平成24年 今年の運勢
1.本年平成24年壬辰(みずのえたつ)六白金星(ろっぱくきんせい)中宮の年

(1)壬辰(みずのえたつ)六白金星(ろっぱくきんせい)の示す「意」

『壬』 
陽性の水を示します。陽気地中の潜んで新しい生命を孕むときであり、あたかも土中の種子が発芽のときを待つというところから「妊」の一部をとったものです。壬の水はまわり流れて一ヶ所にとどまりません。大海・大河など意味します。水の流れ(水路)を正す意。

『辰』
「辰」は「震」の雨冠を去ったものです。季節は4月で「清明」「穀雨」にあたり、時刻は午前7時から9時までの一刻とします。方位は東南の東寄り30度間で、黄系15度~45度に至る間とし、易では陽気がぐんぐん伸びて、陰がかろうじて残っている()沢天夬(たくてんかい)の卦に相当します。まさに陽気充満し、春ようやくたけなわになり、万物大いに震い起こる候でありまして、架空の動物の竜としたのは、陽気にのって万物が、精一杯生命を振るい動かす時として、雲を呼び、風を起こし、天空を躍り駆け巡るところの勇姿を象徴したのです。また、一説には、二枚貝が殻から具足を伸ばしている形としています。未知の世界への期待と不安とが交錯する時期ともとれます。
*沢天夬(たくてんかい)夬とは、決、切り開く、重大事を決行することである。私利私欲を去って正義を貫くこと、また自己の足場を固めてから行うこと、暴力はできるだけ避けることが大切。

『壬辰』
性格を六十干支でみると、知性的で、理数と芸文の才能が同居します。自分を曲げません。

「乾」(けん)
■正象=「天」。全陽でまじり気のないもの。広大無辺、その天に明るく輝いて万象を支配しているのは、太陽です。
■卦徳=「剛健」陽の陽たるものとして剛い(かたい)とし、やむことのない健やかなる天の運行を意味する。また、天意とか天道とかから、神の御心、ひとすじの道を行く勇者とも解する。
■卦意=円満・健全・広大
■人象=天皇・皇帝・首相・大統領・支配者・聖人・大人・公人・社長・名望家・祖父・父・夫・紳士・軍人・高僧
■物象=大川 大河 大海 大平原・首都・宮殿・神宮・高楼・金・宝玉・鏡・木実・米・豆・氷
■病象=肺臓疾患・頭脳疾患・浮腫・癌・心筋梗塞・高熱・のぼせ・めまい・骨折・便秘
■病症=病が充実、あるいは上昇とかに見、激しい急病多し、また、陰に変じて悪化するなどと見る

『六白金星』正象
時刻では午後7時~午後11時までの「戌、亥の刻」季節は晩秋・初冬(寒露~大雪)の頃です。六白金星は、太陽を示し、古来から人類が天と仰ぎ、神と崇める所の本体でもあります。完成・完了・完全・円熟・成熟・老成などの意を持ちます。
充実・堅固・施与・広大・健全・高貴・貴重・進行・決断・投機・統率・目上・円満・丸い・高い・神仏・独断・昇る・飛ぶ・移動・威厳・過分・完全・頑固・大始などの意。
色は白、物価は高騰するとして、数は4,9に当てます。

(2)壬辰(みずのえたつ)六白金星(ろっぱくきんせい)の示す「2012年の年盤」




・東南に五黄土星
・北西に暗剣・歳破
・南・北 天道
・南(水火殺)
・小児殺 
(全て五黄の方位)

・恵方は北(壬の方位)

2.今一度振り返ります 
 昨年 平成23年辛卯(かのとう)七赤金星中宮の年のテーマは?

 ~それぞれが自身の喜びを自覚し、表現する時!~

今年は辛卯(かのとう)七赤金星(しちせききんせい)の象意の表す“年”です。
今年は七赤中宮のテーマである「悦び」「食」「お金」にそれぞれが向き合うことになります。
今年は「“辛”の扉」「“新”の扉」・・・・「変化」(次元の扉)が開かれます。
今年は金融・経済関連に注目が集まります。
今年も引き続き、その身を清めて、潔くする“禊ぎ祓いの年”*“プラスα年”です。

■2011年は「気品」「教養」「感性」「センス」「マナー」 を磨く“時”
■2011年は様々な方面から「価値観」、「本質」が試されていく“時”
 
■「話し上手」「聞き上手」 を心がける“時”
■「調和と和合」「ワンネスの時代」への移行を体感する“時”
■2012年に向けて「天命・天職」を自覚し、創意工夫と努力をする“時”
■2010年からの3年間は前世・宿命・運命が清まる期間。2011年も更に「禊祓い」+αの氣を感じる!表・裏鬼門結界神社寺院参拝を!浄化能力の高い満月の時も見逃せない!

2011年は(今一度振り返ります)

日本人の美徳とされている調和の精神を学び再認識していくでしょう!
「謙虚」「遠慮」「物静かさ」「平和的な美徳」はまさしくこれからの「調和と和合」ワンネスの時代への移行を体感することになるでしょう!
2010年に変化を伴い得たものを完了に向けての新しい扉を潜る時になります。
今年はたくさんの“門”が開かれています。どの“門”を選択するのも自由です。その時のヒントは『自分が一番喜びを感じる事』に焦点を合わせることです。・・・・他人ではありません。『自分が一番喜びを感じる事』です。魂が心から楽しめることです。
そして、この選択は“今”に築かれているのではなく、自分の生きてきた道にヒントがあります。真正面から自分を見つめ自分に正直な答えを見つけてください。
このチャンスは今年大きく二度あります。この二度のチャンスを理解して、今年のテーマに向き合って頂きたいと思います。
「辛」の門を選択するか「新」の門を選択するかは自分の信念に問いかけていくことです。
そして、「門」の選択から、今年は「学び」「深める」道(未知)へ進んでいきます。
知識の備蓄が一年後の自分を変えて、自分の立ち位置がより明確になって、2012年を迎えることとなるでしょう!(抜粋)

3.本年平成24年壬辰(みずのえたつ)六白金星(ろっぱくきんせい)中宮の年のテーマは?
  ~自身の人生をステップアップ!~

今年は壬辰(みずのえたつ)六白金星(ろっぱくきんせい)の象意の表す“年”です。
今年は六白中宮のテーマである「天(神)」「活動」「施与」「完成」にそれぞれが向き合うことになります。
今年は「立つ、断つ、発つ、経つ、建つ」目標の設定と実行!今年は新(真)「リーダー」が誕生します!(・・・そうあって欲しい・・・)世代交代の時!
今年も引き続き、その身を清めて、潔くする“禊ぎ祓いの年”*“プラスα年”です。

■2012年は、「激動」「変動」「変革」「デトックス」「維新」「大始」「躍進」の “時”
■2012年は、それぞれが「天命・天職」を自覚し、その道を歩む“時”
■2012年は、「自身の人生」のステップアップの“時”
■2012年は、経済復興、税制改革と財源の確保。自身の長期的な財産管理、計画と自己年金の確保
■2012年は、ライフスタイルの変化。 創造性や精神性の高いものを求める傾向、 “環境に優しい” “ゆとり”“うるおい”を求め、精神面の充足を計る
■2012年は、2011年の「絆」を深め、人間関係を豊かにする“時”
■2012年は、(自然)災害の多い年 私達へ自然に対して謙虚になる姿勢を求める警告(地球温存)
・地球資源の節制、有効的な活用の工夫 ・“食”の見直し  ・災害時に備える心がけと管理
■2010年からの3年間は前世・宿命・運命が清まる期間。2012年も更に「禊祓い」+αの氣を感じる!
表・裏鬼門結界神社寺院参拝を!浄化能力の高い満月の時も見逃せない!
更に2012年からの3年間は、それぞれのステージに合わせた「禊祓い」へ

(1)世界では
日本からみて、東南・北西の国々との関係は要注意です。もちろん旅行なども控えて頂きたいです。
(この方位は、全ての人に共通ですが、各々にも注意が必要な方位もあります)
東南方位=タチヒ島 フィジー島 オークランド
北西方位=北京 カイロ ローマ ロンドン ウィーン ベルン ジュネーブ マドリード ストックホルム コペンハーゲン ミュヘン ベルリン ブタペスト ブリュッセル パリ モスクワ ノルウェー

2012年は選挙の年(政治の年)オリンピック開催の年
2012年は米国やフランス、ロシアでの大統領選挙が行われるのを初め、中国でも5年に一度開催される共産党大会があるなど、各国。地域で政治イベントが目白押しのまさに「選挙の年」となります。(六白中宮)
「選挙の年」は世界経済に大きな影響力のある米国と中国では過去のGDP成長率が他の年に比べて高くなっています。2012年も同様な傾向が見られると予想されます。ただし、米国などの先進国は財政問題悪化の影響を受け、景気拡大策を採用し難い状況にある中で、中国など新興国では、先進国に比べ、景気浮揚策を行う余地を残していると見られ、今後も、新興国の動向が世界経済に大きく影響するでしょう。5月のフランス大統領選の結果においても欧州債務問題の行方にも影響を与えるでしょう。(七赤暗剣、歳破)いずれにしても世界主要な各国のトップが決まる選挙での日本にも与える影響は大きいといえます。自国の権利や資本力を盾に外交交渉する近隣諸国に、どこまで日本が国の主権を主張できるかは、日本の外交交渉力にもかかっていますが今年は、外国との貿易、物流関係と共にふるわないでしょう(東南五黄)ただし、日本は、技術国としての力はあります。この力をどのように世界にアピールしていくのか?(情報産業分野、電子分野、新幹線、航空機などの高速交通網分野、エコ関連商品など)重要なポイントでもあると考えられます。
*世界で相次ぐ指導者選挙 政治経済はどう変わるか?(日本も変わるのか?)*ユーロ危機→世界同時不況? *債務危機国の償還は2012年山場 *二極化の激しい米国社会*ASEAN経済の成長は?(タイ洪水の残したもの・・・サプライチェーンの持続性)*IT業界戦は?*世界に広がる高齢化→世界人口100億人へ
(*金正恩氏後継北朝鮮は?)

(2)日本では

未曾有の大震災の影響は続く
東日本大震災では日本に莫大な被害を及ぼし、被災された方々の高いモラルと忍耐強さを世界の人々が驚きと好意をもって受け止めてくれました。また、各国様々な形で多くの支援をして下さいました。(ありがとうございます)2012年はこの震災が及ぼした影響の全貌が見えてくるとともに、その影響は2012年も強く、国政を初め、様々な分野に波及し、それに伴う損害は日本全土に広がっていくものと考えられます。復興には莫大な資金と労力が必要です。復興財源と保障改革のために財政改革は必至。また復興問題だけでなく、税や社会保障問題、国防など取り組む問題はたくさんあります。閉ざされた情報開示も要求されるでしょう。
自国の利益や財産保全を優先に考え、国政をマネジメント出来るトップの出現を期待します。

復興需要でデフレ克服へ
近い将来、大地震がおきてもおかしくない状況の中、人災ともいえる原始力発電所の事故は、日本列島のどこに起きてもおかしくないでしょう。放射能の脅威をどうするか?も極めて重要な問題になっていきます。
日本の企業には高い技術力、資本力。人材があります。日本人の不屈な精神、勤勉さも加わって、将来、この原発に変わっての電力確保も夢ではないかもしれません。東北地方の復興が長年続いたデフレを克服し、経済成長を正常に戻していくチャンスともなりえます。大きな視野にたった政治力と経済対策が求められると同時に悲しみと教訓を胸に2012年も隣人を慈しむ思いやりと人の輪を大切にして、資源の節制、奉仕の精神を持続させ、日本国の復活、将来の安定に向けて、一丸となって助け合う姿勢、国民ひとりひとりが更に意識改革を求められる年ともなります。
*迷走民主党?小沢一郎の動向? *衆参解散か? 強まる国民負担 *カジノ設置?
*TPP推進→ETAAPへ *エネルギー政策大転換期*韓国オンラインゲーム大手のネクソン 東証上場 *米国産牛肉の輸入緩和制度 *新興国減速と円打撃トヨタ国内生産環境は?*円高は進むのか?(危機or勝機?) *4パーセント台の失業率 *国内株価10000円回復は?為替相場?(1ドル70円台で固定?)*スマホ市場 *再生可能エネルギー元年になるか?(地・風・太陽光)*国内線LCC就航の影響は?*日本車の大転換期 *買い手には有利なマンション市場 *都心でビル開発ラッシュ*IFRSの強制適用か?*課題多し福島原発、除染問題 *お米は安全か?*原子力発電所の定期点検、ストレステストへ →原発停止か?世界遺産(鎌倉・富士山?)*医療介護同時改定*大卒就職率は?

(3)気候と健康、事故 他

天候を予測した事前対策
昨年の核施設の事故や放射能物質の海中投棄、汚染水の危険など環境汚染については引き続き警戒を強めるべきでしょう!加えて、有識者らの様々なコメントの中には、将来的なリスクに目を背け、言葉巧みに利益誘導への正論(?)で洗脳する事も考えられるでしょうから、政府、東電の情報開示は必要であり、私達も次世代への責任としても真向かう一つの案件であることは間違いありません。
今年の気候については、晴天が続くわりには、気温があまりあがらない傾向。または、長雨による土砂崩れや台風による風水害(竜巻も)、熱波による干ばつなどが心配されます。場所によって雨が多かったり、少なく日照り状態になるところもあるというような、水や太陽や風による影響の与え方に違いがでます。
空気乾燥による大火災、噴火、石油コンビナートでの爆発も懸念されます。自然災害の恐怖は、私達の心に深い傷跡を残しました。今年も世界的に「水」「風」「火」を象徴する災害が起こりえる事が予想されます。一国という範囲ではなく地球規模の被害も懸念されます。農作物や漁業に影響を与え、物価の高騰も考えられます。
私達の“食卓”に変化が生じ、いずれ訪れるであろう“食”への危機を感じるかもしれません。
昨年も記載しましたが、自然に対して、更に謙虚な姿勢になる時代への移行と次世代以降の地球との関わり方を警告されているように感じます。私達は敏感に天候を予測した事前対策を行動に移しましょう!また、災害時に備える心がけと管理を怠らにようにしましょう。
(*5月21日金冠日食)
*地球温暖化の影響→異常気象、世界での水害→日常生活、経済活動への影響

(4)これからの時代を創る、新たな価値観が生まれてくる為のデトックス
2012年は「激動」「変動」「変革」「デトックス」「維新」「大始」「躍進」の “時”と記載しましたが、大きな変化の波の中にいる、世の中のデトックス現象の時ともいえます。このエネルギーは2013年をピークに更に力が高まります。この2年間で起きることは、日本だけでなく世界全体、地球全体での大きなものです。私達の意識革命はもちろんのこと、政治、経済の動向も大きなうねりを感じさせます。小手先だけでの改革では変えられないことを世論の力でトップを動かしていくことになるかもしれません。改革運動、デモ、様々な事件が世論を賑わす兆しがあります。
日常生活では、交通機関での事故、レジャー施設での事故、繁華街、人通りでの通り魔事件、強盗・暴力事件、などにも注意が必要です。海外先、留学先でのトラブル、事故にも要注意です。

(5)健康面では・・・
頭・首・心臓・眼球・骨・脊椎・腎臓・左肺 口腔内 歯茎 右肺・舌・肝臓・呼吸器・気管支・腸・食道大腿部・筋肉などの疾患に注意。(胃腸・大腸系の疾患・呼吸器系の病などは重体に陥る)また、手術のミスなども懸念されます。(鳥インフルエンザなどの感染症も蔓延するかも)


2012年の傾向

天命・天職・使命を意識する人が増えていく

2011年は、生命を大切に自分の人生を全うして生きていきたい、絆を深めていこう!と意識した人が多かったのではないでしょうか?
そんな中で、2012年は個々の生きかたを模索して、更に天命・天職・使命を意識する人が増えていくでしょう!それぞれが自分の人生に真剣に真向かう“時”です。知識や技術面での向上に関心も集まります。資格取得を図り、働く場の拡大に力を入れて行く事も必要になってきます。さらに創造性や精神性の高いものが求められる時代になってきます。精神性の充足を求めていく傾向も強まります。環境に“優しい”日々の“うるおい”“ゆとり”を求める傾向も強まります。
反面、心の隙間を狙う商売や、自己利益優先的な振る舞いや、道徳観や倫理観の欠如もみられますが、人々の真偽の眼力も養われ、世間からの非難を浴び、削ぎ落とされることになるでしょう。
2011年の大震災は困難な状況の中でも私達国民の心が一つとなって、悲しみや教訓を胸に秘めながら、本格的な復興と意識の上での大きな変化を創っていきます。共存共栄の時代へと移行していく道すべです。そして、民の声は天に届き、政治、経済に大きな影響を与えていくでしょう!
これからは年齢別というより、価値観、志向や生活層で分かれていきます。自分と同じ志をもっている人々との出会いも生まれます。志を同じくした共に歩む仲間を持つことです。
志は、2011年に既に自身の中心軸として打ち立てた事と思います。2012年はその中心軸がブレずに、共に歩む仲間と励まし合い、切磋琢磨しながら自分の人生をステップアップする時です。
そして、2013年は伊勢式年遷宮も「遷御」の儀斎行を向かえます。この大行事が一つの節目となって、これからの時代20年間が始まります。そういう意味からもこの2012年の天命・天職・使命を自覚し、その道を歩み始める今年は「大始」とも考えて良いでしょう。
どうぞ皆様方におかれましても「今年の気運」を捉えて、新しい年に向けての努力、行動が次期を創っていきますように。
辰は龍とも現わされ、まさしく龍神が空を駆け上るが如く、私達の運気も上昇の気流に乗っていきましょう!
2012年は人生のステップアップの時です。自分の前世を越える現世を創っていきましょう!
『大始』の築ける平成24年壬辰六白中宮の年でありますように。

平成24年1月吉日 フローリーディング研究所 中村彩祐子

神宮式年遷宮は、神宮(伊勢神宮)において行われる式年遷宮(定期的に行われる遷宮)である。神宮では、原則として20年ごとに、内宮(皇大神宮)・外宮(豊受大神宮)の二つの正宮の正殿、14の別宮の全ての社殿を造り替えて神座を遷す。このとき、宝殿外幣殿、鳥居、御垣、御饌殿など計65棟の殿舎のほか、装束・神宝、宇治橋なども造り替えられる。記録によれば神宮式年遷宮は、飛鳥時代の天武天皇が定め、持統天皇の治世の690年(持統天皇4年)に第1回が行われた。その後、戦国時代の120年以上に及ぶ中断や幾度かの延期などはあったものの、1993年(平成5年)の第61回式年遷宮まで、およそ1300年にわたって行われている。2005年(平成17年)から第62回式年遷宮の各行事が進行中で、2009年(平成21年)に主要な行事である内宮に係る「宇治渡始式」が斎行され、2013年(平成25年)には正遷宮(神体の渡御)が予定されている。

― 番外編 ―

2010年に「継承」されたことを更に「学ぶ」「深める」2011年は、自分の立ち位置がより明確になって、 2012年を迎えました。

そして、2012年からは ~自身の魂のステージアップ~

自身の人生(魂)をステージアップ(転生)2012年は?大きな意味での「変動」の時に突入しました。(目に見えない時間軸では、次元の上昇が起こっています。)
私達はこれから、様々な現象をとおして「地球規模で物事を捉えていく時代」と平行して、自分の人生に真向かう“時”を迎えました。言い換えれば、意識すれば、自分の人生をステージアップ出来るチャンスの時なのです。
これは、この時代に生まれてきた私達のある意味「試練」とも「チャンス」ともいえます。(別の言い方をすると敢えてこの時代を選択して生まれてきているのです)世の中が大きく変われば変わるほど、私達の人生のステージアップの幅は大きくなります。
そんな意味では、2011年は開かれた門の入り口から数歩、歩み始めたばかり、でも2012年、2013年は2011年に開かれた道を(未知の世界へ)かなり大きく進んでいくわけです。自分自身を観察してみてください。何か変化はおきていませんか?
2012年はこの変化をしっかり観察し、受け入れることも必要です。
そして、今までは ・・・こうだった。・・・こう考えるべき。・・・こうあるべき。的思考に捉われるのではなく、素直に身体や思考や精神の変化に神経を向けてみてください。
不思議?という表現が今はもっともあてはまるかもしれませんが、何か変化に気づくはずです。
まだ、浄化しきれてない部分があると身体は痛みや熱や変調を伴います。心はモヤモヤし、猜疑心や不安にさいなまれます。(辰の例えにも記載しましたが、二枚貝が殻から具足を伸ばしている形、二枚貝が口を開けて周囲を伺うような雰囲気)今は別々の時間軸を平行して生きている感覚を感じとれば良いのです。(または、単純にそうだな~と思う)
人によって様々な感覚や認識の仕方があるかもしれませね。人には聴覚派・体感派・臭覚派とかに分かれますから。私流にいえば、何かワクワクする感覚や、心ではなく魂が惹かれていく感覚があります。
言葉が現実化する現象は皆さんも体験していませんか?または、“光”を感じる事もあるかもしれません。または、私達は目で確認をすることで納得できるなら、アクセスの方法を見つけて目で確認、あるいは音で確認していく方法もあるかもしれません。
頭から否定するのではなく、起きていること感じていることを素直に観察することです。
こんな時にはやはり注意も必要です。“魔”や邪悪“なものも入ってきますから。
もう一つの注意する所は、現実世界を疎かにしてはいけない事です。地に足が着いてなく、“感覚”だけの判断になってしまう事と(ヒーラーチェネラーに多いかもしれません・・中にはちゃんとした方々もおられますが)、自分の中心軸がブレていくこと。全ての悪いことの理由を変化の為の浄化だと勘違いしてしまうことです。何か見えることが特別な事、または、自分のアイディンティティと錯覚してしまう事。
この対策としては、色々な方法があるとは考えられますが日本の神道による「禊祓い」が良いと思われます。
・神仏への信仰心と常に祓い清めを心がけることと、産土神社・鎮守神社・鬼門結界神社での参拝
・吉方位取りを行って、自身の活力をアップする
・日拝
・満月の時に大祓い、先祖三位一体、宿命運命の改善の祝詞を奏上する
・パワーストーンを身につける(役割を持たせる&吉方位での浄化)
・マイナス思考に陥らない
・運命学と現実社会での行動・神仏の加護の三位一体のバランス → 自立した精神行動
・開運開名(これは、本名の持つ意味をきちんと把握して、自分の進む人生に必要な+の運をもったセカンドネームを持つ)神仏尊の加護が強化されます。

これは、あくまでも中村が実践してきている事ですから参考になさってください。
2012年のある時間を使って、天と繋がってみる感覚や、太陽からのエネルギーを感じたり、神と静かに対話したり、自然と一体になる感覚を味わってみてください。




2012年各九星の開運のポイント

■ 一白水星・・・今までの努力が評価される時!段取りと根回しが必勝のポイント! 
ポイント・・客観的視点にたって、冷静に謙虚な姿勢で努力しましょう!
自らの星が南(離宮)「明るく照らしだす」ことを意味する南に回座、本宮には着実性や堅実、誠実、努力の二黒土星が回座する今年の一白水星さんは、悪いことも良いことも表面化する年。
これまでの努力が実って脚光浴びる人、秘密が露見して苦しい立場におかれる人吉凶われる運です。
そして、難しいテーマに取り組むことになるかも。全てにおいて活気のある周期なので、段取りと根回しがポイント。
反面、外が活気があるゆえに、内面に悩みや苦労を抱える人も。あまり見栄をはっての行動は結果的に自らを追い込むことになります。中傷や嫉妬も受けやすい時ですから、従来どおり、人間関係に配慮し、誠実で謙虚な姿勢が大切です。
南の意「離合集散」の意味があるため、人間関係の新しい出会いや親しい人との離別も考えられます。文章契約印章事、印鑑、通帳の取り扱いは慎重に。
2月の計画3月の準備が全て!10月の評価は期待大!!(ただし吉凶はわれます)
周りへの感謝と神仏の加護への感謝を忘れずに
魅力的で周囲から注目の集まる時。出会いが多い反面、終止符の打たれる場面も。感情に流されず、自分自身を大切にして、次へのステップの踏める恋愛へ!「秘密の恋」は発覚の暗示、大人の分別が要求されます。


■ 二黒土星・・・現状維持で、ふんばる!今の忍耐と努力は後半に必ず評価されます!
ポイント・・知識や技術の吸収に勤め、実力を養う時!
自らの星が北(坎宮)(吉神四体が同座)に回座、本宮には夢や目標、発展向上を象徴する三碧木星が回座する今年の二黒土星さんは、自らの意志では動きにくく、家族や身内に関することで時間がとられ仲間から引き継ぐ仕事も増えそうです。物事が計画通りに運ばず、自分自身にネガティブな発想に支配されウツウツになりそう。
気ばかり焦って疲労感の残る暗示があります。反面、思考力に力を入れて、知識の吸収やアイディアを練るには良い時ですので、「自分を磨いて、次の10年に備える準備期間」として、前向きの努力をなさってください。また、人脈の拡大、交流の活性化には良い時期ですので、良い人達の交際は蜜にし、将来に備えて、しっかりとした基盤を築いておきましょう!堅実な財政計画、長期的な財政計画の見直し。盗難やスリ、忘れ物に注意!
不満の言葉で運気は下降・・・中盤の7月に鋭気を養い、後半12月に手ごたえを感じ、来年に繋げて!
人恋しくても誘惑には惑わされない!寂しさや焦り、同情を愛と錯覚しない。深い関係になる時期ですので段階を踏みながら愛を深める。新たな出会いは大いに期待あり!


■ 三碧木星・・・飛躍・発展へのプロローグの年!仲間意識が強くなり、周囲との関係もスムーズに!
ポイント・・周りへの配慮も忘れずに心使いや優しい気持ちを大切にする!
自らの星が南西(坤宮)に回座、本宮には信頼と縁を表す四緑木星が回座する今年の三碧木星さんにとっては、全てを前向きな思考回路で行動をおこしてみて下さい。積極性が増して、活発に活動したり、仲間意識が強くなり、周囲との関係もスムーズになります。しかし、一気に発展へと張り切りすぎてはNG!来年の飛躍のチャンスへの準備期間であることも忘れないでくださいね。
そして、周りへの配慮も忘れずに心使いや優しい気持ちを大切にすることで、周りの理解や協力をより得ることができるでしょう!金銭感覚は堅実志向で安定。サポートしてくれている方々への感謝は必要!マイホーム購入かも?
“言葉”は三碧さんにとっての自分を表す“言霊” 今年は“実のある”発言を!
後半に向かう程運気は上昇するので、実績を積む姿勢を大切にして!
今年は結婚へ繋げる交際へ。素直すぎずに、デリカシーを持つ。結婚・仕事両方をしっかりゲット!


 
■ 四緑木星・・・夢や目標に向けてのスタートの時!決断力がカギ!
ポイント・・・生来のコミュニケーション力を活かして、「人脈」を広げる時!
自らの星が東(雷宮)に回座、本宮には万物の創造、破壊の力を表す五黄土星が回座する今年の四緑木星さんにとっての今年はやるべき課題が増え、公私ともに忙しくなる年です。物事の優先順位を決めて、大事なことからを前倒しで処理していってください。巡りきた上昇運をしっかり自分のものとして捉え、今年がそのスタートであることを自覚して下さいね!迷っている暇はありません。今年は善き事が世間に広まる年でもあり、秘めた悪事は露見するなど、それぞれが歩んできた過去が悲喜こもごもの結果として顕れます。
収支計画に沿った、財政コントロールは必須!金運は上昇カーブ。事業投資などは計画にそって。交際範囲拡大に伴い出費もかさみます。
今までの誠意や実績は評価される時なので、常に謙虚さを忘れずに。人に厳しく、自分に甘くならないように!
モテ期到来!自己アピールを、相手の外見に捉われず、感性や趣味の合う人にアタック! !


■ 五黄土星・・・大きなチャンスとパワーに満ち溢れている年!
ポイント・・健全な生活リズムを保ち、何事も真摯な姿勢で向かう!

自らの星が東(巽宮)に回座、本宮には、強い意思と行動力や挑戦を象意する六白金星が回座する今年は、強い信念と持ち前の底力を活かし続けることで願望成就の気運が近づきます。積極性が功を奏しますので、何事も誠実な姿勢でベストを尽くしていきましょう!交友関係が活発化し、公私ともに良好な人関係を築きますので、人脈のネットワークを活用し、情報収集を!ただし、行動範囲が広がると共に出費が増加しますので、金銭計画を立て、お金の使い方に工夫をしましょう!
納得の出来るように着実な前進と根気と誠実さでチャンスを掴む!情報収集は必須、人との会話にもヒントあり!優柔不断な面のためらいはNG!
絶好調のラブ運!友人や仕事関係からの紹介も期待大!ネットの活用もOK!積極的な行動でゴールイン!
ただし、不純な動機はNG!


■ 六白金星・・・自身の中で「完成」を得る!
ポイント・・・現実をきちんと判断して、自分の能力を活かす。優秀な人物との交流を!
暗剣殺と歳破と共に回座する今年は、中央遁甲、最高の運勢に恵まれる年ともいえますが吉凶割れる年となります。過去数年間の生きかたや過ごし方の結果が一度総決算の形として顕れます。
これまで、目標に向かって全力を注いできた方は、実を結び、大きな成果として表れ、その反対の人は、厳しい現実にさらされる年となるでしょう!
物事の中心となり、リーダーシップを発揮する年ですから、自信過剰はNG!目標設定と成功へのプロセスを導く力は九星トップの六白さんですので、築いた地位や信用を落とさない為にも、周りの動向を把握し、表裏のない誠実な態度で臨んでください。
目の前のチャンスを見逃さず、実りの多い年にしてください!
臨時収入やツキに恵まれる年ですが、気が大きくなり、浪費に走りがちになるので、マネープランをしっかり立てること。
今だからこそ、自分自身の弱点や不備の見直し、強化は必須!
注目度がアップ!同窓会やパーティなどに積極的に参加。以前に知り合った異性との再会→交際へ!嫉妬や執着心での揉め事、不倫や三角関係などは周囲にバレNG!


■ 七赤金星・・・攻めるより守りへ。内面の充実を図る!
ポイント・・公私ともに忙しくなる年!コミュニケーションを心がけて絆を深める。利己的な行動はNG! 
自らの星が乾宮に回座(吉神一体と暗剣殺・歳破れが帯同)、本宮には継承継続や変化改善を象意とする八白土星が回座する今年は、困難や試練の多い中に学びの多い年ともいえます。心身ともに活動力が旺盛で大きな野心も描きますが、忙しいわりには実りが期待できず、もどかしさを感じ、自身喪失なんてこともあります。好調の波に乗りながら、安全確認の取れない今年の運気は、無理に趣向を求めず、周囲の状況に合わせて自分の立ち位置を決めるというような、一歩退いてのポジション作りが視点も変わり楽しめるかもです。そして、何より周囲との協力体制を大事にすることで道が開けます。大先輩、目上の方への礼儀作法にも注意を払ってください。
神仏の加護のある時ですからお墓参り、産土・鎮守神社への参拝に力を入れてください。贅沢志向に流されての出費、ギャンブルやリスクの大きな投資はNG!内面充実の為の資格取得などの投資はOK!
困難や試練の中に学ぶ楽しさを見つける。
ハイレベルな相手に魅せられる傾向。真偽を識別する理性が大事!感情のもつれ、行き違いが生じやすい今年は本来のコミュニケーション力を活かし、初心に戻り、相手を思いやる気持ちを忘れないで。


■ 八白金星・・・人間味と才能が成就する時!
ポイント・・成果を周りの人と分かち合う!口先だけの綺麗ごとはNG!
自らの星が兌宮に回座、本宮には知力と知徳。対人の離合集散の星九紫火星が回座する今年は、対人運も活発になり、活躍の場も増え、実り多い年と実感できるでしょう!
レジャー運社交運が上昇運、趣味や旅行など広範囲にわたって、交流が盛んになり、楽しみ事が多くなります。ストレスを発散し、リフレッシュするには良い時期です。
長年の緊張からの開放で気が緩み、気力や体力は下降気味の時なので、集中力不足からのミスや失言で、これまでの人間関係を失わないように注意しましょう!
金銭運は好転。支出が多い時ですので、ケチにならず収支のバランスをチェック!活きたお金の使い方を心がけて!
成果=報酬の時 次に変化運に備えての休息とバランス感覚が大切。
出会いのチャンスは多い年!友人が恋人へ昇格!ペアの人は結婚へ! 開放感を求める傾向、後で後悔のない節度ある行動を!一時的なムードに流されずに確かな選択眼で幸せをゲット!


■ 九紫火星・・・変化の年!以外な行き詰まりに焦らず好機を待ち、よき変化を創る!
ポイント・・独断専行ではなく、必ず、信頼のおける方に相談をする。下準備は念入りに!
自らの星が北東に回座、本宮には方円の器に従う適応力、適応性、順応性の一白水星が回座する九紫火星さん。
人生、運気の分岐点の年です。意外な行き詰まりにストレスも溜まりますが、ここは、冷静に状況を見極め、信頼できる方に意見を仰ぐことも得策。プライドや面子への固執から離れて、巣の自分を見つめる時間を取る、素直な自分を表現してみるのも良い時期です。
変化への対応に備えての心身のバランスは今年一番で気をつけたいこと。プラス情報集と予測の打ち立ても大事!自分流ストレスの解放を見つけ、生活にメリハリをつけ緊張感を維持してください。ある意味、機知力や適応力が冴えてくる年でもあるので、今まで不調に苦しんでいた人には環境の大転換もあります。
身内間で財産や、不動産に関するトラブルや後継者間が表面化する場合も、目先の欲に捉われずに、冷静な対処と行動を。カードでの買い物は計画をもって、無駄な投資はNG!
吉方位取りや産土・鎮守神社。鬼門結界神社への参拝に力を入れてください。変化の時には、良い導きを下さり、守護の力が増します。
過去の清算はスッキリと!心身の浄化!身辺の浄化!新しい自分に生まれ変わるチャンス!
変化が現れる年。凝り固まった理想に一度リセット!同郷、旧友、職場など身近なところ、年の離れた相手に意外な縁が~!お見合いもOK!自分のペースだけでなく、相手を受け入れる寛大さが必要な時。


*「今月の運勢」は フローリーディング研究所総合鑑定士の方が作成しております。それぞれの担当の方の日々の研鑽の結果が実って、個性的な「今月の運勢」に仕上がっているなといつも感心して拝見しております。
ホームページ上での大切なポジションを担って下さっていると心より感謝しております。ありがとうございます。
担当の方それぞれの分析力、洞察力、表現力、予知力を読み取って、皆さんにも盤が観えてくると 気学もなかなか面白く、興味深くなってくるかと思います。




平成24年開運のポイント

本年 壬辰(みずのえたつ)六白金星(ろっぱくきんせい)中宮の年のテーマは?
  ~自身の人生をステップアップ!~


今年は壬辰(みずのえたつ)六白金星(ろっぱくきんせい)の象意の表す“年”です。
今年は六白中宮のテーマである「天(神)」「活動」「施与」「完成」にそれぞれが向き合うことになります。
今年は「立つ、断つ、発つ、経つ、建つ」目標の設定と実行!今年は新(真)「リーダー」が誕生します!(・・・そうあって欲しい・・・)世代交代の時!
今年も引き続き、その身を清めて、潔くする“禊ぎ祓いの年”*“プラスα年”です。

■2012年は、「激動」「変動」「変革」「デトックス」「維新」「大始」「躍進」の “時”
■2012年は、それぞれが「天命・天職」を自覚し、その道を歩む“時”
■2012年は、「自身の人生」のステップアップの“時”
■2012年は、経済復興、税制改革と財源の確保。自身の長期的な財産管理、計画と自己年金の確保
■2012年は、ライフスタイルの変化。 創造性や精神性の高いものを求める傾向、 “環境に優しい” “ゆとり”“うるおい”を求め、精神面の充足を計る

■2012年は、2011年の「絆」を深め、人間関係を豊かにする“時”
■2012年は、(自然)災害の多い年 私達へ自然に対して謙虚になる姿勢を求める警告(地球温存)
・地球資源の節制、有効的な活用の工夫 ・“食”の見直し  ・災害時に備える心がけと管理
■2010年からの3年間は前世・宿命・運命が清まる期間。2012年も更に「禊祓い」+αの氣を感じる!
表・裏鬼門結界神社寺院参拝を!浄化能力の高い満月の時も見逃せない!
更に2012年からの3年間は、それぞれのステージに合わせた「禊祓い」へ
「フローリーディング研究所」「各カルチャー」においての講座は以下の今年のテーマを軸に開運のポイントを「主眼」において、講座提案をしていきます。


1)2012年は、「激動」「変動」「変革」「デトックス」「維新」「大始」「躍進」の “時”
大きな変化の波の中にいる、世の中のデトックス現象の時ともいえます。このエネルギーは2013年をピークに更に力が高まります。この2年間で起きることは、日本だけでなく世界全体、地球全体での大きなものです。私達の意識革命はもちろんのこと、政治、経済の動向も大きなうねりを感じさせます。
*自身をプロデュースするツールの活用

2)2012年は、それぞれが「天命・天職」を自覚し、その道を歩む“時”
*日本人として生まれてきた宿命の中に「天命・天職」があります。今ある環境の中で自分の出来ることを行動し、心から喜べること、好きなことを特化していくことで「天命・天職」が自覚できます。
志をもった生きがいは自分の存在意義になります。
宇宙の大いなる意思に基づき、神仏の大いなる守護のもと、宇宙のバイオリズム(道理)に順応し、自分の得意分野を活かして、神仏を含めた自然界・人間界・社会に調和をもたらす働きが「天命」です。
それを仕事にした場合、「天職」となります。
一言で天命といっても掴みにくいかもしれませんが「天命」には、2種類のタイプがあります。
「天職で、天命を行っていく生き方」と
「生き方で天命を歩んでいく生き方」があります。
全ての人が仕事という形で天命を行うのではなく例えば、主婦は、家族を支える形で精神、文化、霊性面は自分が担当し、家族の守護や家運をアップさせる事や地域活動やPTA、ボランティア活動に貢献するなど携わり方は多方面にあると思います。
貴方はどんな形で「天命」を歩んでいきますか?

2012年は個々の生きかたを模索して、更に天命・天職・使命を志とする人が増えていくでしょう!
それぞれが自分の人生に真剣に真向かう“時”です。知識や技術面での向上に関心も集まります。
資格取得を図り、働く場の拡大に力を入れて行く事も必要になってきます。

あなたがあなたで輝く為の「マイプログラム」 ヒューマンデザインリーディングで自分の可能性を探る
神道易からみた貴方の七つの指針 
*天命・天職講座

3)2012年は、「自身の人生」のステップアップの“時”
これからは年齢別というより、価値観、志向や生活層で分かれていきます。自分と同じ志をもっている人々との出会いも生まれます。志を同じくした共に歩む仲間を持つことです。
志は、2011年に既に自身の中心軸として打ち立てた事と思います。2012年はその中心軸がブレずに、共に歩む仲間と励まし合い、切磋琢磨しながら自分の人生をステップアップする時です。

*コミカレ講座 8月12日(日)10:30~12:00  宿命・天命・天職について

4)2012年は、経済復興、税制改革と財源の確保。自身の長期的な財産管理、計画と自己年金の確保。
2012年はこの震災が及ぼした影響の全貌が見えてくるとともに、その影響は2012年も強く、国政を初め、様々な分野に波及し、それに伴う損害は日本全土に広がっていくものと考えられます。復興には莫大な資金と労力が必要です。復興財源と保障改革のために財政改革は必至。また復興問題だけでなく、税や社会保障問題、国防など取り組む問題はたくさんあります。閉ざされた情報開示も要求されるでしょう。
また、私達の生活も同様に今一度、自身の長期的な財産管理と自己年金の確保をしましょう。
(可能な方は、)セカンドビジネスも視野に入れて準備する、または、進行させましょう。

*コミカレ講座 8月12日(日)10:30~12:00  お金を思考、現実化する

5)2012年は、創造性や精神性の高いものを求める傾向、
 環境に“優しい”、日常に“ゆとり”“うるおい”を求め、 精神面の充足を計る

 2011年の「絆」を深め、人との縁を大切にし、信用を築く、「人間関係」を
 豊かにする“時”


6)2012年は、(自然)災害の多い年。私達へ自然(地球)に対して謙虚になる姿勢を求める警告 
 ・地球資源の節制、有効的な活用の工夫 
 ・“食”の見直し 
 ・災害時に備える心がけと管理


年の核施設の事故や放射能物質の海中投棄、汚染水の危険など環境汚染については引き続き警戒を強めるべきでしょう!
加えて、有識者らの様々なコメントの中には、将来的なリスクに目を背け、言葉巧みに利益誘導への正論(?)で洗脳する事も考えられるでしょうから、政府、東電の情報開示は必要であり、私達も次世代への責任としても真向かう一つの案件であることは間違いありません。
今年の気候については、晴天が続くわりには、気温があまりあがらない傾向。または、長雨による土砂崩れや台風による風水害(竜巻も)、熱波による干ばつなどが心配されます。場所によって雨が多かったり、少なく日照り状態になるところもあるというような、水や太陽や風による影響の与え方に違いがでます。
空気乾燥による大火災、石油コンビナートでの爆発も懸念されます。
自然災害の恐怖は、私達の心に深い傷跡を残しました。
今年も世界的に「水」「風」「火」を象徴する災害が起こりえる事が予想されます。
一国という範囲ではなく地球規模の被害も懸念されます。農作物や漁業に影響を与え、物価の高騰も考えられます。私達の“食卓”に変化が生じ、いずれ訪れるであろう“食”への危機を感じるかもしれません。
昨年も記載しましたが、自然に対して、更に謙虚な姿勢になる時代への移行と次世代以降の地球との関わり方を警告されているように感じます。
私達は敏感に天候を予測した事前対策を行動に移しましょう!また、災害時に備える心がけと管理を怠らにようにしましょう。

*世界で相次ぐ指導者選挙 政治経済はどう変わるか?(日本も変わるのか?)
*ユーロ危機→世界同時不況? *債務危機国の償還は2012年山場 
*二極化の激しい米国社会
*ASEAN経済の成長は?(タイ洪水の残したもの・・・サプライチェーンの持続性)
*IT業界戦は?*世界に広がる高齢化→世界人口100億人へ(*金正恩氏後継北朝鮮は?)
*迷走民主党?小沢一郎の動向? *衆参解散か? 強まる国民負担 *カジノ設置?
*TPP推進→ETAAPへ *エネルギー政策大転換期
*韓国オンラインゲーム大手のネクソン 東証上場 *米国産牛肉の輸入緩和制度 
*新興国減速と円打撃トヨタ国内生産環境は?*円高は進むのか?(危機or勝機?)
*4パーセント台の失業率 
*国内株価10000円回復は?為替相場?(1ドル70円台で固定?)*スマホ市場
*再生可能エネルギー元年になるか?(地・風・太陽光)*国内線LCC就航の影響は?
*日本車の大転換期 *買い手には有利なマンション市場 *都心でビル開発ラッシュ
*IFRSの強制適用か?*課題多し福島原発、除染問題 *お米は安全か?
*原子力発電所の定期点検、ストレステストへ →原発停止か?
*世界遺産(鎌倉・富士山?)*医療介護同時改定*大卒就職率は?

7)「天・地の氣」を受け取る「吉方位取り」を積み上げていく。
 足りない運氣は自らが取りに行きましょう! 「吉方位」での「神社参拝」


方位別開運法 ー 今年の「盤」の表す「運気」は? ー

「天・地の氣」を受け取る「吉方位取り」を積み上げていく。
足りない運氣は自らが取りに行きましょう! 「吉方位」での「神社参拝」

吉方位の神社へ行った時には、自己の祈りだけではなく、神様への感謝・開運・地球の調和・人類の平和の祈りプラス 宇宙意識へつながる祈りもいたしましょう!!

方位によって、「運気」が異なります。今年のそれぞれの方位の「運気」は・・・?それぞれの目的にあった「方位」の選択と「自身の吉方位」での「吉方位取り」で運気をさらにあげましょう!!
吉方位取りで誤解しがちなことは、「大吉方位」だけ、「月盤・日盤の重ね」だけが、吉方位取りではないことです。日盤(日にちの行動)、時盤(時間の行動)でも、吉方位取りはできます。
現代社会において、私達は常に【移動】という現象がついてきます。だから、日々を過ごす中で、意識して吉方位へ行動することは、何も意識せずに移動するのでは、潜在意識に働く力が違ってきます。
多くの占術のなかで、唯一、「対処法」を備え、「自らが行動するだけで運気が変われる」のは、気学(運命学)のみです。実践が行動を促し、運命を変えていくのは、まさに2010年~2012年にぴったりの開運法であると。感じています。是非、机上の空論にならず、まずは、「行動」することから、自らの「運命改革」をしていきましょう。

(1)今年の「盤」の表す「運気」は?


・東南に五黄土星
・北西に暗剣・歳破
・南・北 天道
・南(水火殺)
・小児殺 
(全て五黄の方位)

(2)2012年の「方位」の表す「運気」です

東南
今年は年盤での使用はできません。月盤・日盤での吉方位のみお使いください

北西
今年は年盤での使用はできません。月盤・日盤での吉方位のみお使いください


 今年は年盤での使用はできません。(水火殺すいかさつ)
 月盤・日盤での吉方位のみお使いください 


「健康」「愛情」「家庭円満」「思慮深さ」「計画性」「研究心」が養われます。「妊娠」の方位
・社会活動によって世に出るきっかけをつかむ ・サイトビジネスで予想以上に収入が得られる
・学問や研究が進む ・営業成績の向上、部下運が良くなる
・運気が上昇し、土地や不動産を得るチャンスあり ・勤労意欲が高まり良い人材に恵まれます
・家庭円満になり、不動産を得るチャンスに恵まれます


「発展」や「頑張る力」がつく方位。すぐれたアイディアやひらめきに恵まれます。「宣伝」「発表」にも良い方位。アンチエイジングの効果も期待できます。コミュニケーション力がつく
・目的希望の達成・商売の発展 ・信用が増す ・恋愛結婚のチャンス
・活気がみなぎり、言動が活発になって実力を発揮できます

西
「遊び」や趣味、恋愛など「楽しみ」「喜び」を司る方位。
・知人の援助により事業も発展し金運を得る ・万事好調な運気を招く 金運吉。
・交際上手になって、仕事が発展、営業成績の向上 ・親戚や知人との関係もスムーズになる
・コミュニケーション力アップ! ・現金収入も増えて蓄財につながります

南西
商談・縁談・不動産の利 勤労意欲が増す 信用を得る
・商売や事業が栄える ・先輩や友人の後援で名声が上がり人気が高まる
・陰気だった身内や家族内が急に明るくなる・家庭円満
・既存のもに新しいアイディアを加えて成功します
・部下が良く働いてくれる為、業績がアップする

北東
組織編成、転職、就職、結婚、相続の好機 後継者に恵まれる
・栄転昇進 ・転職,脱サラがうまくいく ・不動産所得,住居の改築,改造が思うように運ぶ
・相続の利 ・良縁  ・マイナスの対人関係が一婦され、有益な人との交際が始まります
・新企画を実行し、周囲から評価を得て、地位が上昇し、収益も増加します
・有益な人脈を築き、頭が冴えてアイディアが成功します・良い変化をつくりだします

(3)今年、全ての人が使えない方位 (但し「月」の吉方位では使えます)

■五黄殺 
 誰に対してもの大凶方 事故 病気 トラブルなどあらゆる凶殺を招きます
 東南 五黄殺 
 発展を阻まれ激しい変動にあう 交通事故に遭遇する(重症・死に至る)
 火災(自火)が起こる 口による災い  肝臓・喉頭・足
■歳破  
 誰に対してもの大凶方 物事が全て破れ、思惑どおり運ばない方位。
 順調に進んでいたことが成就寸前で180度ひっくりかえってしまう現象が起きる
■暗剣殺
 誰に対してもの大凶方 予想外の災いが突発的にふりかかってきます。

 共に今年は北西方向
 ・強盗や暴力の被害・交通事故 ・不倫の恋による破滅 ・新規事業の失敗
 ・後援者との金銭の事での争い
 ・投機による破産・口論からの刃物沙汰・手術のミスによる死

■水火殺 南
 今年は年盤での使用はできません。(水火殺すいかさつ)
 *水火殺の見方
 ・将来の見通しがたてられない。
 ・分析力、判断力が欠如し、勝手な思い違いで大きな失敗をする
 ・親しい人との生別、死別に遭遇
 ・異性関係のトラブルで、名誉や地位が傷つくことがあります
 ・盗難にあったり、隠し事が見つかったりします。
 ・眼や心臓の病気にかかりやすくなり、突発的な事故や大怪我で手足を切断することもあります。      
 月盤・日盤での吉方位のみお使いください 

他 本命殺、本命的殺にも注意してください。

●「行動」がともなうものには、すべて「方位」がともないます
●方位は毎年、毎月、毎日 変わります
●「月の吉方位」、各九星の「運気」は詳しくは「フローリーディング」今月の運勢(今月の吉方位)をご覧ください。
●自身吉方位を知る ・目的別・願望別 ・「神社編」 吉方位と効果活用法 吉方位開運ツアー他 講座

7)開運・開名(改名)

開運改名については、「姓名」=「生命」を基本としています。名前には生命が宿り、氣を発しています。名前とは"言語宇宙(波動)"の最も基本になるものです。フローリーディング研究所の開運開名姓名学は言語宇宙の波動学ともいいます。先祖の想念が子孫に"形"となってあらわれるのが姓名です。(先祖からの"霊的DNA")
1.仏尊が守りやすくなる
2.天命を歩みやすいセカンドネームを持つのも良いでしょう。天命を歩みやすい名前は、
  神仏の加護を受けやすい名前でもあります。
  良い名前は特に仏尊の加護を受けて、人生を好転・開運させます

*今年も開運開名講座を企画します。受講希望の方はご連絡ください


8)「行動計画」をたてること。また「手帳」・「日記」の活用を工夫する。
  「メモ」を取ること
 

*氣学手帳の活用
 例
 ・「自身をプロデユースする」の目的・目標の設定を書き込む。
 ・年間のスケジュールを書き込む。
 ・プライベートと仕事は同じ手帳で管理する。
 ・自分の吉方位を書き込む。
 ・その日の出来事を書く。反省することで改めて成長する自分を創る。
 ・自分のバイオリズムを観る。健康の状態も書き込む。
 ・心の記録を残す・・・感動を書き込む。
 ・目標に日付を入れる
 ・1日単位・週単位・月単位 で、やることリストをあげる。行動を書く。
 ・「うまくいったこと」「いかないこと」を1週間に1度チェックする。

"自身をプロデュースするツール"をご活用ください。
 ・年間ツール ・月間ツール ・満月、新月シート


9)「パワーストーン」の活用

「六白金星」の象意からは、「原石」があるように、また、これからの時代背景を考えると
 ・自身の身の守護 ・神仏からの加護 ・邪悪なものを寄せ付けない
 ・自分の目標に力添えしてくれる石  ・方位除け要素の含んだもの

今年は特に
 ・丸玉、水晶(龍)の彫り、大きくて立派な石のもの
 ・ブレスレットまたは、携帯ストラップ、
  方位除け専用のブレスレット(既存のブレスレットと重ねてします)
 ・既存のネックレスを利用してのヘッド などがお勧めです。

吉方位でのパワーストーンの活用は身近に出来る開運法の一つです。
改めて、実感して頂きたいものです!
今年のパワーストーンは2012年の気運に対応した石を選んでおります。

◇2月12日(日)10:30~12:00 本年のパワーストーン コミュニテイカレッジにて行います
◇3月3日(金)3月4日(土)11:00~16:00(全て予約。時間外は要相談) 
 2012年パワーストーン展示会をAMANA2階にて行います。
 *同時開催 開運カフェ
◇今年の石 企画作品のオーダーも承ります。

本年のパワーストーン・目的願望パワーストーン 
●2012年パワーストーン 石・意味は2/12以降にHPアップ!


*専門的な分野になりますが・・・・・
(こちらは興味があれば、直接お尋ねください)

ヒプノセラピー
「過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと (北東一白"ルーツを探る")
「過去―現在―未来」、前世の自分自身からの"メッセージ"を受け取ってみましょう!

*ヒプノセラピーセッション

産土神社・鎮守神社リサーチ(自分・父母)、産土神社・鎮守神社21日参拝と菩提寺に参拝
生かされている事の感謝。内在神に目覚めることで、より豊かに輝く人生をおくりましょう!
(北西八白、南二黒 "ご利益信仰"ではない、根本的な清めに入る。信仰心の確立。)
*産土神社・鎮守神社リサーチ・・・・「産土神社開運法」をご覧ください

「神・仏・自身」「天・地・自身」「過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと。
「神仏・運命学・現実」を現実化していく"時" 
(北東一白・北西八白)
*三位一体は「神仏」「氣」「現実」を表す。
・「神仏」= 守護の神仏  日拝・自身拝・産土信仰(鎮守、守護)
・「気」 = 宇宙、大自然の運行を含めた気のことで「運命学」(気学も含まれます)
・「現実」= 現世(今生)お金・健康・実現化
「神仏」「気」「現実」「三位一体」はどれ一つも欠けると、バランスがくずれていきます。
天地の道理・法則から、「運命学」を学び、生きている中での多くの「選択」を自分で導き、「開運」し、「現実生活」を豊かにすることを自身でプロデュースしていきましょう。
*「開運」とは心と人生、お金が豊かになり、経済的・精神的自由を得て、ゆとりをもって社会的貢献(地球、大自然)を行う事です。

2010年からの3年間は前世・宿命・運命が清まる期間。
2012年も更に「禊祓い」を+αの氣を感じる! 表・裏鬼門結界神社寺院参拝を!
浄化能力の高い満月の時も見逃せません!
(北東一白、北西八白)

更に2012年からの3年間は、それぞれのステージに合わせた「禊祓い」へ

神道は祓いで始まり、祓いで終わるといわれていますが古神道には禊(みそぎ)と祓い(はらい)があります。ミソギは身削ぎであり、内部のケガレを出すことで「内清浄」(ないしんじょう)といいます。ハライは外からのケガレを祓うことです。「外清浄」(げしんじょう)といいます。内と外をあわせて、ミソギハライになります。多くの人達は漠然と、さまざまな運命現象(トラブル、不幸、事故など)は外からふりかかってくる災厄のように捉えています。しかし、空亡や厄年の現象からもわかるように、自分の運勢や運の質によって、ある程度人生がきまってきます。気学では生まれ月の月盤から、先天運を観ることができます。
2010年~2012年は、この自身の運命の改善も可能と出来る年ともいえます。陰と陽のバランス、陰陽調和が大切といわれています。
2010年は「禊祓いの年」としての運命改革を推し進めてきましたが2011年も同様に「禊祓いの年」です。北東一白、北西八白の影響で、2010年自らの「禊祓い」から、先祖や自身の前世を清める力が働きます。
そして、2012年は、もっともエネルギーの高く(日本は鬼門を通過します)、「禊祓い」から、自身の運命の改善を計ることができます。
加えて、2012年からの3年間は、それぞれのステージに合わせた「禊祓い」と進化します。
(こちらについての詳しい内容は、満月の会、進化的輪廻転生講座にご参加ください)

満月の会 ●日本の神社・神域紹介 神様関連講座 ●厄年 空亡について
吉方位開運ツアー  ●産土神社・鎮守神社参拝 ●表・裏鬼門結界神社・寺院参拝
●神道リサーチ(個別鑑定)

フローリーディング研究所 中村彩祐子
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.