2011年5月の生命の言葉
東京都神社庁からの生命の言葉です 毎月1日発行されているようです。
各神社1日に行かれると新しい生命の言葉が置かれています

生命の言葉


2011年5月の生命の言葉

あさみどり すみわたりたる 大空の
広きをおのが 心ともがな


明治天皇

*浅緑に澄みわたりたる境地は、その清浄、正直の心を表し、大空の広さは度量の大きさ、睦び和む精神に当たる。
『明治天皇御集』

神道の教えは「清く、正しく、睦まじく」生きるためにある。人は独りで清く生きていくだけでは十分ではない。多くの人との協同生活をするうえで、助け合い、伸ばしあい、許しあう和合の道が必要である。この清浄、正直、陸和の三つの徳目をさわやかな空に託して歌い上げたもので、私たちの心にすがすがしく響いてくる。

大塚駅周辺 都電沿いのバラ
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.