平成21年の運勢
本年平成21年己丑(つちとうし)九紫火星(きゅうしかせい)中宮の年

今年のテーマは・・・
感謝と輝きの年に! 
今、まさに自分の「天命・天職」を自覚する時


■より真実を観る心の眼が大切。身の周りに起きる事柄に動揺せず、
 落ち着いた判断と的確な措置が必要な“時”
■2010年に向けて「天命・天職」を自覚する“時”
■「神威が発動する年」ひとりひとりが自分の人生を大切にし、
 良き事も悪しき事にも 生かされている感謝の“心の原点”を見つめる“時”
■「神・仏・自身」「天・地・自身」「過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと。
 「神仏・運命学・現実」を現実化していく基盤をつくる“時”
■「お金」をエネルギーとして捉え、新たな「価値観」を持つ“時

己丑(つちのとうし)九紫火星(きゅうしかせい)の示す「意」
『己』
陰性の土を示します。「起」の走編を去ったもので、繁茂した草木が成熟して、まさに実を結ばんとする興起の時を象徴しています。反対にくずれやすく不安定な状態とも観、善にも悪にもなりやすく変化も起こるという土星特有のことがあります。おのれ、みずから。
『丑』 
「紐」の糸編を去ったもので結んで解けないという意味になります。易では地沢臨(ちたくりん)の卦に相当し、季節では土中で陽気のさらに伸張する1月にあたります。すなわち草木の種が土中で芽生え、あたかも紐をくねらせたように屈曲している有様を象徴したものが丑であります。方位は北北東 時刻では丑の刻 五行は土星 思いにかられる、義理がたく、正直、真面目、はじまる、刻々と変化する様子、結ぶ、手枷、しっかりと握った手や拳の形を写した (丑は紐に通づ)    
『己丑』
性格を六十干支でみると、大衆的で中年運があり、波瀾は少ないです。コツコツと力をあらわします。

『九紫』正象
=「火」を表し、天に日輪の輝く象となります。離(り)は麗(り)なり、とあって麗は美しいという意味の他に「つく」「のぼる」という訓みがあり、 火は燃え上がり、そして美しいし、また物について燃えるのが火の性情です。卦徳=明智 卦意=美麗。日輪・光明・目・見・乾燥・飾・争・競・争

「九紫火星』 時刻では午前11時から午後1時までの「午の刻」季節は夏六月「芒種―夏至―小暑」 天地万物は南面するのが陽の極地であり、九紫の「九」も陽数の極、「紫」も最高を表す色です。 天・頂上・全盛・頭などを象徴し、小は世帯主から、大は首相・元相・立法の中心である議会・議員。行政官・官公庁・署を示します。光・熱より映画・テレビ関係・カメラなども表します。神仏・心願・名誉・発見・露見・華美・離別・分離・火の車・離婚・鑑定・除名・脱退・光・輝・化粧・美容・装飾・印鑑・証書・株券・書籍なども意味します。

本年平成21年己丑(つちとうし)九紫火星(きゅうしかせい)中宮の年

今年のテーマは・・・
感謝と輝きの年に! 
今、まさに自分の「天命・天職」を自覚する時


■より真実を観る心の眼が大切。身の周りに起きる事柄に動揺せず、
 落ち着いた判断と的確な措置が必要な“時”
■2010年に向けて「天命・天職」を自覚する“時”
■「神威が発動する年」ひとりひとりが自分の人生を大切にし、
 良き事も悪しき事にも 生かされている感謝の“心の原点”を見つめる“時”
■「神・仏・自身」「天・地・自身」「過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと。
 「神仏・運命学・現実」を現実化していく基盤をつくる“時”
■「お金」をエネルギーとして捉え、新たな「価値観」を持つ“時

己丑(つちのとうし)九紫火星(きゅうしかせい)の示す「意」
『己』
陰性の土を示します。「起」の走編を去ったもので、繁茂した草木が成熟して、まさに実を結ばんとする興起の時を象徴しています。反対にくずれやすく不安定な状態とも観、善にも悪にもなりやすく変化も起こるという土星特有のことがあります。おのれ、みずから。
『丑』 
「紐」の糸編を去ったもので結んで解けないという意味になります。易では地沢臨(ちたくりん)の卦に相当し、季節では土中で陽気のさらに伸張する1月にあたります。すなわち草木の種が土中で芽生え、あたかも紐をくねらせたように屈曲している有様を象徴したものが丑であります。方位は北北東 時刻では丑の刻 五行は土星 思いにかられる、義理がたく、正直、真面目、はじまる、刻々と変化する様子、結ぶ、手枷、しっかりと握った手や拳の形を写した (丑は紐に通づ)    
『己丑』
性格を六十干支でみると、大衆的で中年運があり、波瀾は少ないです。コツコツと力をあらわします。
『九紫』正象=「火」を表し、天に日輪の輝く象となります。離(り)は麗(り)なり、とあって麗は美しいという意味の他に「つく」「のぼる」という訓みがあり、 火は燃え上がり、そして美しいし、また物について燃えるのが火の性情です。卦徳=明智 卦意=美麗。日輪・光明・目・見・乾燥・飾・争・競・争

「九紫火星』 時刻では午前11時から午後1時までの「午の刻」季節は夏六月「芒種―夏至―小暑」 天地万物は南面するのが陽の極地であり、九紫の「九」も陽数の極、「紫」も最高を表す色です。 天・頂上・全盛・頭などを象徴し、小は世帯主から、大は首相・元相・立法の中心である議会・議員。行政官・官公庁・署を示します。光・熱より映画・テレビ関係・カメラなども表します。神仏・心願・名誉・発見・露見・華美・離別・分離・火の車・離婚・鑑定・除名・脱退・光・輝・化粧・美容・装飾・印鑑・証書・株券・書籍なども意味します。
『己丑九紫火星』の示す「年盤」
南に四緑木星暗剣 ・北に五黄 ・南西に六白歳破の年

世界との関係
日本からみて、*南・北・南西方位の国々との関係は要注意です。もちろん旅行なども控えて頂きたいです。 (この方位は、全ての人に共通ですが、各々にも注意が必要な方位もあります)
*南方位=アメリカ(グァム)・オーストラリア(シドニー・メルボルン) 
*北方位=ブラジル(リオデジャニロ)・ロシア(ババロフスク)
*南西方位=フィリピン(マニラ)・シンガポール(シンガポール)・インドネシア(ジャカルタ)・台湾(台北)  ・中国(香港)・タイ(バンコク)ベトナム(ハノイ)南ア共和国(ケープタウン)

昨年は、サブプライム危機が世界の金融市場に動揺を与え、ドル安、株安に影響し消費生活にも波紋を及ぼしました。 今年も引き続き米国景気の減速感は否めないでしょう。イラク戦後処理、イラン・北朝鮮問題をオバマ新大統領(1961,8,4生3-9-6(南西))の指導力が全世界からの注目にもなるでしょう。オバマ新大統領の手腕が発揮される2010年までの新規基盤・態勢づくりが決めて。
ロシア・インド・中国・ブラジル等経済成長の続く国やオイルマネーで潤う産油国に反して、アフリカ等最貧国の混迷から緊張・紛争は懸念されます。丑の変革は貧困の恐怖にさらされた国民が経済自立を目指すことに。 特に、食糧危機や内部事情が複雑な国ほど混乱の統制が急務。思想や宗教観の違い、人権問題も根深い怨念を生み、内紛や暴動、暗殺事件を引き起こす可能性も。また、台湾独立問題も大きな焦点になりそう。
地球温暖化が叫ばれていても、エネルギー・食糧不足との絡みあいで各国の利害対立は否めません。地球規模で石油に代わる新たなエネルギーを開発していくことが必須。 そこでバイオ燃料が代替エネルギー候補でもありますがここにも新たな問題を含んでいます。エネルギー価格と農産物価格が結びついてしまうと世界経済の足かせになることも・・・ 食糧サミットでの国際社会の協調が必要です。
また日中韓の連携も「アジアの平和と安定・繁栄」に極めて重要なことです。中韓は日本との歴史認識に巡る複雑な感情を乗り越えることも課題のひとつです。
いずれにしても母国だけではなく、地球全体を視野においてのそれぞれの国の役割を遂行できることが重要な認識として各国トップが行動できるかが問われる時です。
   
日本では

依然政治と内閣は迷走状態
昨年に引き続き「トップ」が「トップ」としての立場を遂行できない年ともいえます。「丑」年は法改正や制度改革の閣議決定が多い時です。机上の政治論争や経済論議で現実問題を想定しない政治、 国の「リーダー」が観えてこない日本に対して国民の政治に対する不安は極値に達する感だけでなく世界での日本の政治能力の低評価も否めません。”党”ではなく”国民”の為の政治姿勢、”日本”だけでなく ”世界”を見つめての政治能力が不可欠な時です。
昨年はサブプライム問題を契機に急激な円高が進行し、更に原油高騰で日本経済は大きな問題に影響を受けました。今年はガソリン価格の高低差が著しいと同時に株価も上げ・下げ幅の変動率が安定せず、更に経済は下降局面に向う兆しが懸念されます。特に今年は構造的な不況倒産が懸念されます。=「倒産ラッシュ」が続く恐れがあります。国内GDP(国内総生産)は減速、設備投資・輸出もマイナス。所得の伸び悩みについで物価高騰の影響でますます消費の節約志向が強くなります。特に自動車販売ではより顕著に現われてきます。(六破)最も警戒しなければならない事としては中身も実態も不透明なまま証券化される商品です。(南四暗剣)昨年より更に二極化傾向が進み、格差社会の進行も深刻化する。また、公務員制度改革、新たに始まる裁判員制度、道路特定財源の一般財源化、雇用問題、解雇された派遣労働力をどこに向かわせるか?(ワークシェアリングの活用)、介護問題、病院問題、自給率の低下など、多くの法改正や制度改正が要求される中、今年も迷走する政治と内閣になりそうです。(2010年に新たなるリーダーを期待したい所) そして、対岸の中国を意識しながらも、オバマ大統領新対勢のアメリカに対して、政治と経済動向にいかにアプローチしていくかも日本の政治手腕が問われる時です。

今年は内需を拡大することが必要不可欠
分散を防ぐ「己」の働き、「丑」の良い方向へ変化させる働きに日本が向う所は「志」と「技術力」ではないでしょうか?”モノづくり”の技術が蓄積されていることの上に新たな産業を生み出す力、研究開発に力を注いでいくことが日本経済を立ち直らせる原動力ともなるのでは。 「他力と自力」の認識の区別が必要な時代でもあり、日本として何が出来るか?「地力・自力」を再認識することが「再生」の起動力になるかと考えられます。

日本社会のモラルの転換期
また、(四南暗剣・九紫火星中宮)から、ますます机上の空論化とそして情報の乱れも懸念されます。「風」「火」の象意が示すものに災害・社会的問題が考えられます。世界規模での気候変動、エルニーニョ現象とは別に潮流の異常や天候異変があるかも。危惧されている新型ウイルス感染は最も避けたい事です。火難・ガン・エイズ・高熱を伴う風邪・胃腸病・眼病・精神疾患・泌尿器・婦人病・不妊・流産などの疾病傾向にあります。 大きな火災・ガス事故・水難・交通事故・爆発・中毒や細菌感染も懸念されます。離婚率も多い年です。
そして、「ネット犯罪」も今年の象徴される所大きな被害がでます。「スキャンダル」は世間を賑わします。(あってはならないこと、昨年水面化に隠されていた事の公表される暗示も)マスコミの筆害・口撃もモラルを超える傾向にあります。昨年同要刃物での事件も多発傾向です。(今年は切り裂くというのではなく鋭利な刃物で突き刺すというイメージがあります。) 印鑑・証書の詐欺被害も多いでしょう。
そんな中で個々の危機管理体制はもちろんのことですが、(「依る禍い」を除ける事にも注意も見直す時です。) 各地域が連携して「犯罪」を未然に防ぐ強化体制づくりと「犯罪に立ち向かう意識」も必要です。 さらに「教育の現場」でのモラルの低下。教師と保護者との軋轢や責任問題。犯罪事件。
公的立場にある人の汚職や倫理問題などが大きく報道されます。これは「教育内容・制度」の再検討 再構築へシフトされることになるでしょう。
秩序の乱れ、身分や立場を省みない行動や事件が各々に「倫理感」を再認識する事につながります。日本社会のモラルの転換期でもあるわけです。

・・・今だから
戦後私達は多くの物を生み出したくさんの利益をも得てきましたが、またそれと同時に日本人としての魂や大切なものも失ってきたように感じられます。これからは「勝ち。負け」の時代ではなく「共生の時代」「ユニティの時代」にはいります。眼に見える物への執着から、眼に観えていく精神的な世界観へ価値移動していく時を迎えているといってよいかと考えられます。そして、今この時代に日本人として生まれてきている宿命にも自分の生きる道「天命・天職」があることにも自覚する時なのです。 「精神性」「情報」がポイントとなる2009年は易にもあるように「窮すれば通ずる」(腐敗が極まれば、新生の風がふく)で、日本人の根底にある精神をよみがえらせて「清き心で自然に感謝して」生きる姿勢を見直し、実践し、この日本の精神を世界にとおす時代を迎えているのではないでしょうか?   
地沢臨の意は「志をもって積極的に行動せよ。包容力をもって、調和をこころがけよ。具体的な目標を実現するチャンスをものにせよ」です。 

平成21年は己丑の年、九紫火星の年
今年は九紫火星の表す「火」「日(太陽)」の象意からも昨年の「水」の浄化ではなく、全てを焼きつくすが如く、善悪共に、明白な事実として顕れていきます。 (特に昨年の六白(北暗剣)より、「隠されていた事実」も水面下から浮かびあがり、世間を総然とさせる事実もあるでしょう。 政界、経済界、教育現場でも大きな事件が予測されます。また、大きな自然災害・事故も懸念されます。
己丑の年の意から この「己」は正しく“おのれ”であり自らをあらわします。 「丑」は土中の万物は形を屈折させ、縮まる姿を表します。外にあるものに対して、「丑」も同様に内なる自己や自身のことを表します。
 ~ ということからも、世の中の事実から目を離さず、立ち向かい今一度原点に帰る「己」を見つめ直す時でもあり、「丑」の変化の意より、起死回生のチャンスでもあります。 ですから、落ち着いた判断と適確な措置と「行動力」が大切な時です。そして、戦後の時代の流れの中でそれぞれが日本人として「忘れかけていた大切なもの」を見出す(“よみがえり”の)時なのです。 逆境の中でも日々の中で「ありがとう」と感じることがたくさんあることに気づく時でもあるのです。善き事、悪しき事にも起こっている事実を受け入れ、 生かされている事にあらためて感謝の意を捧げる時でもあるように感じます。この「感謝の意」は「善」のエネルギーを生み出し、九紫火星の「神威」を発動する「力」を促すことにつながります。 古来から日本人が「全てのものを生きているもの」とし「神」が宿るとしてきた「祈り」の力をよみがえさせる時でもあるのです。 「笑い」と「感謝」「謙虚」。「畏れ」を忘れずに前向きな「言霊」を発していくことが必要です。
(うらみ、繰り言、怒り、否定・・・負の言霊を発せずになさってください)
  今は、「己」が試される時です。自身の自分の軸をしっかりと打ち立てた中で、それぞれが光輝く年にしていきましょう。
  「自身の中の大切なもの」に目覚める時なのです。 そして、六白が東に回座する2010年に向けて、時はまさに私達に「天命・天職」を自覚する機会を与えてくれているのがこの2009年であることを感じております。 「己」を見つめて、九紫火星の示す意、「氣づき」と「発見」の中、自らを省みて、私達に内在している豊かで、気高い精神力(内在神)を自覚し、この時代を確かなものとし行動し、誇り高く生きていきましょう!

どうぞ皆様方におかれましても「今年の気運」を捉えて、新しい年に向けての努力、行動が次期を創っていきますように。「惑わされる」のではなく「自らの真実」を築いていける年でありますように。
「感謝と輝き」の年、平成21年己丑九紫の中宮の年」でありますようにお祈り申し上げます。

平成21年1月吉日

 フローリーディング研究所 中村彩祐子




2009年各九星の開運のポイント

■ 一白水星・・・責任感と自己アピール 
常に活動して休むことがない年になります。目上の引き立てや協力者に恵まれ、大飛躍のチャンスもありますので、私利私欲の 傾向にならずに、特に仕事に貢献することで運が開けてきます。公事に力を注いで自身の才知・才能を活かしてしてください。万 事控え目な一白さんですが、リーダーとしての責任感も必要です。今年は自信のあること、得意分野は表明をすること。相手の 意向を汲んだ上で持ち前の駆け引き上手を大いに活かし”流れ”を自分に引き寄せましょう!但し姑息な手段や小細工はNG。 公明正大さを心がけて、目的達成を。神仏との関わりを大切に。特にお墓参りは忘れずに。「神威」発動の一旦を担っていること も自覚してください。

■ 二黒土星・・・社交性に磨きをかけよう!
今年はいつもの石橋を叩いて渡る二黒さんではなく、興味のあるものには”トライ”してみましょう!ことしは実行力と活動 力が巡る時。自分の世界に固執するのではなく、多くの方と触れ合う機会がありますから社交性に磨きをかけてステップアップの チャンスを掴みましょう。自己評価を高く持ち、目的意識をはっきりさせて”収穫”を逃さずに。 但し、氣が緩みすぎたり、ムードに流され、最後の詰めを甘くなるとNG。ここは、いつも二黒さんらしくけじめと誠意をもって の行動がより信頼を得ることに。金銭面は順調です。多いに楽しんで、活きたお金の使い方を心がけてください。恋愛・結婚運は 順調!

■ 三碧木星・・・運気の流れの「時」を掴む
変化・変動の時です。事にあたっての「時」を誤らないように。必要なものの選択・変化の時を掴んで、運気の流れに乗ってくだ さい。身の回りだけでなく、人間関係の整理にも良い時です。決断の速い三碧さんですが深く考えながら真面目に行動する時で、 周りのムードに流されたり、思いつきや計算づくでの転向はNG。方針決定の際は特に慎重であること、師や経験者に意見を仰ぐ ことです。突然の人事異動や転勤。環境の変化にも不平・不満。特に言葉に出してははNG。的確な方策、フォローが発揮できる ように準備も大切です。今年はいかにストレスや疲労を解消させ気力体力を維持するかがいつも若々しく魅力的に過ごせる三碧さ んのポイントかも。
 
■ 四緑木星・・・真実を観る眼と判断力が決めて
周囲が慌ただしくなると同時に良きにせよ悪しきにせよ、注目度が集まる時です。秘密がばれてしまう人も。そんな今年はいつも の四緑さんのように迷い心を見せるのは禁物です。自分を観る目と適格な判断力がチャンスを呼びます。但し、見栄や背伸びでの 判断はNG。自分の仕事を確実にこなしていれば目上の人や実力者の人のバックアップが期待できます。いつもの貴方らしくない と思われても全力でぶつかっていく、めげないで粘り強く事にむかうという、自分の内面にもっている芯の強さを出す時です。 今年の評価は時期の成長につなぐ為に受け取りましょう! 契約書などの文章、印鑑の扱いは要注意。スキャンダルの渦中に巻き込まれる恐れあり。

■ 五黄土星・・・10年を見据えての熟考を
運気低迷を打破しようと頑張り屋の五黄さんでも今年は持ち前のエネルギーの使いかたを誤るとNG。ここは、足元をしっかり見 て、周囲との関わりを見直す、不足不備の補点をして、足元を固める時です。オーバーワークは控え、誰かに委ねる勇気も大事 。自営業やフリーなら財務を始め内部の見直しにも良い時です。そして身内や仲間との良い関係を保つことも運気を安定させる事 に。「笑顔・謙虚さ」が大事です。健康管理も大事な時です。「人間ドック」を受診しましょう。今年は次期に対する「計画」を 熟考する時です。学問・研究の分野にはツキがありますのでコツコツと実力を養う意味では最適な時期でもあります。不測の事態 に備えることと義理人情に絡まれて判断を誤らずに、泰然と構えることがポイントです。

■ 六白金星・・・2010年に向けて 目標や夢の下準備に
運気低迷だった六白さん。後少しです。2010年に向けて、発展の基礎を築くための好機と心得て、急進せずに。情勢をしっかりと 見極めて、地道に精進することです。結果・成果を望まずにひたすら、来年の発展運につなげる為に体力増強・実力を養うことで す。世話や雑事に追われますので、“時の使い方”が運をわけます。怠け心はNG。六白さん特有の強気な部分・プライドも今年は控えて相手の話しを十分に聞きましょう。場合によっては“流れ”に任せるゆとりも大事。人への思いやりを養う時です。上司や経験豊かな人の助言に耳を傾けてください。

■ 七赤金星・・・何事もレベルアップを目指す向上心を
活気満にた盛運です。気力を充実に何事にも積極的な行動して成果をあげる事ができます。力量・実力を蓄えてきた人には、新規 事業・新しい分野へん進出に最適な時です。やればやるほど成果のあがる時なので、つい「このぐらい出来れば十分」と思ってし まう、楽天的な七赤さんの自己満足はNG。向上心と冷静さと責任感で“流れ”を味方につけてください。元来、“収穫を分かち合 うことが自然にできる七赤さんですから、成果を出して、この不況に「豊かさと笑い」をもたらす一役も担っていることも自覚し ておいてくださいね。東回座の為「顕現」の象意もありますが悪しきことが現れても慌てないこと。早とちりや状況の読み違い はNG。運気は貴方の味方です。

■ 八白金星・・・分かちあい・*神は人を助けるものを助く
対人運や仕事運も好調、活発化する時です。過去の実績が信用となり交友面からの引き立てチャンスが訪れる時です。いつもの八白さんのようにやる気と持てる力を思いきりぶつける前向きな姿勢が“福の神のご加護あり”です。人脈と確かな情報を得ること 適切なアドバイスが幸運の鍵を握っています。頑固で独断先行の八白さんではNG。周囲との調和や対人関係を大切にして、柔軟 な態度で素直に受け止めることが課題のひとつです。 特に若い人は良縁に恵まれたり、自らも発奮して大事の成せる兆しもあります。事の順序や善悪の判断を誤らなければ、好調に推 移し将来の土台を築く年になります。七赤さんと同様に、この不況に「成果」をもたらすエネルギーを持っていることを社会貢献 に一役を担っていることを自覚してくださいね。 (*本来は「神は自らを助けるものを助く」です)

■ 九紫火星・・・自分の立場や役割を再認識
今までの方針の判断の良否がハッキリしてくる今年、今一度自分の立場や役割を再認識しましょう。 実力や技量をより生かす為にはどうすべきか?洞察力・自己を客観的にみる冷静な眼と知識と確かな情報が必要です。 ただし、予想外の壁にぶつかっても、自分の判断だけで動くのはNG.見栄や態勢は今は捨てて、上司や専門家の意見を仰いで ください。そして、本来の九紫さんの「直観力」と行動力」を活かして、相手の心の「輝き」を見出していくこと、各九星に対し していかにリーダーシップをとっていくかは今年という時代の役割を担っていることを自覚してくださいね。




今年のパワーストーン

アメジスト、カルサイト、ラブラドライト、ラピスラズリ、ネフライト、サンストーン、クンツァイト
~補助石~
 スギライト、モルガナイト、ルチルクォーツ、ダイヤモンド、トルマリン、 チャロアイト、アクアマリン、ラリマー、ローズクォーツ、ハウライト ムーンストーン、エンジェライト、アクアマリン、タイガーアイ、レッドジャスパー、 アンバー、シトリン、カーネリアン、レピドライト

→詳しくはこちら




平成21年開運のポイント

~感謝と輝きの年に! 今、まさに自分の「天命・天職」を自覚する時~
「フローリーディング研究所」「各カルチャー」においての講座は以下の今年のテーマを軸に 開運のポイントを「主眼」において、講座提案をしていきます。 今年は高貴な明るい兆しの中にも着実で実質的なものが基盤となる“年”です。
今年は「己」おのれ(自身)を見つめ、「自らの真実を築く」“年”です。

より真実を観る心の眼が大切。
身の周りに起きる事柄に動揺せず、落ち着いた判断と的確な措置が必要な“時”

今年は全ての事柄があぶり出されより物事が明確にはっきりと観えてくる“年”です。「白日の如く」、  不遜な仕組みは根底から覆されます。個人の危機管理も大切でもあります。
◇吉方位取り
◇パワーストーン
◇表鬼門・裏鬼門結界神社・寺院参拝 
◇東京結界神社参拝 
◇産土神社・鎮守神社参拝

●気学全般講座
●今年・今月の運勢を知る 
●パワーストーン関連講座
●吉方位開運法講座
●新月の会 
●吉方位開運ツアー 
●産土神社・寺院開運法 東結界神社講座 空亡対策講座 他神社関連講座

2010年に向けて「天命・天職」を自覚する“時”
日本人として生まれてきた宿命の中に「天命・天職」があります。今ある環境の中で自分の出来ることを行動し、心から喜べること、好きなことを特化していくことで「天命・天職」が自覚できます。 志をもった生きがいは自分の存在意義になります。宇宙の大いなる意思に基づき、神仏の大いなる守護のもと、宇宙のバイオリズム(道理)に順応し、自分の得意分野を活かして、神仏を含めた自然界・人間界・社会に 調和をもたらす働きが「天命」です。それを仕事にした場合、「天職」となります。
◇自分の今できることは何ですか?
*家族には? *身近な周りの人々には? *仕事では? *子供達には? *社会には?

●「天命」「天職」について
●自身をプロデュースする
●産土神社・鎮守神社参拝
●神道リサーチ(個別鑑定)

「神威が発動する年」ひとりひとりが自分の人生を大切にし、
良き事も悪しき事にも 生かされている感謝の“心の原点”を見つめる“時”

今年は「心に栄養」を与えていくことを心がけてみてください。日拝・自神拝は勧めてきておりますが 「ありがとう」を感じる心も育てていくこともこころがけましょう。日々の生活の中で良かった事、当たり前のようにできていたことに多くの感謝が心を満たすことになるかもしれません。 自分の人生を大切にして、笑顔・感謝と謙虚さをもった言霊を発していきましょう!(ご先祖様にも) ◇「私は」からはじまる言葉は特に注意を向けましょう!
◇「日拝」「自身拝」を日常化する
◇ 伊勢神宮参拝◇お墓・菩提寺参拝 
◇ 吉方位取り 
 
●日本の神社・神域紹介 神様関連講座 
●吉方位開運ツアー 

「神・仏・自身」「天・地・自身」「過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと。 「神仏・運命学・現実」を現実化していく基盤をつくる“時”です。
人間は、直霊を中心とした一霊四魂という“内なる神仏”を宿した存在です。一霊四魂は、現代風にいいますと、 ハイアー・セルフ(higher-self)= 高次の自己です。大いなる開運は内なる神仏「一霊四魂」にかかっています。 *三位一体の気・現実の世界が「宿命・運命」です。三位一体の神仏の部分が天命にあたります。 天命だけではなく現実的な問題として、宿命・運命も踏まえていくのです。宿命。運命を無視したら天命はできません。

*三位一体は「神仏」「氣」「現実」を表す。
・ 「神仏」= 守護の神仏  日拝・自身拝・産土信仰(鎮守、守護)
・ 「気」 = 宇宙、大自然の運行を含めた気のことで「運命学」(気学も含まれます)
・ 「現実」= 現世(今生)お金・健康・実現化

◇表鬼門・裏鬼門結界神社・寺院参拝 
◇東京結界神社参拝 
◇産土神社・鎮守神社参拝
◇お墓・菩提寺参拝
◇日々の瞑想 特に「満月の祈り」は宇宙意識につながりやすく、大きなエネルギーが得られます。
 「新月の祈り」は天命を活かす自己の祈りにつなげましょう。

●「過去・現在・未来」 ヒプノセラピー
●「神・仏・自身」産土リサーチ(個別鑑定)
● 「天・地・自身」満月の会(満月の会瞑想) 新月の会
● 日本の神社・神域紹介 神様関連講座  
●「お金を思考・現実化する」
●「天命」「天職」について 

「お金」をエネルギーとして捉え、新たな「価値観」を持つ“時”
ドル・ユーロ・円・元「お金がお金を生む時代」には疑問?「ドル絶対」の時代は終焉へ。 豊かさを極めたと思っていた経済社会の中で心の中の大切なものを失ってしまってないでしょうか? グローバル時代に最も大切なものとは・・・ 「お金」とは、地球人類の想念が生み出した思念魄(しねんぱく)的存在です。お金は国や人類の共通意識の物質的“情報”存在なのです。 「類は友を呼ぶ」という天地自然の道理が明確な形ででるのがお金です。お金に対する認識(金運思考)・行動が金運を呼ぶのです―お金はその人の心(ホンネ)の鏡のごとしで、 すべての富は心の中にあります。金運は行動してこそ高まります。「自分の欲しいもの」に意識を集中させ、時間とエネルギーを使うことです。 天職を行うことが心とお金を豊かにすることです。

◇吉方位取り
◇パワーストーン

●「お金を思考・現実化する」
●「天命」「天職」について 
● 新月の会
● 吉方位開運ツアー

開運・開名(改名)
開運改名については、「姓名」=「生命」を基本としています。名前には生命が宿り、氣を発しています。名前とは“言語宇宙(波動)”の最も基本になるものです。 フローリーディング研究所の開運開名姓名学は言語宇宙の波動学ともいいます。先祖の想念が子孫に“形”となってあらわれるのが姓名です。(先祖からの“霊的DNA”)

1. 仏尊が守りやすくなる
2. 天命を歩みやすいセカンドネームを持つのも良いでしょう。天命を歩みやすい名前は、神仏の加護を 受けやすい名前でもあります。良い名前は特に仏尊の加護を受けて、人生を好転・開運させます。

●個別鑑定

「天・地の氣」を受け取る「吉方位取り」を積み上げていく。
足りない運氣は自らが取りに行きましょう! 「吉方位」での「神社参拝」

吉方位の神社へ行った時には、自己の祈りだけではなく、神様への感謝・開運・地球の調和・人類の平和の祈り プラス 宇宙意識へつながる祈りもいたしましょう!

●吉方位開運ツアー
●今年のあなたの吉方位は?

コミュニケーションの重要性~日本社会はモラルの転換期~
「ネット犯罪」も今年の象徴される所大きな被害がでます。「スキャンダル」は世間を賑わします。(あってはならないこと、昨年水面化に隠されていた事の公表される暗示も)マスコミの筆害・口撃もモラルを超える傾向にあります。人間不信を募らせることは「負」のエネルギーを起こします。 人間関係の見直しも必要な時です。(離婚率も増える傾向です)

●九星の性格を知る 円滑な対人関係を築くには・・・?
●気学全般  
●満月の会(ビジョン心理学)

産土神社・鎮守神社リサーチ(自分・父母)、21日参拝と菩提寺に参拝
今年は「神威」が発動します。生かされている事の感謝。内在神に目覚めることで より豊かに輝く人生をおくりましょう!

◇表鬼門・裏鬼門結界神社・寺院参拝 
◇東京結界神社参拝 
◇産土神社・鎮守神社参拝

●産土神社・寺院開運法 
●神道リサーチ(個別鑑定)

ヒプノセラピー
上記、 "神・仏・自身」「天・地・自身」「過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと"に順じます。
過去・現在・未来」をつなげていく(とおす)こと。
「過去―現在―未来」からのメッセージを受け取ってみましょう!

●個別セッション

丁寧な言葉遣い 笑い 感謝の心
上記、「神威が発動する年」ひとりひとりが自分の人生を大切にし、良き事も悪しき事にも 生かされている感謝の“心の原点”を見つめる“時”に順じます。
「言霊」といわれるように言葉には魂があり、力があります。暖かい心を養い、良い言葉、優しい言葉を、発しましょう。

●特に「私は~」から始まる言葉には注意を向けること。
* 声は消えても、こころの底にきいた言葉が生き残る。慎むべきは其(その)思い、其行い、其言葉、恐るべきは其影響、其の反発。
*「笑う門には福来る」。天の岩戸も笑いであけた。
*心の幸福は感謝の念から湧き出て、身の幸福は祈りによって倍加する。(*はおみくじより抜粋)

「手帳」・「日記」の活用を工夫する。
「メモ」を取ること・「日々の出来事」・「気づき」を記録していきましょう。


パワーストーン」の活用
九紫火星の氣から「輝く」「神仏の加護」「知性」「直観」「美」「健康」のパワーを頂きましょう!
今年のパワーストーンは今年の気運に対応した石を選んでおります。

◇2月28日(土)10:30~12:30 本年のパワーストーン
●本年のパワーストーン ・目的願望パワーストーン

方位別開運法
方位によって、「運気」が異なります。今年のそれぞれの方位の「運気」は・・・? それぞれの目的にあった「方位」の選択と「自身の吉方位」での「吉方位取り」で運気をさらにあげましょう!!

(1) 今年の「方位」の表す「運気」です 
東   「新しい発想」 「現実化」 「行動」「豊かさを受け取る」 「初めの一歩」をおこすエネルギーを得る 
西   「金運」「不動産運」に恵まれる 「恋愛運」も充実し「結婚」に結びつく気運
東南  「良縁」「人間関係」に恵まれる 「出世」「栄転」変化がつきを呼びこむ。事業、商売の「進展と実利」
北東  「相続」 「不動産運」に恵まれる 良い方向・新たな「変化」を呼ぶ 固い深縁をもつ関係が生まれる 
北西   新規事業に吉 昇進・栄転のチャンスに恵まれる 新しい後継者を得る
 
(2) 今年、全ての人が使えない方位 (但し「月」の吉方位では使えます)
南  暗剣殺  不名誉 不渡り手形を掴む 警察・裁判んどの事件に巻き込まれる 夫婦の離婚 交渉の失敗
   遠方取引の損失 親しい人との生死別 交通事故 火難・・心臓・火傷・精神疾患・心臓病 
五黄殺 あらゆる悩み苦しみを背負う 脅迫・詐欺の難 盗難・水難 異性問題 友人との離別 秘密の露顕
南西 歳破  リストラ やる気が起きない 投機の失敗 妻・女や母親に厄災 胃腸疾患 交通事故
●「行動」がともなうものには、すべて「方位」がともないます
●方位は毎年、毎月、毎日 変わります
●各九星の「月の吉方位」、「運気」は詳しくは「フローリーディング」今月の運勢(今月の吉方位)をご覧ください。
●自身吉方位を知る ・目的別・願望別 ・「神社編」 吉方位と効果活用法 吉方位開運ツアー他 講座

フローリーディング研究所 中村彩祐子

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.