと、守護力が格段に高まる 
天地自然の道理の基本は「自主・自立・自己責任」です。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.