生命の言葉 2012年
生命の言葉(東京都神社庁から)

●2012年1月

年頭 まずは自ら意気を新たにすべし 安岡正篤(やすおか まさひろ)


●2012年2月

僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る 高村光太郎

*自ら進む道は自分の力で切り開いていかなくてはいけない。その歩みを続けていった結果が「人生」という一本の道となる


●2012年3月

つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの 相田みつを

*人間は失敗する。その能力に限りがあるからである。また、人間は挫折する。夢やあこがれを抱く存在だからである。失敗も挫折も、それが人間である証と思い、乗り越えていかなくてはいけない。


●2012年4月

至誠にして動かざる者は 未だこれ有らざるなり 吉田松陰

*誠意を尽くして事にあたれば、どのようなものでも必ず動かすことができる。物事や人を突き動かす上で「誠」の心がいかに大切かを説いた言葉。


●2012年5月

和魂漢才 菅原道真

*日本人としての魂を忘れずに、祖国を愛する心を持ったうえで、世界人として国外に広い知識を求めて勉強せよという教え。


●2012年6月

人の親の心は闇にあらねど 子を思う道にまどひぬるかな 藤原兼輔

親の心は夜の闇ではない。しかし、子どものことを思うと、まっくらな闇を進むようで、迷い、途方に暮れるばかりである。


●2012年7月

自分のしている事が、自分の目的(エンド)になっていない程苦しい事はない 夏目漱石

*目的と手段が直結しづらい世の中。目的や生きがいを持てずに仕事を続けるのは大変な苦痛である。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.