平成24年 今年後半の運勢
平成24年は壬辰(みずのえたつ)六白金星(ろっぱくきんせい)の年―
本年 壬辰 六白金星中宮の年のテーマは?


~自身の人生をステップアップ!~

今年は壬辰(みずのえたつ)六白金星(ろっぱくきんせい)の象意の表す“年”です。
今年は六白中宮のテーマである「天(神)」「活動」「施与」「完成」にそれぞれが向き合うことになります。
今年は「立つ、断つ、発つ、経つ、建つ」目標の設定と実行!
今年は新(真)「リーダー」が誕生します!(・・・そうあって欲しい・・・)世代交代の時!
今年も引き続き、その身を清めて、潔くする“禊ぎ祓いの年”*“プラスα年”です。

→平成24年全体の運勢はこちら



1.来年平成25年度は?

来年平成25年 癸巳(みずのとみ)五黄土星(ごおうどせい)中宮の年
平成25年度は、平成24年度にステップアップした自分の運気と向き合い、自分らしく生きる時です。


「癸」(みずのと)は、陰の極であり、外気いまだ極寒の域を脱せず草木は地中に力を養って伸発の時を計っている時。
「巳」は東南、南より30°間。陽気「巳」すでに至り、ここに陽気の伸長もとどまるとし、陽極まって陰生ずるの易理。
「五黄土星」は太極、、中央、天災、異変、破壊、損害、腐敗、強欲、暴行、頑固、支配、を表します。

2.来年平成25年度を見据えての今年後半の過ごし方は・・?

・24年度の開運のポイントを今一度見直してみます。

■2012年は、「激動」「変動」「変革」「デトックス」「維新」「大始」「躍進」の “時”

大きな変化の波の中にいる、世の中のデトックス現象の時ともいえます。このエネルギーは2013年をピークに更に力が高まります。この2年間で起きることは、日本だけでなく世界全体、地球全体での大きなものです。
私達の意識革命はもちろんのこと、政治、経済の動向も大きなうねりを感じさせます。

自身をプロデュースするツールの活用
●大きな変化を迎えている今、何を大きく変えていきたいですか?

■2012年は、それぞれが「天命・天職」を自覚し、その道を歩む“時”
■2012年は、「自身の人生」のステップアップの“時”


*日本人として生まれてきた宿命の中に「天命・天職」があります。今ある環境の中で自分の出来ることを行動し、心から喜べること、好きなことを特化していくことで「天命・天職」が自覚できます。
志をもった生きがいは自分の存在意義になります。
宇宙の大いなる意思に基づき、神仏の大いなる守護のもと、宇宙のバイオリズム(道理)に順応し、自分の得意分野を活かして、神仏を含めた自然界・人間界・社会に調和をもたらす働きが「天命」です。
それを仕事にした場合、「天職」となります。
2012年は個々の生きかたを模索して、更に天命・天職・使命を志とする人が増えていくでしょう!
それぞれが自分の人生に真剣に真向かう“時”です。知識や技術面での向上に関心も集まります。
資格取得を図り、働く場の拡大に力を入れて行く事も必要になってきます。

●今、自分が感じている「天命」とは・・・・?
感じていること あるいは 心がわくわくすることなどを書きだしてみましょう~!

●自身の天命について意識できましたか?具体的に書いてみましょう!

●10月がステップアップのチャンスです。何を自分はステップアップさせたいですか?


*あなたがあなたで輝く為の「マイプログラム」
 ヒューマンデザインリーディングで自分の可能性を探る
*神道易からみた貴方の七つの指針 
*天命・天職講座
*~あなたの人生を変化させる気付きのリビング・ユア・デザイン~
 もっと自分らしく生きたい!もっと自分を活かしたい!と思っているあなたには、
 ぴったりの講座です。
 ヒューマンデザインの知識がすべて集約されている国際標準(日本語版)のテキスト
 (A4版カラー約260ページ)を もとに講座を展開します。
  →開講詳細はこちら

■2012年は経済復興、税制改革と財源の確保
自身の長期的な財産管理、計画と自己年金の確保


私達の生活も同様に今一度、自身の長期的な財産管理と自己年金の確保をしましょう。
(可能な方は、)セカンドビジネスも視野に入れて準備する、または、進行させましょう。

●自身の長期的な財産管理と自己年金の確保はできていますか?
●エンディングノートは活用されましたか?
●保険等の見直しはされましたか?
●セカンドビジネスの準備はしていますか?予定はありますか?


■2012年は、ライフスタイルの変化。創造性や精神性の高いものを求める傾向、“環境に優しい” “ゆとり”“うるおい”を求め、精神面の充足を計る“時”

●“環境に優しい” “ゆとり”“うるおい”を求め、精神面の充足を計る“ことをしていますか?
 どのように望みたいですか?


■2012年は、2011年の「絆」を深め、人との縁を大切にし、信用を築く、「人間関係」を豊かにする“時”

●前半気づいたことはありますか?
●後半どう望みたいですか?


■2010年からの3年間は前世・宿命・運命が清まる期間。
2012年も更に「禊祓い」+αの氣を感じる!
表・裏鬼門結界神社寺院参拝を!浄化能力の高い満月の時も見逃せない!
更に2012年からの3年間は、それぞれのステージに合わせた「禊祓い」へ


●禊祓いは心がけていますか?
●どんな取り組みをなさいますか?



・これからの時代を創る、新たな価値観が生まれてくる為のデトックス

2012年は「激動」「変動」「変革」「デトックス」「維新」「大始」「躍進」の“時”と記載しましたが、大きな変化の波の中にいる、世の中のデトックス現象の時ともいえます。
このエネルギーは2013年をピークに更に力が高まります。
この2年間で起きることは、日本だけでなく世界全体、地球全体での大きなものです。
私達の意識革命はもちろんのこと、政治、経済の動向も大きなうねりを感じさせます。小手先だけでの改革では変えられないことを世論の力でトップを動かしていくことになるかもしれません。
改革運動、デモ、様々な事件が世論を賑わす兆しがあります。
日常生活では、交通機関での事故、レジャー施設での事故、繁華街、人通りでの通り魔事件、強盗・暴力事件、などにも注意が必要です。海外先、留学先でのトラブル、事故にも要注意です。

・2012年の傾向

天命・天職・使命を意識する人が増えていく

2011年は、生命を大切に自分の人生を全うして生きていきたい、絆を深めていこう!と意識した人が多かったのではないでしょうか?
そんな中で、2012年は個々の生きかたを模索して、更に天命・天職・使命を意識する人が増えていくでしょう!
それぞれが自分の人生に真剣に真向かう“時”です。
共存共栄の時代へと移行していく道すべです。
これからは年齢別というより、価値観、志向や生活層で分かれていきます。自分と同じ志をもっている人々との出会いも生まれます。志を同じくした共に歩む仲間を持つことです。志は、2011年に既に自身の中心軸として打ち立てた事と思います。2012年はその中心軸がブレずに、共に歩む仲間と励まし合い、切磋琢磨しながら自分の人生をステップアップする時です。

そして、2013年は伊勢式年遷宮も「遷御」の儀斎行を迎えます。
この大行事が一つの節目となって、これからの時代20年間が始まります。
そういう意味からもこの2012年の天命・天職・使命を自覚し、その道を歩み始める今年は「大始」とも考えて良いでしょう。

どうぞ皆様方におかれましても「今年の気運」を捉えて、新しい年に向けての努力、行動が次期を創っていきますように。辰は龍とも現わされ、まさしく龍神が空を駆け上るが如く、私達の運気も上昇の気流に乗っていきましょう!
2012年は人生のステップアップの時です。自分の前世を越える現世を創っていきましょう!
『大始』の築ける平成24年壬辰六白中宮の年でありますように。




3.各九星の後半の過ごし方のポイントは・・?

*今年の運気を知る事、年間の遁甲(流れ)を知って、年・月の行動目標を具体化しましょう!
 (「自身をプロデュース」ツールを使用)
*吉方位計画、参拝計画を立て、実際に行動しましょう!
 (産土神社・鎮守神社・鬼門結界神社・関東五社巡り・方位除け・祈祷祭参加など)

◇各九星の8月から25年1月までを見据えての“行動テーマ”と “ポイント月”


◆10月は重ね月、それぞれのステージにあった、人生のステップアップの時ですから
 各8月・9月・は10月にむけて、計画、行動を心がける。
◆11月、12月、1月は、今年の2月、3月、4月の運気を省みて、生かす運気の過ごし方を
 心がける。
◆11月は来年を象徴する盤。気づいたことは、メモに取る。客観的に動向を見つめる。
◆25年1月は25年の盤も意識して、運気の移行をスムーズに運ぶ


ー 2012年各九星の開運のポイント ー

一白水星・・・今までの努力が評価される時!段取りと根回しが必勝のポイント!

【ポイント】
・客観的視点にたって、冷静に謙虚な姿勢で努力しましょう!
・周りへの感謝と神仏の加護への感謝を忘れずに
・南の意「離合集散」の意味があるため、人間関係の新しい出会いや
 親しい人との離別も考えられます。


2012年にむけての2月の計画3月の準備が全て!でしたが、いかがでしたか?
8月は一旦休憩、鋭気を養い9月の変化の波に乗ること。
10月の評価は期待大!!(ただし吉凶はわれます)
11月12月は来年に向けての反省と計画、準備にあててください。

二黒土星・・・現状維持で、ふんばる!今の忍耐と努力は後半に必ず評価されます!

【ポイント】
・知識や技術の吸収に勤め、実力を養う時!
・不満の言葉で運気は下降・・・中盤の7月に鋭気を養い、後半12月に
 手ごたえを感じ、来年に繋げて!
・思考力に力を入れて、知識の吸収やアイディアを練るには 良い時ですので、
 「自分を磨いて、次の10年に備える準備期間」として前向きの努力を
 なさってください。


8月の北東遁甲は、今年の中でもキツイ時かもしれません。ここをどんな変化、改革をもってくるかで今年後半の分かれ目となるかもしれません。
9月は判断力が求められます。いらないものは捨てること。
10月は人の世話や陰徳を積む。今後の計画に集中。
11月はその準備、第1段階。12月の動きを見て、1月の問題提議を真摯に受け止め25年に繋ぐ。
後半は今後10年間への足がかりとなる半年ですから、浮つきをなくし、目標を定めて、着実に進むことです。

三碧木星・・・飛躍・発展へのプロローグの年!仲間意識が強くなり、周囲との関係もスムーズに!

【ポイント】
・周りへの配慮も忘れずに心使いや優しい気持ちを大切にする!
・一気に発展へと張り切りすぎてはNG!来年の飛躍のチャンスへの準備期間で
 あることも忘れないでくださいね。
・“言葉”は三碧さんにとっての自分を表す“言霊” 今年は“実のある”発言を!
・後半に向かう程運気は上昇するので、実績を積む姿勢を大切にして!


10月の南西遁甲までには、25年に何を自分の中で発信していくかを決めておくと良いですね!ある意味25年は自分に とって飛躍のチャンスの時ですから、後半はその準備を進め、チャンスを掴んでください。
8月は特に人間関係の関わりを見直す。今年を意識して、後何が足りないかを見極める。9月は25年を見据えての行動計画。 10月は準備、準備!根回し。行動。11月は初めの一歩のスタート。情報収集。12月は人との関わりを学ぶ。1月は天命を意識し、いよいよ25年のスタートに向かいます。

四緑木星・・・夢や目標に向けてのスタートの時!決断力がカギ!

【ポイント】
・生来のコミュニケーション力を活かして、「人脈」を広げる時!
・今までの誠意や実績は評価される時なので、常に謙虚さを忘れずに。
 人に厳しく、自分に甘くならないように!
・物事の優先順位を決めて、大事なことからを前倒しで処理していって
 ください。


今年の大きな意味でのチャンスが10月にやってきます。迷わず決めたことに邁進してください。
8月9月は10月に向けての準備を怠らず。11月、人間関係には要注意!11月の過ごし方は25年のヒントにもなります。12月は、天命を意識する。さらなる飛躍の気を受ける。1月は誠実さ、謙虚さを忘れずに。

五黄土星・・大きなチャンスとパワーに満ち溢れている年!

【ポイント】
・健全な生活リズムを保ち、何事も真摯な姿勢で向かう!
・納得の出来るように着実な前進と根気と誠実さでチャンスを掴む!
 情報収集は必須、人との会話にもヒントあり!優柔不断な面のためらいは
 NG!強い信念と持ち前の底力を活かし続けることで願望成就の気運が
 近づきます。積極性が功を奏しますので、何事も誠実な姿勢でベストを
 尽くしていきましょう!


運気が良い時なので、8月は健康管理に留意しながらも後半に向けての準備に力を注ぐこと。この月の過ごし方が吉凶を決めます。
9月10月は上昇気運ながら“破”が帯同。いつもよりは、慎重な行動を心がけて、細部までに神経を巡らせる事。
謙虚さを忘れずに。神社参拝を心がける。11月は天命を意識して、人生のステップアップを図る。12月は時間にゆとりを持ち、行動にあたること。
1月の評価が25年に向けての行動の指針となります。

六白金星・・・自身の中で「完成」を得る!

【ポイント】
・現実をきちんと判断して、自分の能力を活かす。優秀な人物との交流を!
・今だからこそ、自分自身の弱点や不備の見直し、強化は必須!周りの
 動向を把握し、表裏のない誠実な態度で臨んでください。
 目の前のチャンスを見逃さず、実りの多い年にしてください!

後半のポイントは8月。目の前のチャンスを見逃さず、実りの多い年にする為にも8月は迷わずスタートをかけてください。
9月の問題点には目をそむけずにきちんと処理をすること。
10月は天の加護を感じながら周りへの感謝を忘れずに。
12月の評価を基に1月は25年に向けて、シフトを合わせる事。

七赤金星・・・攻めるより守りへ。内面の充実を図る!

【ポイント】
・公私ともに忙しくなる年!コミュニケーションを心がけて絆を深める。
 利己的な行動はNG!
・困難や試練の中に学ぶ楽しさを見つける。
・今年は神仏の加護のある時ですからお墓参り、産土・鎮守神社への参拝に 
 力を入れてください。


8月は周囲との協力体制を大事にすることで道が開けます。大先輩、目上の方への礼儀作法にも注意を払ってください。9月は志を打ちたて新たな気持ちで望んでください。10月は要注意の時。慎重に神社参拝を忘れずに。11月の評価を基に12月は立て直し、1月は捨てれるものは捨てて、身奇麗な月とすることで、25年の新気がやってきます!

八白土星・・・人間味と才能が成就する時!

【ポイント】
・成果を周りの人と分かち合う!口先だけの綺麗ごとはNG!
・成果=報酬の時 次に変化運に備えての休息とバランス感覚が大切。

好調な運気の八白さんの前半はいかがでしたか?好調さにあぐらをかかず、8月は自分の運命を認識し天命を自覚してくだ さい。
9月は目の前の損得ではなく長期的な展望を見据えることが肝心。
10月は最高の実りを迎えることになるか・・? 神仏、周りへの感謝の気持ち忘れずに。
11月、12月はいらないものの選別を12月の判断ミスには要注意。
1月は25年に むけての計画作り。

九紫火星・・・変化の年!以外な行き詰まりに焦らず好機を待ち、よき変化を創る!

【ポイント】
・独断専行ではなく、必ず、信頼のおける方に相談をする。
 下準備は念入りに!
・過去の清算はスッキリと!心身の浄化!身辺の浄化!新しい自分に生まれ
 変わるチャンス!
・吉方位取りや産土・鎮守神社。鬼門結界神社への参拝に力を入れて
 ください。変化の時には、良い導きを下さり、守護の力が増します。


8月は慎重に事をすすめてください。特に目上の方とのトラブルには注意です。9月はゆっくり鋭気を養うこと。10月の変化運をいかに良い方向へ導くかは、9月がポイントになります。プライドや面子への固執から離れて、巣の自分を見つめる時間を取ること。10月の変化はおもいきって!今まで不調に苦しんでいた人には環境の大転換もあります。11月は、新しい発見とともに25年に向けてのヒントがあるかも。12月は25年にむけての行動計画をし、1月はその準備に向けることです。
25年のスタートはすぐ目の前ですので、そのチャンスを逃さないこと。




「天・地の氣」を受け取る「吉方位取り」を積み上げていく。
足りない運氣は自らが取りに行きましょう! 「吉方位」での「神社参拝」


各遁甲に併せて、守護の神仏に参拝しましょう! - 遁甲表に記入する
自分の後半の遁甲、空亡に併せて、参拝計画をたてます。 ~同時に吉方位計画も

*吉方位方位取りについて、一言
身体の中に“磁気単極子”があるそうです。自分の運命を導いてくれる “ナビゲーション”の役割です。
吉方位取りにはこの“磁気単極子”が正常に動いてくれる事を促してくれている=運身を上げるということです。


開運・開名(改名)

開運改名については、「姓名」=「生命」を基本としています。名前には生命が宿り、氣を発しています。名前とは“言語宇宙(波動)”の最も基本になるものです。フローリーディング研究所の開運開名姓名学は言語宇宙の波動学ともいいます。先祖の想念が子孫に“形”となってあらわれるのが姓名です。(先祖からの“霊的DNA”)

1.仏尊が守りやすくなる
2.天命を歩みやすいセカンドネームを持つのも良いでしょう。天命を歩みやすい名前は、神仏の加護を受けやすい名前でもあります。良い名前は特に仏尊の加護を受けて、人生を好転・開運させます。

*開名されている方はどんなところが良いか、きちんと書き出してみましょう!

*今年後半も開運開名講座を企画します。受講希望の方はご連絡ください
flowreading@ybb.ne.jp



「行動計画」をたてること。また「手帳」・「日記」の活用を工夫する。
「メモ」を取ること


今年は目標に向かって、一歩一歩進んでいきます。「行動計画」の「チェック」が大切です。

*“自身をプロデュースするツール”をご活用ください。
 ・年間ツール ・月間ツール ・満月、新月シート

●氣学手帳を活用なさっていますか?
 ・「自身をプロデユースする」の目的・目標の設定を書き込む。
 ・年間のスケジュールを書き込む。
 ・プライベートと仕事は同じ手帳で管理する。
 ・自分の吉方位を書き込む。
 ・その日の出来事を書く。反省することで改めて成長する自分を創る。
 ・自分のバイオリズムを観る。健康の状態も書き込む。
 ・心の記録を残す・・・感動を書き込む。
 ・目標に日付を入れる
 ・1日単位 ・ 週単位 ・ 月単位でやることリストをあげる。行動を書く。
 ・「うまくいったこと」「いかないこと」を1週間に1度チェックする。


「パワーストーン」の活用

「六白金星」の象意からは、「原石」があるように、また、これからの時代背景を考えると
・自身の身の守護 ・神仏からの加護
・邪悪なものを寄せ付けない・自分の目標に力添えしてくれる石 
・方位除け要素の含んだもの
  今年は特に・丸玉、水晶(龍)の彫り、大きくて立派な石のもの
・ブレスレット または、携帯ストラップ 方位除け専用のブレスレット
 (既存のブレスレットと重ねてします)
・既存のネックレスを利用してのヘッド 
などがお勧めです。

吉方位でのパワーストーンの活用は身近に出来る開運法の一つです。
改めて、実感して頂きたいものです!
今年のパワーストーンは2012年の気運に対応した石を選んでおります。
フローリーディングホームページ 今年のパワーストーンをご確認ください。

M&Mアクセサリー 今年のパワーストーン→
かんながら 今年のパワーストーン




*専門的な分野になりますが・・・・・(こちらは興味があれば、直接お尋ねください)

ヒプノセラピー
「過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと (北東一白"ルーツを探る")
「過去―現在―未来」、前世の自分自身からの"メッセージ"を受け取ってみましょう!


*ヒプノセラピーセッション

産土神社・鎮守神社リサーチ(自分・父母)、産土神社・鎮守神社21日参拝と菩提寺に参拝
生かされている事の感謝。内在神に目覚めることで、より豊かに輝く人生をおくりましょう!
(北西八白、南二黒 "ご利益信仰"ではない、根本的な清めに入る。信仰心の確立。)
*産土神社・鎮守神社リサーチ・・・・「産土神社開運法」をご覧ください


「神・仏・自身」「天・地・自身」「過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと。
「神仏・運命学・現実」を現実化していく"時" (北東一白・北西八白)


*三位一体は「神仏」「氣」「現実」を表す。
「神仏」= 守護の神仏  日拝・自身拝・産土信仰(鎮守、守護)
「気」 = 宇宙、大自然の運行を含めた気のことで「運命学」(気学も含まれます)
「現実」= 現世(今生)お金・健康・実現化
「神仏」「気」「現実」「三位一体」はどれ一つも欠けると、バランスがくずれていきます。
天地の道理・法則から、「運命学」を学び、生きている中での多くの「選択」を自分で導き、「開運」し、「現実生活」を豊かにすることを自身でプロデュースしていきましょう。
*「開運」とは心と人生、お金が豊かになり、経済的・精神的自由を得て、ゆとりをもって社会的貢献(地球、大自然)を行う事です。


先天の三種(せんてんのみくさ)の大祓いの解釈

■ 先天の三種(せんてんのみくさ)の大祓いを唱えましょう


自神拝の勧め!

■ 自神拝の祝詞を奏上しましょう!




今年後半の過ごし方は・・神道易より

●7月7日より9月末日までの、今年後半の行動の指針について

30 離為火(りいか)灼熱の太陽を浴びたような時
卦:辞 離。利貞。亨。畜牝牛吉。 (りはていによろし。とおる。ひんぎゅうをやしなえばきち。)
運勢:天地自然の道理に従って、明知(智恵)を発揮せよ!教育が大事である。グランディングを行え。脚下照顧である。



きゃっか-しょうこ【脚下照顧】
自分の足元をよくよく見よという意。もと禅家の語で、他に向かって悟りを追求せず、まず自分の本性をよく見つめよという戒めの語。転じて、他に向かって理屈を言う前に、まず自分の足元を見て自分のことをよく反省すべきこと。また、足元に気をつけよの意で、身近なことに気をつけるべきこと をいう。▽「脚下」は足元の意。転じて、本来の自分、自分自身。「照顧」は反省し、よく考える、また、よくよく見る意。「照顧脚下しょうこきゃっか」ともいう。
「離」は麗く、または離れること。「離為火の時、貞正であれば良い。通じる。牝牛のような従順さを守って吉」。この卦は火と火が重なり、強烈な火を表しています。それは天の太陽であり、地の文明であり、人の輝ける知性や燃える情熱です。離為火の時は、才能を発揮するチャンスに恵まれますが、自分の付くべき立場を見定め謙虚に従うべきです。そして外面を美しく飾るだけでなく、内面の充実を図るため、学問などに励むことです。強烈に火が燃え盛る危険な時、何事も火を扱うように慎重に行ない、火が飛び移るような変わりやすい気持ちや短気を抑えて行動することです。
爻辞 突如其來如。焚如。死如。棄如。 (とつじょそれらいじょ。ふんじょしじょきじょ。)
対処法 「突然にやって来る。焼かれ、殺され、捨てられる」。危険がいっぱいで、思わぬ災難を被る時です。守りに徹しましょう。火事、色難に要注意。
◎あなたの考え方、進み方に大きな欠陥があります、よく反省し、方針の転換をしましょう。




●10月1日より25年2月3日までの、今年後半の指針

沢火革(たくかかく)改革、改新の時
卦:辞 革。巳日乃孚。元亨利貞。悔亡。 (かくはおわるひにしてすなわちまことす。おおいにとおるていによろし。くいほろぶ。)
運勢:明知と勇気で現在の矛盾相克を昇楊して、陰陽調和して新たな段階に飛躍する時である。自己改革をすれば、バージョンアップする。人生で成功するには、自分の思考の起点(認知)と行動パターンを変えるということである。


「革」は革命、改めること。「巳日」は改めるべき日のこと。「沢火革の時、改めるべき日に改めれば信頼が得られる。大いに通じる。貞正であればよい。悔いはなくなる」。沢火革の時は万事改まる時ですから、大きな変化、あるいは争いが起こりうる時とみます。会社の中では改革に伴うリストラ、新旧交代劇が、また、あなた自身にも転勤や転職の機会が訪れるかもしれません。この卦が出たら、古いものを捨てて新しいものを求める時ですから、従来の方針も変更したほうが良いでしょう。ただし、改革を行うに際しては、その時機が適切か、その理由が正当であるかをよく考えて踏み切ることです。大胆さと根気強さがポイントです。
爻辞 已日乃革之。征吉。无咎。
(おわるひにしてすなはちこれをあらたむ。ゆけばきち。とがなし。)
対処法 「巳日」は改めるべき日のこと。「改めるべき日に至って改める。進めば吉で問題はない」。内々に準備を進めて機が熟せば果敢に行動することです。焦りは禁物。
◎良い時です。



■神仏界があり、人間界があります。中間に独立して易神界があります。易神界は氣を扱う所です。神仏界とは独立した 存在であり、次元も質も違います。(神仙の世界)

天命・地命をはじめ人生の「七つの大きな指針」の神道易  
天命は人生の目的であり、“天との約束”です。地命とは「前世で自分の足りない部分を、今世で自分が補い、習得したいと願っていること」であり、自分との約束です。

◇「七つの大きな指針」を神道易で観ましょう! 本人同席で鑑定します。
1、わが天命は 
2、わが地命は 
3、わが人生における気づきと成長のための指針 
4、わが人生の苦難を発生させる 
5、自分のカルマ・コンプレックス・トラウマから学ぶべきこと 
6、わが家族・一族から学ぶべき指針  
7、仕事に対する行動の指針 ・豊な人生を歩む為の行動の指針

フローリーディング研究所 中村彩祐子
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.