平成25年 今年の運勢
1月24日・27日両日行われた「象意説明会」で配布しました資料一部を抜粋して掲載します。
専門用語が少し多いですが「今年の運勢」の参考になさってください。
2013year_1.jpg

皆様にとって良き年でありますように心からお祈りいたします。彩祐子

平成25年度は癸巳(みずのとみ)五黄土星(ごおうどせい)中宮の年


2013年の盤
~自分らしく輝きを放つ時~今年は、癸巳(みずのとみ)五黄土星(ごおうどせい)の象意の表す“年”です。
今年は、「熟慮」「知性」「備え」「バランス」「修理固成」「プランニング」「禊祓い」がキーワード。
今年は、何があってもおかしくない時。備え、覚悟、精神力、向かう所を目指す意思と行動力。そして共生と継承。
今年は、伊勢式年遷宮「遷御」を迎えます。新しい20年の始まりです。



癸巳(みずのとみ)五黄土星(ごおうどせい)の示す「意」

『癸』 
陰性の水を示します。外気いまだ極寒の域を脱せず、草木は、地中に力を養って伸発の時を計っているときですから「揆(はかる)」の手偏を去ったのが癸です。はかりごとや“そむく”の意があり、水の流れ(水路を正す意義、方位では、北を表します。雨露・霜・雪などにたとえます。
(前世代の体質を消し、現世代の体質が素直に確立されるようにする意もあります)

『巳』
「巳」は易象は、全陽の乾為天が配置され、陽気すでにいたり、ここに陽気の伸張もとどまるとし、陽極まって陰生ずる易理にしたがって、一陰“きざす”の意をとって「巳」の字をもって当てました。全陽とは、ものの完熟期を示し万物は、しばし静止を“かたちどる”とも解します。性質は、多面的で、外面は静かで内面に熱気をもっています。研究心があつく、意地も強いです。直観力がさえていて、好奇心が盛んです。
方位は、黄経45度から75度に至る東南の南より30度間で、4,5月とし、時刻は、9:00~11:00とします。動物の「へび」とするのは、巳の象形文字そのものが蛇であり、季節的にも蛇類の活動しだす季節でもあって、また陰性であることから、蛇という動物に仮託したものです。なお、「巳」は、祭祀の「祀」の字の示偏を取り去ったものという説もありますが、5月は祭の月でもあるからでありましょう。
*「つぐ」「すでに」という意味もあり、従来の生活に終わりをつげて、新しい活動に入る作用を表しています。外界の抵抗に負けず勇敢に進むことを本義にしています。
*乾為天(けんいてん)とは、天と天が二つ重なった全陽の卦です。天高く大宇宙の元気が満ち、活気と勢いがあります。この卦は龍が地に上がり天を目指し力蓄えつつ昇り行く姿を物語っている卦です。万事前向きに高い目標と勇気を持って人生を開拓する卦でもあります。
(子(ね)の年から辰の年までの五年を経過して、‘巳’の年では、新しい命を発生さす意。 巳年は、金融対策の転換点となることも)

『癸巳』
性格を六十干支でみると、世渡り上手。交際の中に利を得ます。

『五黄土星』
象=大極(八象)に関連。 五行=土性 季節=土用 月=中央に定座して1,4,7,10月の土用を統制
時間=なし(丑、辰、未、戌の刻に関連) 十干=戊、己 色=黄 味=甘味 数=5・10
象意=支配・破壊・腐敗・天災・災害・損害・台風・天変地異・地震・津波・狂暴・暴行・汚染・粗悪・天災・災害・異変・戦争・破壊・爆発・全滅・荒涼・壊乱・損害・転覆・故障・廃業・腐敗・疾病・強欲・塵埃・暴欲・強情・葬式・悪化・廃物・汚物・狂暴・暴行・死亡・強奪・動揺・損害・殺傷・頑固・失敗・最悪・汚染・下痢・傲慢・粗悪・暴風・荒天・台風・天変地異・地震・津波
五黄は、中央にあって、八方をつかさどり、天地の循環を支配しているといえます。九星では、五黄土星がもっとも強烈な作用をもちます。二黒土星は生存欲、八白土星は強欲(獲得)、五黄土星は暴欲(破壊)を表します。中心・帝王の意であるとともに、破壊力がもっとも激しい星で、ものを腐敗し、土化する意があります。しかし、一方では、地の作用により、物を成育し、蓄積する働きを持ちます。陰陽相対の原理原則や森羅万象を司る力を持ちます。

・平成25年は九星が定位置に戻り、「あるべき基本の姿」にかえります。

癸巳(みずのとみ)五黄土星(ごおうどせい)の示す「2013年の年盤」


北西=歳破
北(癸)・南(丁)=天道
恵方=丙の方位




昨年 平成24年は壬辰(みずのえたつ)六白金星(ろっぱくきんせい)の年のテーマは?


 ~人生をステップアップ~

今年は壬辰(みずのえたつ)六白金星(ろっぱくきんせい)の象意の表す“年”です。
今年は六白中宮のテーマである「天(神)」「活動」「施与」「完成」にそれぞれが向き合うことになります。
今年は「立つ、断つ、発つ、経つ、建つ」目標の設定と実行!
今年は新(真)「リーダー」が誕生します!(・・・そうあって欲しい・・・)世代交代の時!
今年も引き続き、その身を清めて、潔くする“禊ぎ祓いの年”*“プラスα年”です。

■2012年は、「激動」「変動」「変革」「デトックス」「維新」「大始」「躍進」の “時”
■2012年は、それぞれが「天命・天職」を自覚し、その道を歩む“時”
■2012年は、「自身の人生」のステップアップの“時”
■2012年は、経済復興、税制改革と財源の確保。自身の長期的な財産管理、計画と自己年金の確保
■2012年は、ライフスタイルの変化。 創造性や精神性の高いものを求める傾向、 “環境に優しい” “ゆとり”“うるおい”を求め、精神面の充足を計る
■2012年は、2011年の「絆」を深め、人間関係を豊かにする“時”
■2012年は、(自然)災害の多い年 私達へ自然に対して謙虚になる姿勢を求める警告(地球温存)
・地球資源の節制、有効的な活用の工夫 ・“食”の見直し  ・災害時に備える心がけと管理
■2010年からの3年間は前世・宿命・運命が清まる期間。2012年も更に「禊祓い」+αの氣を感じる!
表・裏鬼門結界神社寺院参拝を!浄化能力の高い満月の時も見逃せない!
更に2012年からの3年間は、それぞれのステージに合わせた「禊祓い」へ

2012年は(今一度振り返ります)

2012年は個々の生きかたを模索して、更に天命・天職・使命を意識する人が増えていくでしょう!それぞれが自分の人生に真剣に真向かう“時”です。知識や技術面での向上に関心も集まります。資格取得を図り、働く場の拡大に力を入れて行く事も必要になってきます。さらに創造性や精神性の高いものが求められる時代になってきます。精神性の充足を求めていく傾向も強まります。環境に“優しい”日々の“うるおい”“ゆとり”を求める傾向も強まります。2011年の大震災は困難な状況の中でも私達国民の心が一つとなって、悲しみや教訓を胸に秘めながら、本格的な復興と意識の上での大きな変化を創っていきます。人々の真偽の眼力も養われ、共存共栄の時代へと移行していく道すべです。民の声は天に届き、政治、経済に大きな影響を与えていくでしょう!これからは、価値観、志を同じくした共に歩む仲間を持つことです。志は、2011年に既に自身の中心軸として打ち立てた事と思います。2012年はその中心軸がブレず、共に歩む仲間と励まし合い、切磋琢磨しながら自分の人生をステップアップする時です。2012年の天命・天職・使命を自覚し、その道を歩み始める今年は「大始」とも考えて良いでしょう。2012年は人生のステップアップの時です。自分の前世を越える現世を創っていきましょう!そして、「門」の選択から、今年は「学び」「深める」道(未知)へ進んでいきます。知識の備蓄が一年後の自分を変えて、自分の立ち位置がより明確になって、2013年を迎えることとなるでしょう!2012年は人生のステップアップの時です。自分の前世を越える現世を創っていきましょう!(抜粋)

本年 癸巳(みずのとみ)五黄土星(ごおうどせい)中宮の年
  ~自分らしく輝きを放つ時~

今年は、癸巳(みずのとみ)五黄土星(ごおうどせい)の象意の表す“年”です。
支配・破壊・天災・転換・再生・生成・進化の過程に向き合う時です。
これからの時代を創るための浄化と進化の時です。
今年は、何があってもおかしくない時。備え,覚悟,精神力,向かう所を目指す意思と行動力。そして共生と継承。
今年は、伊勢式年遷宮「遷御」を向かえます。新しい20年の始まりです。

■2013年は、「熟慮」「知性」「備え」「バランス」「修理固成」「プランニング」「禊祓い」がキーワード。
■2013年は、柔軟性と本質を見据える賢さが必要。天地自然の法則を学ぶ。
■2013年は、ライフスタイルの転換期。プランニングとプロデュース。
自立、自律。生活レベルを堅実なものにする。量から質へ。
■2013年は、良質な情報を得る。学び(連続スペシャリストを目指す!)
■2013年は、新しいコミュニケーション方法によって、コミュニティが再生する。
パートナーを求める傾向 → 精神的な充足と人生の潤滑油
■2013年は、(自然)災害・人災・事故の多い年。
・季節外れの異常気象 ・水害と地震の発生しやすい周期。雷・竜巻、急激な天候異変
・安全対策の強化 ・危機管理体系の構築化
■2013年は、引き続き、前世・宿命・運命が清まる期間。
産土・鎮守神社。表・裏鬼門結界神社寺院参拝を!先祖供養とお墓参り(墓の修繕)を!
浄化能力の高い満月の時も見逃せません。
「自神拝」と自身、家族、社会、自然界への「禊祓い」へ。
*歴史的には、天変地異の多い周期です。地震も多く、天災・人災の多い年でもあります。 また、文化遺産を火事や災害で失う危険もあります。

世界との関係


日本からみて、*北西の国々との関係は要注意です。もちろん旅行なども控えて頂きたいです。
(この方位は、全ての人に共通ですが、各々にも注意が必要な方位もあります)
北西方位:北京 カイロ ローマ ロンドン ウィーン ベルン ジュネーブ マドリード
ストックホルム コペンハーゲン ミュヘン ベルリン ブタペスト ブリュッセル パリ
モスクワ ノルウェー

2012年は選挙の年(政治の年)オリンピック開催の年
2012年は選挙の年ともいわれ、世界の主要なトップがきまりました。指導国なきGゼロ時代といわれ、今後も日中の衝突は避けられないでしょう。また、アジアでは今後さまざまな衝突が懸念されます。その影響で地域の経済成長に打撃を与えることは避けられないでしょう。その為にも日本は自国の安全を守る権利を行使していくべき所にきています。国家の根幹に関わる基本ルールの見直しは必須と思われます。そして米中関係の悪化(サイバー問題を巡って戦争状態でもある)も否めません。欧州では債務危機に対応すべく銀行監督一元化や財政統合に向けての議論は始まっていますが、まだまだ不安要素は大きく、経済成長を取り戻すことはないでしょう。そしてシリア、イランをはじめ中東情勢の深刻さは更に深まるでしょう。イスラエル首相がイランへの攻撃も辞さないと発言し、制裁で追い込まれたイランが予想もしない反撃(テロ?)した場合は米国との軍事衝突ともなりえます。シリア情勢の悪化は欧州諸国がユーロ危機対応に追われ、米国が指導的立場を果たさなくなった事で、権力の空白状態が生まれているからともいえます。中東の混迷は今後更に深まり、中東にエネルギーを依存する日本にとってはマイナスに影響するだけに、エネルギーを巡る戦略の構築は必須であるでしょう。
しかし不況下の中でも斬新なビジネスモデルを掲げる新興企業はうまれています。先端医療から再生可能エネルギーなどモノづくり日本に期待したい所です。
・中国経済は?金融緩和と財政出勤で成長 日中相互関係がさらに進む?
 日本企業の得意分野(環境。省エネルギー、先端医療、介護、物流、高品質な住宅先進的な
 小売など)重点産業分野は中国の発展希望分野でもある。
 →両国間の相互理解で政治的摩擦をも乗り越えると良いが。。。
・バブル崩壊の後遺症から米国経済は、緩慢な回復に留まる。
 財政再建を巡る政治動向が最大の不透明要因 (財政赤字政策など重要政策で、
 オバマ大統領は共和党と合意しなければならない?)
 上昇に転じた住宅価格が景気回復のきっかけになるか?
・BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国・南アフリカ)の高成長もややはどめか?
 ブラジル・・天然資源の輸出が不振。
 ロシア・・資産産業の成長不振、プーチン政権への不満。
 インド・・政治腐敗インフラの整備の遅れが経済成長への足かせか? 
 中国・・生産年齢人口が2015年でピークに達するといわれ、以後少子高齢化に転じる
     ことで生産が激減か?(中国景気は2012年8月に底)
 変わって、安定成長と活力が期待できるのは、メキシコとインドネシアです。
 BRICsを尻目に依然安定成長がすすむと思われます。

新政権と国民の課題



2012年12月に再び自民党が3年ぶりに与党に返り咲いたものの、今後の課題は多々あります。
・財政再建 ・産業強化策に裏付けられた雇用安定化策 ・人口動態に見合った税制 
・社会保障制度の構築  ・選挙制度の変革(シルバーデモクラシー) 
・一定程度の経済収支黒字の維持策 ・原子力問題→エネルギー政策 ・震災復興 
・TPP(環境太平洋経済連携協定)加入か? → ETAAP(アジア太平洋自由貿易)へ?
安倍内閣の腕の見せ所となるでしょうか?日経平均株価は、10,000円の大台に乗り、株高、円安傾向となっています。(株価は7日午後の東京株式市場の日経平均株価は、1万0651円98銭。)2013年はやや経済はやや上向き傾向か? 2013年は、政治のメカニズムが正常化に向かう周期に入るか? 今後は政治構造のリストラが始まる時でもあります。(いつも感じるのは、選挙の為の政治ではあってはならない!)2013年は、復興・経済・外交・国内政治など諸々の先行きの不安が大きな足かせとなり、国民の不信感が一層増して問題が深刻化する気配です。 しかし、国民の冷静で優秀な知恵が現状打開のカギとなり、自力で力強く前進していくか?いすれにしても問題原因を探るために良質な情報収集と分析。そしてリスクを過小評価して経済成長してきた日本にとっては、リスクマネージメントと政治と共に企業体質や体制も意識改革、抜本的改革が求められるでしょう。政治と経済の質を高め、世界に向けた国政と国内に向けた政治の両輪の確立を願います。
そして、私達国民も今までの多くの教訓を胸に、引き続き隣人を慈しむ思いやりと人の輪を大切にして、資源の節制と奉仕の精神を持続させ、日本国の復活、将来の安定に向けて一丸となって助け合い、国民ひとりひとりが更に意識改革をして次世代に向けての行動を起こしていきましょう!

気候と健康、事故 他



天候を予測した事前対策
歴史的には天変地異の多い周期です。地震・水害も多く、天災・人災の多い年でもあります。文化遺産を火事や災害で失う危険もあります。加えて核施設の事故や放射能物質の海中投棄、汚染水の危険など環境汚染については引き続き警戒を強めるべきでしょう!集中豪雨、台風の被害、雷や竜巻、急激な天候異変、海底火山やプレートの変動も起こりやすく、地震、火山の噴火につながる場合も考えられます。農作物や漁業に影響を与え物価の高騰も考えられます。一国という範囲ではなく地球規模の被害も懸念されます。(癸、巳、五黄から)また自然災害だけではなく、暴動,爆発,薬害,強盗,強奪,強請,毒薬,覚醒剤(麻薬)による事件。建物や交通機関、機械(六白に象徴されるもの)に関する事故。暴力団による事件。伝染病や感染症の蔓延も危惧されます。今年は本当に何があってもおかしくない状況であることをある程度覚悟しておきましょう。 私たちは自然界の周期には、逆らうことができません。が「背反作用」が自然界の中で起きることは別の観点でいえば、相反するものを調整させ、有益なものに変えていく過程でもあるわけです。そんな時ですから 目の前に起きていることだけに捉われて、自身が絶望や迷走、パニックを起こさない為にも“天地自然の道理を学ぶこともお勧めします。そして震災以降災害に備えたシミュレーションが盛んに行われており、今年は特に安全対策を強化していく事とさらに身近な家庭内、職場における備えも万全にしておきましょう。今できることは、何か?そして特に地域住民や市民と専門家が議論し合う機会を大事にして、社会全体で危機管理に対しての体系の構築が必須であると感じられます。

健康面
身体では、頭・首・心臓・眼球・骨・脊椎・腎臓・左肺・腹部・五臓六腑を表す所の疾患や怪我に注意。癌、伝染病、感染症、食中毒も多発します。以外な所では毒蛇、毒虫、毒キノコなど“毒”による被害。疲労、新陳代謝の底下、機能不全を伴う疾患。軽度というより生死をさまよう重篤である傾向です。早期の対策が望ましいです。

日常生活において
交通機関での事故や首都、県庁所在地、海、大きな川、レジャー施設(競技場・競馬場・競輪場・運動場・ゴルフ場・劇場など)公共施設,高層ビル、繁華街での通り魔事件での事件、事故。強盗、暴力、ピストルや爆発物などを使用しての事件、事故などにも注意が必要です。神社、仏閣においての被害、損失も懸念されます。 海外先、留学先でのトラブル、事故にも要注意です。渡航先の情勢と吉凶方位のチェックをなさってください。特に北西にあたる諸外国での事故や事件には最善の注意を払ってください。(もちろん国内も同様です)
*今年は五黄殺ともいえる建物の取り壊し、屋根の吹き替え、家の中央にあたる所の工事、改築は避けたい所です。(特に五黄土星、巳年生まれ、過去に五黄殺を犯した人は影響を受けやすい)
また過去に五黄殺を犯した方は今年の中央回座の月は特に注意が必要です。

2013年の傾向



これからの新時代を創る為の浄化と進化
~外界の抵抗に負けず、高い目標と勇気を持って人生を切り開きましょう

2012年は「激動」「変動」「変革」「デトックス」「維新」「大始」「躍進」の “時”と記載しましたが、今は大きな変化の波の中にいる、世の中のデトックス現象の時ともいえます。特に2012、2013年の2年間で起きることは日本だけでなく世界全体、地球全体での大きなエネルギーを抱えているものといっても過言ではありません。このエネルギーは2013年をピークに力が高まります。2012年は私達の意識革命がおこり、政治、経済の動向も大きくうねり、更なる課題を残しました。2013年は“これからの時代を創る為”の浄化と進化の大転換期を迎えます。*ターニングポイントといえる時です。
(*「修理固成」新時代の創生です。)
「癸」十干支の最後 “はかりごと”や“そむく”の意。水の流れを正す。
「巳」6番目中間点 “つぐ”“すでに”陽気充満して万物生成し現れる意。
「癸巳」60干支の中間点 中間点は自然変遷の大きな節目。
「五黄中宮」破壊,再生。自然の調和力(バランス)が働く周期。「あるべき基本の姿」。
癸巳五黄土星が示す今年は運勢的にも強烈なエネルギーが生じ作用します。気学の定位盤が示すようにこの世は全てのものに生死滅があります。この終始循環してやまず終わることのないサイクルは宇宙の原動力でもあります。今年はこの天地自然の流れの中で生成、進化の流れを感じ、今における状況を冷静かつ客観的に見つめ考え本質を見据える賢さ、謙虚さ、行動へ移す柔軟性さ、*禊祓いと今自身の持てる全てを酷使する覚悟を持てば (神仏の後押しも働きます)、“事物の変化する法則”を掌握できるでしょう。(自分自身の可能性を信じ、どれだけの人が真剣にトライするでしょうか?大きなスパンの中では千載一遇チャンスと感じます!)
平たくいえば自身のライフスタイルを大きく変化させる年ともいえます。自分の本質を見抜き、人生のプランニングと自己プロデュースがこれからの人生を選択する作業ともいえます。外界の状況や抵抗に負けず、高い目標と勇気を持って人生を切り開いていきましょう!

自身の彩度をあげ、自分らしく輝き放つ時
今年は、自身の九星がホームグラウンドに戻り、あるべき姿が映しだされ、ここに生を受けた自分自身が自身の運命をもって、もっとも自分らしく生き抜く時です。自分らしく輝きを放つ年です。
私達祖先は、八百万の神々を敬い、恵みに感謝し、自然と共生し、自然と一体化して文化を生み出してきました。*「神ながらの道」「斎庭(ゆにわ)の稲穂の神勅」をもって、歩んできたのです。日本人に生まれてきた私達の根幹にはこの祖先の営みが深く刻まれていることは確かです。今はまさにその意識をよみがえらせる時です。(日本に生まれてきた事を選んだことを思い出しましょう)今を明るく笑顔で、自分の人生を大切にし、生き抜いていくことで(*「自他一如の法則」「中今の精神」)、自身の“心の彩度”をあげ、さらに光輝くことができるでしょう。自身が輝けば“光”は自分の周りも、環境も社会も。しいては、地球も宇宙も。そして、新時代へ向けての未来も明るくなっていくことでしょう。
(ひとりひとりの輝きが大きなエネルギーになります)今年は自分らしく輝き放つ時です!そして私達はこの生を全うするまで、宇宙の中の星のように自分らしく輝き続ける存在(使命ともいえます)ではないでしょうか?
そして、2013年は伊勢式年遷宮も「遷御」を迎えます。この大行事が一つの節目となって、これからの新時 代が始まります。
『生成・進化過程』を築ける平成25年癸巳五黄土星の年でありますように。
どうぞ皆様方におかれましても「今年の気運」を捉えて、新しい年に向けての努力、行動が次期を創っていきますように。
今年もよろしくお願い申し上げます。

平成25年1月吉日 フローリーディング研究所 中村彩祐子


*について
天保4年(癸巳五黄土星)
天保の大飢餓。江戸の大火に大地震。大阪大火。将軍家斉、米価高騰による打ちこわし続発、美濃大垣大地震、 出羽・越後大地震、安藤広重
昭和28年 (癸巳二黒土星)
府中で火薬工場爆発,死者21人.スターリンの死で株価暴落(スターリン暴落)
吉田首相,衆院予算委でバカヤローと暴言.保安大学開校(29年防衛大学に).
阿蘇山爆発,5人死亡.第3回参議院議員選挙.第五次吉田内閣成立 日本テレビ,放送開始(民放初) 日米行政協定改定調印 日本自由党結成 奄美群島返還の日米協定調印.NHK、紅白歌合戦放映(以後大晦日に)

*修理個成
「古事記」の中の、伊邪那岐命・伊邪那美命の国生みの場面にこの言葉がでてきます。
天津神が天地の別れたばかりの、まだドロドロしたような世界を、「この漂へる国をつくり固めなせ」と二柱の神に命じますが、この「つくり固めなせ」の漢字表記が「修理固成」です。
堅固な大地を造りだし、人が生活を営む国土を創成するという壮大な意味合いも含まれた言葉です。「この漂へる国」を「つくり固めなす」すなはち「修理」して「固成」する仕事は、天津神が伊邪那岐命、伊邪那美命に命じられた仕事でありました。しかし未完成であったその仕事は、暗黙の御命令として天照大神に引き継がれ、須佐之男命や大国主命を始めとする八百万の神々にも引き継がれ、また当然、瓊瓊杵尊から神武天皇、そして御歴代にも引き継がれてきたとみることはできないでしょうか?
そしてさらに、それを引き継ぐ責務を負っているのが、私たち神国の国民(くにたみ)ではないでしょうか?
「まつり」は「祭」であると同時に「政」もまた「まつりごと」であることはよく知られているところです。
それは「修理固成」により平和で豊かな民のくらしを実現することが神々の意志であり、その神意を祈りにより具現するのが「祭」であり、さらに制度により実現を期するのが「政」なので、本来、表裏一体のものと言えます。私達が常日頃近隣の人々と協力して小さな社会奉仕に心掛たりしているのも、この「修理固成」をめざす神々の意志の継承であり、それは生活のなかの「祭」であると同時に「政」の一環につながるものでもあります。
一神教の世界観は、唯一絶対の創造主としての神により世界の全てが創造されたとしています。これに対し、多神教の、殊に、神道的な考へ方では、神も人も共に力を合はせ、人の意志を神の意志とし、神の思いを人の情としながら、この世界を未来に向けて造り続けているのです。この国造りの継承が「祭」でもあり「政」でもなければなりません。日常の家庭生活はもちろん、商売も事業も、政治も経済も「修理固成」の原点を忘れてはならないのです。これが「祭りの心」「神道的生活」の基本ではないでしょうか。

「神道の神」
八百万の神を生んだ日本人の発想。
古来、自然と共存してきた日本人は、山川草木、生きるものにすべての霊魂が宿ると考えてきました。
人間や動植物、山や川のみならず、雨や雷といった自然現象にも霊魂の存在を認めたのです。
神道の神は古代人が自分の心の中にある人間や自然に大切にする気持ち、つまり良心を神と感じたものともいえます。霊魂のうち自分が感謝や畏れを感じ、祀ったものが全て「神」になる。
日本の神が「八百万」といわれるほど、多種多彩なのはこのためです。

「神ながらの道」
天地大自然の巡り、四季の運行に沿って生活すること 神道とは人間の歩む道を示しています。“ありのまま”であり、天地大自然の巡り、四季の運行に従って生活することは、人間として歩むべき道であり、ここに神道の根本原理があります。
気学は、大自然の哲理を学び、活用する学問です。方位・運勢・家相などにおいてもこの大自然の働きがいかに大きいかを知ることが必要です。
地球を含む大宇宙には、無量無限の大気、すなわち「魂命霊気」(おおみたま)が満ち満ちています。この大霊は、大宇宙の万象を育むすべての霊をいいます。この「魂命霊気」(おおみたま)を「氣」と捉えます。
私達の氣の働きが大宇宙の「魂命霊気」(おおみたま)といかに結び、いかに生きていくかによって、開運が可能になり、霊性が高まって、念願が成就することができます。

「斎庭(ゆにわ)の稲穂の神勅」
天照大神の神勅「斎庭(ゆにわ)の稲穂の神勅」は共存共栄の思想。
日本書紀からー天照大神が孫にあたるニニギノ命に命じて稲穂を下さえて、日本の国に初めてお降りになった時、 「吾が高天原にきこしめす斎庭の稲穂をもって、吾が児にまかせまつるべし」といわれました。
稲 ― 命の根 ― 日本人の命の根源 ― 一粒まけば万倍になる ― 「一粒万倍」
人類は大自然に身を委ね、それぞれの役割をあるがままに果たす時、おのずから共存共栄の道を 知ります。親から子へ、子から孫へ、正しく歩む道(神道)として伝えていきます。

「自他一如の法則」
日光や空気が生物の中に溶け込んで、その使命を果たすように、他のために尽くすことに よって自分を生かせという意味。

「中今の精神」
今日一日、今現在のこの時を大切にし、自分に与えられた神からの使命を、全精力を つくして達成すべく精進努力することです。それが生きていく者の宿命であり、この中今の精神を発揮する時念願が成就されるのです。

*神宮式年遷宮
神宮(伊勢神宮)において行われる式年遷宮(定期的に行われる遷宮)である。神宮では、原則として20年ごとに、内宮(皇大神宮)・外宮(豊受大神宮)の二つの正宮の正殿、14の別宮の全ての社殿を造り替えて神座を遷す。このとき、宝殿外幣殿、鳥居、御垣、御饌殿など計65棟の殿舎のほか、装束・神宝、宇治橋なども造り替えられる。記録によれば神宮式年遷宮は、飛鳥時代の天武天皇が定め、持統天皇の治世の690年(持統天皇4年)に第1回が行われた。その後、戦国時代の120年以上に及ぶ中断や幾度かの延期などはあったものの、1993年(平成5年)の第61回式年遷宮まで、およそ1300年にわたって行われている。2005年(平成17年)から第62回式年遷宮の各行事が進行中で、2009年(平成21年)に主要な行事である内宮に係る「宇治渡始式」が斎行され、2013年(平成25年)には正遷宮(神体の渡御)が予定されている。

開運のポイント


七つの指針内容
1.わが天命(人生の目的、天との約束)とは、何か?
2.わが地命(自分に足りない部分を今世で自分が補い、習得したいと願っていること)は何か
3.わが人生における気づきと成長のための行動の指針
4.わが人生の苦難を発生させる自分のカルマ・コンプレックス・トラウマから学ぶべきこと
5 わが家族・一族から学ぶべき指針
6.働くこと(仕事)に対する行動の指針
7.豊かな人生を味わうための行動の指針




2013年各九星の開運のポイント

→ご自身の本命星を知るにはこちら

*今年の運気を知る事、年間の遁甲(流れ)を知って、年・月の行動目標を具体化しましょう!
 (自身のプロデュースツールを使用)
*今年は、禊祓いを心がけて、心身の浄化をはかり、良い気運を巡らせましょう!(大祓い、自神拝、日拝もお勧めです)それぞれが心の彩度をあげて輝きましょう!
★今年は、どの遁甲であってもこれからの10年を見据えてのプランニング
★自分を知ること 自身をプロデュースする
★吉方位計画、参拝計画は早めに行い、準備怠らず実行する
★日にちを決めて“禊祓い”を行う
★新月のプラン立て、満月の見直しのサイクルを活用する

*吉方位計画、参拝計画を立て、実際に行動しましょう!
 (産土神社・鎮守神社・鬼門結界神社・関東五社巡り・方位除け・祈祷祭参加など)

 一白水星 あなたの輝きが、清浄な心身を生み出します!


将来に向けて熟考するとき!知識の吸収や今後のライフスタイルを見直す時。
物事の判断に「情」を持ち込まないように(あなたの優しさが裏目にでる時です)

自らの星が北(坎宮)に回座する今年の一白水星さんは、厳しい冬の寒さにじっと耐え春を待ちわびる運の時です。物事が計画通りに運ばず悩みや苦労が生じやすい時で、自分自身にネガティブな発想に支配されズルズルと深見にはまってしまう傾向になり易いです。反面思考力に力を入れて、知識の吸収やアイディアを練るには良い時ですので「自分を磨いて、次の10年に備える準備期間」として前向きの努力をなさってください。今年の1年の過ごし方が今後の10年に大きな影響を与えることを肝に命じて、ライフスタイルを見直し自分の人生をプロデュースなさってくださいね。健康面も注意が必要です。身体を冷やさず疲労やストレスを貯めこまない工夫をしてください。今年の病は長引く傾向にあります。早期発見早期対策を心掛けてください。無理をせず焦らないことです。今年を乗り越えれば運気は上向きになります。
産土神社,鎮守神社,表裏鬼門結界神社の参拝。大祓い,自神拝などにも取り組んで、心身の浄化をなさってください。日拝も効果的です。
プロセスを大切に!前半に焦点を合わせ、着実に行動を蓄積していくことで後半の運気が充実します。
優しく、きめ細やかな気配りが魅力的な一白さんですが、今年は裏目に出ることも。次に繋がるご縁作りを!
人恋しくても誘惑には惑わされない!(浮気、不倫、ストーカーに注意を)
深い関係になる時期ですので段階を踏みながら愛を深める。復縁はチャンスあり。方位には注意!
カップルは、妊娠のチャンスあり(家族計画をなさってください)。


 二黒土星 あなたの輝きが、努力と忍耐を促します!


飛躍・発展へのプロローグの年!目標や目的に向けた準備を!
ポイント・・周りへの配慮も忘れずに心使いや優しい気持ちを大切にする!周りとの係わりが最大のポイント!

自らの星が南西(坤宮)に回座する二黒土星さんにとっては、勤労意欲に燃え仕事に対して前向きになりますので、全てを前向きな思考回路で行動をおこしてみて下さい。まずは与えられた仕事や勧められた事柄は素直に聞き入れ従うことがポイントです。持前のサポート力と忍耐力を活かして、時期に繋がる多くの経験を積み上げ努力を怠らないことです。そして周りへの配慮も忘れずに。心使いや優しい気持ちを大切にすることで周りの理解や協力をより得ることができるでしょう!目標や目的に向けた準備を怠らずに自分を活かした活躍の場を創っ ていくことも今年のポイントです!ブレナイ中心軸と根幹を育てる第1歩ですよ。
健康面では胃腸・皮膚疾患に注意。頑張り過ぎて疲労が蓄積され持病の悪化につながることも。睡眠を十分にとって自分流のストレス解消法を実践してください。
産土・鎮守神社21日間参拝で土台づくりを。自己評価の低い二黒さん、自神拝もお勧め!潜在意識にアプローチしてみましょう!
後半に向かう程運気は上昇するので、実績を積む姿勢を大切にして!
今年は結婚へ繋げる交際へ。結婚・仕事両方をしっかりゲット!願う相手を絞り込む。積極的に出会いの場所に出かけてみましょう!


 三碧木星 あなたの輝きが、活力、発展を生み出します!


夢や目標に向けてのスタートの時!良質な情報を得ることがポイント(勘違い、状況把握のミスは命取り)
自らの星が本格的な好運期の始まりを表す東(震宮)に回座する三碧木星さんにとっては、何事においても新規のことの始まりとなります。今までの停滞ぶりが嘘のよう、まさに“水を得た魚のよう”に行動しやすい時です。気力・体力ともに充実してやる気十分となります。あなたの才能が今、開花する時ですからこのチャンスを逃がさないでくださいね!焦って結果を追い求め過ぎ、軽率な行動で信用をなくす事のないように、人の助言は最後まで聞いてください。またこの時期は善悪問わずに物事が表面化することがあるので、真意を見抜く力も必要です。良質な情報があなたの運気をサポートします。健康は、怪我、火傷、腫物、喉頭の疾患に注意。病気の再発や注意散漫になりやすいので思わぬ事故にも注意です。健康管理を怠るとチャンスの時期も失います。心して用心すること。
物事の初めは、産土、鎮守、猿田彦の大神さまへ祈り、吉日吉方位を選んだ方が効果的です。物事が表面化しやすい時です。(殺菌効果も高い時です)大祓い、自神拝、日拝で心身を浄化しましょう!
今までの誠意や実績は評価される時なので、常に謙虚さを忘れずに。
共に成長出来る相手を見つけましょう!モテ期到来ですが、口は災いの元(気をつけてね)。コミュニケーション力を活かして理想の相手をゲットしてください。カップルは相手の嫌な所が目につき、あなたの知らない事柄が現れ、悲喜こもごも。表面に惑わされずに、相手の真意を見抜く力も身に着けましょう!

 

 四緑木星 あなたの輝きが、調和を生み出します


仕事も結婚も目標に向けて邁進しましょう!好運は向こうからやってきます!
チャンスの女神に後ろ髪はない!

自らの星が社会的な信用や人気が高まり「縁」を呼ぶ東南(巽宮)に回座する四碧木星さんの今年は、熟成の年となります。社会的信用はアップし人気運も上がり交友関係が活発化し、公私ともに良好な人関係を築きますので大きく発展できる年です。何事も誠実な姿勢でベストを尽くしていきましょう!持前の人脈のネットワークを活用し、情報収集を怠らず分かち合いの精神で願望成就の気運が近づきます。何事も誠実な姿勢でベストを尽くしていきましょう!が、相談事や依頼事が増え悩みや優柔不断な場面も多くなることはNG!せっかくの好運期を逃がさない為に、ここはいつにない決断力が必要です。審美眼を持ちましょう!体調管理、健康面への配慮も忘れずになさってください。 健康面では気管支炎、腸の疾患に注意。風邪は万病の元です。拗らせないようになさってください。
「縁」の年です。上の縁,貴人の縁を望みましょう。産土様は必要な縁を導いてくださいます。大祓い、自神拝、日拝で邪気を祓い好運期をより良い“気”と“選択力”で高めましょう!
絶好調のラブ運!友人や仕事関係からの紹介も期待大!ネットの活用もOK!積極的な行動でゴールイン!
八方美人、優柔不断な面のためらいはNG!一歩踏み出す勇気を!


 五黄土星 あなたの輝きが、勇気を与えます!


パワーに満ち溢れている年!だからこそ、自戒の念、謙虚さと周りの意見を尊重する!
自らの星が物の本質を見抜く中央に回座する五黄土星さんは、最高の運勢に恵まれる年ともいえますが、良くも悪くも勢いが強すぎてしまい、吉凶割れる年となります。過去数年間の生きかたや過ごし方の結果が一度総決算の形として顕れます。これまで、目標に向かって全力を注いできた方は、実を結び、大きな成果として表れ、その反対の人は、厳しい現実にさらされる年となるでしょう!物事の中心となり、リーダーシップを発揮する年ですから、自信過剰はNG!築いた地位や信用を落とさない為にも、周りの動向を把握し、表裏のない誠実な態度で臨んでください。自己の価値観や手法では限界を感じたら、体裁は捨て、周囲の意見や専門家の知識を借りる柔軟さがポイントです。欲をはらず、我を張らず、本当に必要なところに力を集中すること。そして、勇気ある撤退も必要なことを学びましょう!健康面では、今までの無理がたたり、体調が崩れ、大病になることもあるので、不調を感じたら早期診断を。病気の再発、癌、細菌による疾患に注意。過信は禁物! 「破滅、自滅」の象意もある時ですので、自身の清浄に心がけてください。自神拝,大祓い,日拝。吉方位取りや産土・鎮守神社。鬼門結界神社への参拝に力を入れてください。
注目度がアップ(良きにつけ悪しきにつけ)!交際の機会が増えます。自己アピールを!
以前知り合った異性との再会→交際へ!嫉妬や執着心での揉め事、不倫や三角関係などは周囲にバレNG!


 六白金星 あなたの輝きが、理想を生みます。


自身の中で「完成」を得る!過去にまいた種が実をなす時。油断は禁物。
公私ともに忙しくなる年!コミュニケーションを心がけて絆を深める。利己的な行動はNG!

自らの星が、地位と権力、積極的な活動と援助力を示す北西(乾宮)(歳破れが帯同)に回座する六白金星さん、昨年頂点を極めた運勢は、今年も依然として盛運で、心身共に活動力のある年で、忙しい年ともいえますが、歳破が帯同する為、油断のならない年ともいえます。この盛運を吉にするか、凶にするかは、今までの過ごし方と今期の自身の自覚が影響を与えるといっても過言ではないでしょう。(今年の遁甲の流れ取り入れる)自身の才能や自信に満ちた行動が目上の人に評価され、引き立てを受ける時でもあるので、そのチャンスを活かす年です。その時の為の準備と生来の完璧さをどう表現するかも重要です。ともすればその自尊心の強さが周囲からの反感を買って、孤立してしまう恐れもありますので、全ては、周囲の人達のお蔭と援助の賜と理解し、己惚れた言動は慎み、誠意ある姿勢、謙虚さ、協調を大切になさって下さい。目上の方への礼儀作法にも注意を払ってください。神仏の加護のある時ですからお墓参り、産土・鎮守神社への参拝に力を入れてください。
贅沢志向に流されての出費、ギャンブルやリスクの大きな投資はNG!内面充実の為の資格取得などの投資はOK!健康面では、多忙からの、疲労蓄積、体調不良、不眠。ケガや交通事故。頭部、足、骨などの疾患に注意。適度な運動とストレスをため込まない解消法を身に着けておくとよいでしょう。
歳破帯同の時。盛運期でも油断は禁物。産土・鎮守神社参拝・職場の鎮守神社,鬼門結界神社にも力入れて参拝してください。北西遁甲の時ですから、大祓い、自神拝、日拝も取り入れ神仏スムーズに後押しできる環境づくりを整えましょう。
ハイレベルな相手に魅せられる傾向。真偽を識別する理性が大事!あなたの知性、品格が売り。カップルは忙しい時期なので、感情のもつれ、行き違いが生じやすい。今年は本来のコミュニケーション力を活かし、初心に戻り、相手を思いやる気持ちを忘れないで。

 七赤金星 あなたの輝きが、悦びを与えます。


過去にまいた種の収穫の時。人間味と才能が成就する時!良好な人脈を築くチャンス!
成果を周りの人と分かち合い、喜びを感じましょう!

自らの星が社交的活動、言動とお金の流れを示す西(兌宮)に回座する七赤金星さんにとっての今年は、昨年とはガラッと変わり、心地よさを感じる至福の時ともいえるでしょう。公私共に、貴重な出会いと応援が得られ、如才ないあなたの言動が周囲を和やかな場とし、自身の身辺も華やかさが増すこととなるでしょう!が、調子に乗っておしゃべりが過ぎるとせっかくのチャンスを失う結果に・・・。その場の流れや感覚だけで物事を判断せずに公私のけじめをつけ、周囲からの助言を活かし連携を取りながら事を成していくと良いでしょう。金銭面においても大きな入出金がある時ですので、金銭管理が大事な時です。盛運過ぎれば、衰運に向かうべき時でもあるので、気が緩んでの軽率妄動には注意が必要です。とはいえ、今までの自身に労いを与え、心身を休める事も大事な時ですね。そして秋の収穫を歓ぶと同時に神仏への感謝、今まで自分を支え導いて下さった方々への感謝を示すことを忘れないでください。健康面では飲食の席が増えます。暴飲暴食にならないように。疲労が極地になる人も、身体を緩ませる事も必要です。栄養バランス、睡眠、運動など今までの健康管理の見直し、心身へのメンテナンスは必須!(自身の健康に対しての過信は禁物です)歯の治療もお勧め!
産土・鎮守神社への感謝を忘れずに。また、2014年に向けて、良き変化の運を導いて下さるように祈りましょう。
日拝、自神拝、大祓いと心の彩度を上げて、七赤さんらしく楽しみを謳歌したいものですね。
成果=報酬の時 次の変化運に備えての休息とバランス感覚が大切。 モテ期突入、出会いのチャンスが多い年。楽しんでいる時こそがあなたの魅力増!友人が恋人へ昇格!ペアの 人は結婚へ! 二股三股の同時進行やお遊びはNG! 一時的なムードに流されずに確かな選択眼で本当の幸せ を掴んでゴールインの時。

 八白土星 あなたの輝きが、安定と安心を創ります!


変化の年!以外な行き詰まりに焦らず好機を待ち、よき変化を創る!
ポイント・・独断専行ではなく、必ず、信頼のおける方に相談をする。下準備は念入りに!

自らの星が、改革改善、家族や内面の充実と強化を示す北東(艮宮)に回座する八白土星さん、好む好まざるに問わず、変化や変動のある時期で、人生、運気の分岐点の年です。意外な行き詰まりにストレスも溜まりますが、ここは、冷静に状況を見極め、信頼できる方に意見を仰ぐことも得策。自信過剰気味になり反省心に欠ける時なので、生来の堅実さを見直し、基本路線を守ることや確実に実績を積み上げていく選択を心がける事です。変化への対応に備えての心身のバランスは今年一番で気をつけたいこと。プラス情報収集と予測の打ち立ても大事!自分流ストレスの解放を見つけ、生活にメリハリをつけ緊張感を維持してください。ある意味、機知力や適応力が冴えてくる年でもあるので、「変化の運」に乗って、今まで不調に苦しんでいた人にはチャンスあり!環境の大転換もありかも。身内間で財産や、不動産に関するトラブルや後継者間が表面化する場合も、目先の欲に捉われずに、冷静な対処と行動を。カードでの買い物は計画をもって、無駄な投資はNG!
自神拝、大祓い。吉方位取りや産土・鎮守神社。鬼門結界神社への参拝に力を入れてください。変化の時には、良い導きを下さり、守護の力が増します。日拝も運身の清めに効果的です。
過去の清算はスッキリと!心身の浄化!身辺の浄化!新しい自分に生まれ変わるチャンス!
変化が現れる年、結婚や妊娠も。別離も。同郷、旧友、職場など身近なところ、年の離れた相手に意外な縁が~!自分のペースだけでなく、相手を受け入れる寛大さが必要な時。強欲さや頑固はNG。自分自身を省みるチャンスあり。


 九紫火星 あなたが、光輝くことで、世の中が明るく照らされます!


今までの努力が評価される時!外見や体裁に捉われずに内容の充実さを心がけること。
ポイント・・持前の知力と感性を活かす!自分の直観を信じる。時には大いなる何かに身を委ねることも。
・実るほど頭を垂れる稲穂の如く、周囲への配慮は忘れずに!

自らの星が南(離宮)「明るく照らしだす」ことを意味する南に回座する今年の九紫火星さんは、良いことも悪いことも表面化する年です。これまでの努力が実って脚光浴びる人、秘密が露見して苦しい立場におかれる人と吉凶われる運です。全てにおいて活気のある周期なので、持前の直観力を活かして決断は早く行動は敏速をモットーとなさって下さい。正し、あまり見栄をはっての行動は結果的に自らを追い込むことになります。中傷や嫉妬も受けやすい時ですから、人間関係に配慮し、誠実で謙虚な姿勢が大切です。南の意「離合集散」の意味があるため、人間関係の新しい出会いや親しい人との離別も考えられます。文章契約印章事、印鑑、通帳の取り扱いは慎重に。神社参拝の中で新たな発見も。健康は、持病に注意。健康に慢心せずに早い時期に人間ドックを受けてください。早期発見・早期治療です。 ある意味神様に近づく時です。心を静めて、大いなる存在に身を委ね、メッセージを受け取る時かもしれません。 産土・鎮守神社に真摯に祈りましょう。そして、日拝、大祓い、自神拝は邪気をはねのけ、南遁甲ならでの潜在能力を上げる後押しになります。
周りへの感謝と神仏の加護への感謝を忘れずに。人間関係の見直しの時期!
魅力的で周囲から注目の集まる時。プライドや計算はNG。カップルは浮気心も。節度と思いやりの気持ちを大切に。離合集散の時期ですから、本当に大切な縁を求める。悪縁切りしやすい時です。


*今年は公に認められるチャンスの時です。成果が認められ信用を得る時ですので他人への思いやりを忘れずに。
華美を求める傾向なので堅実な経済観念も必要でもある時です。




平成25年開運のポイント

平成25年度は癸巳(みずのとみ)五黄土星(ごおうどせい)中宮の年
~自分らしく輝きを放つ時~


今年は、癸巳(みずのとみ)五黄土星(ごおうどせい)の象意の表す“年”です。
今年は、「熟慮」「知性」「備え」「バランス」「修理固成」「プランニング」「禊祓い」がキーワード。
今年は、何があってもおかしくない時。備え,覚悟,精神力,向かう所を目指す意思と行動力。そして共生と継承。
今年は、伊勢式年遷宮「遷御」を迎えます。新しい20年の始まりです。

「フローリーディング研究所」「各カルチャー」においての講座は以下の今年のテーマを軸に 開運のポイントを「主眼」において、講座提案をしていきます。

1)
■2013年は支配・破壊・天災・転換・再生・生成・進化の過程に向き合う時です。これからの時代を創るための進化と浄化の時です。天地自然の法則を学ぶ。
■2013年は、(自然)災害・人災・事故の多い年
・季節外れの異常気象・水害と地震の発生しやすい周期。雷・竜巻、急激な天候異変 ・安全対策の強化 ・危機管理体系の構築化

*歴史的には天変地異の多い周期です。一国という範囲ではなく地球規模の被害も懸念されます。
*地震・水害も多く、天災・人災の多い年でもあります。文化遺産を火事や災害で失う危険もあります。
*核施設の事故や放射能物質の海中投棄、汚染水の危険など環境汚染。
*集中豪雨、台風の被害、雷や竜巻、急激な天候異変。
*海底火山やプレートの変動も起こりやすく、地震、火山の噴火につながる場合も考えられます。
*このような災害から、農作物や漁業に影響を与え物価の高騰も考えられます。
*自然災害だけではなく、暴動、爆発、薬害、強盗、強奪、強請、毒薬、覚醒剤(麻薬)、
 テロによる事件。
*建物や交通機関、機械(六白に象徴されるもの)に関する事故。暴力団による事件。
*伝染病や感染症の蔓延も危惧されます。

●何があってもおかしくない時。備え,覚悟,精神力,向かう所を目指す意思と行動力。
●良質な情報を得る。柔軟性と本質を見据える賢さが必要。
●社会との共生。継承。
●次世代への課題 ・地球の存続 
●天地自然の道理を学ぶ

私たちは自然界の周期には、逆らうことができません。が「背反作用」が自然界の中で起きることは別の観点でいえば、相反するものを調整させ、有益なものに変えていく過程でもあるわけです。そんな時ですから目の前に起きていることだけに捉われて、自身が絶望や迷走、パニックを起こさない為にも“天地自然の道理を学ぶこともお勧めします。そして震災以降災害に備えたシミュレーションが盛んに行われており、今年は特に安全対策を強化していく事とさらに身近な家庭内、職場における備えも万全にしておきましょう。今できることは、何か?そして特に地域住民や市民と専門家が議論し合う機会を大事にして、社会全体で危機管理に対しての体系の構築が必須であると感じられます。

はじめて学ぶ開運の為の九星講座 初級方位鑑定士講座 総合鑑定士講座
*進化的輪廻転生
*神道易からみた貴方の七つの指針 *七つの指針


2)2013年は、ライフスタイルの転換期。自身の人生のプランニングとプロデュース
●良質な情報を得る。本質を見据える賢さ、謙虚さ、行動へ移す柔軟さの必要性
●未来を生き抜く為に、自分で考え選択する力。
●新しい働き方の提案
 ・何を目的として働くのか?
 ・幸福と感じることは? 自己内利益を高める
 ・サイドビジネス
●スペシャリストを目指す
●複数領域で専門的な知識を身につける
●天命、天職。自分自身を知る
●自立と自律
●次世代への課題

*就職難 *消費中心の生活で良いのか? *意識の違い→過去の習慣に捉われない

自身のライフスタイルを大きく変化させる年ともいえます。自分の本質を見抜き、人生のプランニングと自己プロデュースがこれからの人生を選択する作業ともいえます。外界の状況や抵抗に負けず、高い目標と勇気を持って人生を切り開いていきましょう!

*あなたがあなたで輝く為の「マイプログラム」
 ヒューマンデザインリーディングで自分の可能性を探る
*天命・天職講座
*自身をプロデュースする講座
個人鑑定で自分を知ることと運命の時を知る

3)2013年は新しいコミュニケーション方法によって、コミュニティが再生する。
SNS(ソーシャルネットワーキング・サービス)などの新たなコミュニケーション手段から生まれる 新しいコミュニティづくり。
*英語力は必要

●自分とは、異なるスキルをもった人達との繋がり
●知りたいことの聞ける専門家とのネットワーク
●国境を越えた気づきと問題解決へ
●パートナーを求める傾向 → 精神的な充足と人生の潤滑油

4)開運・開名(改名)
開運改名については、「姓名」=「生命」を基本としています。名前には生命が宿り、氣を発しています。名前とは“言語宇宙(波動)”の最も基本になるものです。フローリーディング研究所の開運開名姓名学は言語宇宙の波動学ともいいます。先祖の想念が子孫に“形”となってあらわれるのが姓名です。(先祖からの“霊的DNA”)
1.仏尊が守りやすくなる
2.天命を歩みやすいセカンドネームを持つのも良いでしょう。天命を歩みやすい名前は、神仏の加護を受けやすい名前でもあります。良い名前は特に仏尊の加護を受けて、人生を好転・開運させます。

*今年も開運開名講座を企画します。受講希望の方はご連絡ください。

5)明日へむかっての「反省」「自問」「自分を知る」「行動計画」をたてること。
「手帳」・「日記」・「スマホアプリ」の活用を工夫する。「メモ」を取ること。

●“自身をプロデュースするツール”をご活用ください。
 ・年間ツール ・満月、新月シート
●氣学手帳の活用例
 ・「自身をプロデユースする」の目的・目標の設定を書き込む。
 ・年間のスケジュールを書き込む。
 ・プライベートと仕事は同じ手帳で管理する。
 ・自分の吉方位を書き込む。
 ・その日の出来事を書く。反省することで改めて成長する自分を創る。
 ・自分のバイオリズムを観る。健康の状態も書き込む。
 ・心の記録を残す・・・感動を書き込む。
 ・目標に日付を入れる
 ・1日単位 ・ 週単位 ・ 月単位でやることリストをあげる。行動を書く。
 ・「うまくいったこと」「いかないこと」を1週間に1度チェックする。

6)2013年の方位について

「天・地の氣」を受け取る「吉方位取り」を積み上げていく。
足りない運氣は自らが取りに行きましょう!

「吉方位」での「神社参拝」  吉方位の神社へ行った時には、自己の祈りだけではなく、神様への感謝・開運・地球の調和・人類の平和の祈り プラス 宇宙意識へつながる祈りもいたしましょう!

方位別開運法

方位によって、「運気」が異なります。今年のそれぞれの方位の「運気」は・・・?それぞれの目的にあった「方位」の選択と「自身の吉方位」での「吉方位取り」で運気をさらにあげましょう!!

吉方位取りで誤解しがちなことは、「大吉方位」だけ、「月盤・日盤の重ね」だけが、吉方位取りではないことです。 日盤(日にちの行動)、時盤(時間の行動)でも、吉方位取りはできます。
現代社会において、私達は常に【移動】という現象がついてきます。だから、日々を過ごす中で、意識して吉方位へ行動することは、何も意識せずに移動するのでは、潜在意識に働く力が違ってきます。
多くの占術のなかで、唯一、「対処法」を備え、「自らが行動するだけで運気が変われる」のは、気学(運命学)のみです。実践が行動を促し、運命を変えていくのは、まさに2013年にぴったりの開運法であると。感じています。是非、机上の空論にならず、まずは、「行動」することから、自らの「運命改革」をしていきましょう。

2013年の「方位」の表す「運気」です

・北西=歳破
北(癸)・南(丁)=天道
恵方=丙の方位




北西


今年は年盤での使用はできません。月盤・日盤での吉方位のみお使いください


「名誉」「名声」「知力」「直感」「勝負運」に 恵まれる 「訴訟」にも強い方位 「美的センス」も磨かれます。
人生の岐路に立っている人には大切な方位。女性にとっては、華やかさが身につく方位。
・名誉を得る・名誉職に就任 ・株式,投機の利 ・頭脳明晰になる ・直観が働く
*学問や芸術に関する知性に溢れ、観察力が鋭敏となり目上の人の援助,引き立てが得られ出世します。
また新しいアイディアや発見が世間に認められ社会的名誉が得られ事業は大いに発展します。共同事業で成功して、上流階級の人や知識人との交際や取引のチャンスがあります。自分自身にとって、悪い縁が切れて良い縁がきます。



「健康」「愛情」「家庭円満」「思慮深さ」「計画性」「研究心」が養われます。「妊娠」の方位
・思考、思索力の増加 ・下積みで苦労の多かった人が急に人気が出たり地位が上昇する
・学問や研究が進む

*交際範囲が広がり、今までの付き合いがなかった分野の人との交際が生まれます。そこからの商売や取引、交渉などが成功して大きな利益を得ます。北と一白には”秘密”とういう象意があるので密な交際がスタートするでしょう。また、熟睡ができるようになります。


「発展」や「頑張る力」がつく方位。すぐれたアイディアやひらめきに恵まれます。「宣伝」「発表」にも良い方位。アンチエイジングの効果も期待できます。コミュニケーション力がつく。
・目的希望の達成・商売の発展 ・目的希望の進行 ・実績や善行が認められ成功
・活気がみなぎり、言動が活発になって実力を発揮できます。

*新鮮な気分に満ちて発展が期待できます。新しい計画や仕事を積極的に進めれば成功して周囲を驚かせる事となるでしょう。過去の実績が認められ成功のチャンスが巡ってきます。

西


「遊び」や趣味、恋愛など「楽しみ」「喜び」を司る方位。
・知人の援助により事業も発展し金運を得る ・万事好調な運気を招く 金運吉。
・交際上手になって、仕事が発展、営業成績の向上 ・親戚や知人との関係もスムーズになる。
・コミュニケーション力アップ! ・現金収入も増えて蓄財につながります。

*人の心をつかむのがうまくなり巧な話術で人間関係がスムーズにいくようになります。現金に関わる仕事が多くなり、思いがけない臨時収入があり、楽しいことが増えます。(飲食の機会も増えます)
家庭内のことでも歓びが増え、恋愛や結婚に恵まれる方位なので、恋愛運アップには良いでしょう!


南西


商談・縁談・不動産の利 勤労意欲が増す 信用を得る。
・商売は目立たぬようでも堅実に売り上げが増す ・サラリーマンは勤勉 ・誠実が認められる
・土地に関わることや古い事柄や古い友人によって利益が得られる 
・先輩や友人の後援で名声が上がり人気が高まる

*仕事への意欲がわいて実績をあげます。ずっと積み重ねてきた努力がむくわれ、なくてはならない存在になるでしょう。特に技術者は才能を開花させます。実直な働きものになり目上の人や親類縁者により、仕事も確実に発展していく。土地に関わることや、あるいは、古い事柄や古い友人によって利益が得られたりします。部下や目下の者は、良く働くようになり予想以上に発展する。また家庭を大切にするようになるので家庭円満になります。

北東


組織編成、転職、就職、結婚、相続の好機 後継者に恵まれる。
・栄転昇進 ・転職,脱サラがうまくいく ・不動産所得,住居の改築,改造が思うように運ぶ
・相続の利 ・良縁  ・マイナスの対人関係が一婦され、有益な人との交際が始まります
・新企画を実行し、周囲から評価を得て、地位が上昇し、収益も増加します
・有益な人脈を築き、頭が冴えてアイディアが成功します
・良い変化をつくりだします

*すべてに良い変化が起こります。今まで行き詰っていたことも良い方向良い状態に改善されるでしょう。やる気が増し、何事にも前向きに取り組めるようになります。

東南


「縁」に良い運気を運んでくれます。人間関係をスムーズにするので、商売繁盛のために良い効果を発揮します。
・縁談の成功・計画希望の達成 ・商売や事業の上で実利が増大し遠方との取引が好転する
*理解力が優れて仕事もバリバリこなすようになり世間の信用が益々大きくなって出世するようになります。契約、縁談、遠方での取引や交際関係など何事も思いどおりにまとまり金銭的にも恵まれるので、仕事も家庭も順調になります。恋愛や結婚に恵まれる方位なので、恋愛運アップには良いでしょう!

今年、全ての人が使えない方位
■五黄殺 誰に対してもの大凶方 事故 病気 トラブルなどあらゆる凶殺を招きます
■暗剣殺  誰に対してもの大凶方 予想外の災いが突発的にふりかかってきます。
■歳破  誰に対してもの大凶方 物事が全て破れ、思惑どおり運ばない方位。
    順調に進んでいたことが成就寸前で180度ひっくりかえってしまう現象が起きる
    今年は北西方向
   ・強盗や暴力の被害・交通事故  ・新規事業の失敗・後援者との金銭の事での争い
   ・投機による破産  ・事業不振・人が離れ・孤独 ・見込み違いの続出 ・足,頭の病気
■月破・日破も注意してください。
■他 本命殺、本命的殺にも注意してください。

●「行動」がともなうものには、すべて「方位」がともないます
●方位は毎年、毎月、毎日変わります
●「月の吉方位」、各九星の「運気」は詳しくは「フローリーディング」今月の運勢(今月の吉方位)をご覧ください。
●自身吉方位を知る ・目的別・願望別 ・「神社編」 
●吉方位と効果活用法 吉方位開運ツアー他講座

7)「パワーストーン」の活用

2013年の運気から
・自身の身の守護 ・神仏からの加護 ・邪悪なものを寄せ付けない ・転換期にふさわしい石
・自分の目標に力添えしてくれる石  ・方位除け要素の含んだもの
今年は特に ・パワーの強い石 水晶の彫り 大きくて立派な石のもの
・ブレスレット  
・方位除け専用のブレスレット(既存のブレスレットと重ねてします)
・既存のネックレスを利用してのヘッドなどがお勧めです。

吉方位でのパワーストーンの活用は身近に出来る開運法の一つです。改めて、実感して頂きたいものです!
今年のパワーストーンは2013年の気運に対応した石を選んでおります。

●2013パワーストーンの石・意味はこちら

2013年パワーストーン展示会
◇3月9日(土)3月17日(日)3月25日(月)11:00~16:00(全て予約。時間外は要相談)
2013年パワーストーン展示会をAMANA2階にて行います。
*同時開催 開運占いカフェ
AMANA開運カフェはこちら
◇今年の石 企画作品のオーダーも承ります 詳細はこちら(2013年分は近日中アップ予定)


*専門的な分野になりますが・・・・・ 
(こちらは興味があれば、直接お尋ねください)

ヒプノセラピー
「過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと
「過去―現在―未来」、前世の自分自身からの"メッセージ"を受け取ってみましょう!
「過去―現在―未来」、前世の自分自身からの"メッセージ"を受け取ってみましょう!

*ヒプノセラピーセッション

産土神社・鎮守神社リサーチ(自分・父母)、産土神社・鎮守神社21日参拝と菩提寺に参拝
生かされている事の感謝。内在神に目覚めることで、より豊かに輝く人生をおくりましょう!
("ご利益信仰"ではない、根本的な清めに入る。信仰心の確立。)
*産土神社・鎮守神社リサーチ・・・・「産土神社開運法」をご覧ください

「神・仏・自身」「天・地・自身」「過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと。
「神仏・運命学・現実」を現実化していく"時" (北東一白・北西八白)

*三位一体は「神仏」「氣」「現実」を表す。
「神仏」= 守護の神仏  日拝・自身拝・産土信仰(鎮守、守護)
「気」 = 宇宙、大自然の運行を含めた気のことで「運命学」(気学も含まれます)
「現実」= 現世(今生)お金・健康・実現化
「神仏」「気」「現実」「三位一体」はどれ一つも欠けると、バランスがくずれていきます。
天地の道理・法則から、「運命学」を学び、生きている中での多くの「選択」を自分で導き、「開運」し、「現実生活」を豊かにすることを自身でプロデュースしていきましょう。
*「開運」とは心と人生、お金が豊かになり、経済的・精神的自由を得て、ゆとりをもって社会的貢献(地球、大自然)を行う事です。

2013年は、引き続き、前世・宿命・運命が清まる期間。
産土・鎮守神社。表・裏鬼門結界神社寺院参拝を!先祖供養とお墓参り(墓の修繕)を!
浄化能力の高い満月の時も見逃せません。「自神拝」と自身,家族,社会,自然界への「禊祓い」へ。

*2013年は“これからの時代を創る為”の浄化と進化の大転換期を迎えます。*ターニングポイントといえる時です。
*癸巳五黄土星が示す今年は運勢的にも強烈なエネルギーが生じ作用します。気学の定位盤が示すようにこの世は全てのものに生死滅があります。この終始循環してやまず終わることのないサイクルは宇宙の原動力でもあります。今年はこの天地自然の流れの中で生成、進化の流れを感じ、今における状況を冷静かつ客観的に見つめ考え本質を見据える賢さ、謙虚さ、行動へ移す柔軟性さ、*禊祓いと今自身の持てる全てを酷使する覚悟を持てば (神仏の後押しも働きます)、“事物の変化する法則”を掌握できるでしょう。

●自分自身の可能性を信じ、どれだけの人が真剣にトライするでしょうか?大きなスパンの中では千載一遇チャンスと感じます!
●自身の彩度をあげ、自分らしく輝き放つ時
 今年は、自身の九星がホームラウンドに戻り、あるべき姿が映しだされ、ここに生を受けた
 自分自身が自身の運命をもって、もっとも自分らしく生き抜く時です。自分らしく輝きを放つ年です。
●「大祓い」「自神拝」「満月の会」に参加しましょう!

*「禊祓い」とは?
神道は祓いで始まり、祓いで終わるといわれていますが古神道には禊(みそぎ)と祓い(はらい)があります。ミソギは身削ぎであり、内部のケガレを出すことで「内清浄」ないしんじょう といいます。ハライは外からのケガレを祓うことです。「外清浄」(げしんじょう)といいます。内と外をあわせて、ミソギハライになります。多くの人達は漠然と、さまざまな運命現象(トラブル、不幸、事故など)は外からふりかかってくる災厄のように捉えています。しかし、空亡や厄年の現象からもわかるように、自分の運勢や運の質によって、ある程度人生がきまってきます。気学では生まれ月の月盤から、先天運を観ることができます。

*2013年は、この自身の運命の改善も可能と出来る年でもあり、新しい時代へ向けての再生・生成・進化の過程に向き合う時です。
陰と陽のバランス、陰陽調和が大切といわれています。
2010~2012年は「禊祓いの年」としての自身の運命改革、先祖や自身の前世を清める事を推し進めてきました。
そして2012年からは「自神拝」「大祓い」も取り入れております。
加えて、2012年からの3年間は、それぞれのステージに合わせた「禊祓い」と進化します。
2013年も産土・鎮守神社。表・裏鬼門結界神社寺院参拝を!先祖供養とお墓参り(墓の修繕)を!
「自神拝」と自身,家族,社会,自然界への「禊祓い」へ。
(こちらについての詳しい内容は、満月の会、進化的輪廻転生、自神拝、大祓い講座にご参加ください)

自神拝 ●大祓い講座 ●満月の会 
●日本の神社・神域紹介 神様関連講座 
●厄年 空亡について 
吉方位開運ツアー 
産土神社・鎮守神社参拝 ●表・裏鬼門結界神社・寺院参拝
神道リサーチ(個別鑑定)

フローリーディング研究所 中村彩祐子
フローリーディング研究所HPはこちら
お問合せはこちら
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.