吉方ツアーに参加して(御穂神社・静岡浅間神社)第201回2014年10月23日
歌川広重の描いた三保の松原から見る富士山を楽しみにしていましたが、前日の天気予報どおり東京は朝からどしゃぶりの雨。
静岡に着いたら雨は上がるのでは・・・との願いもはずれ相変わらずの雨・雨・雨・海沿いでもあり、風も強く寒い・・・
天道、吉方で雨は初めてでした。水は浄化作用もあるよね~
<御穂神社>
静岡市清水区三保にある駿河国三宮、
三保の松原に舞い降りた天女の羽衣伝説とゆかりの社として名高い。
社前には樹齢200~300年の松の並木が500mほど続く「神の道」と呼ばれる参道があり神の道を進むと天女が羽衣をかけたとされる樹齢550年の老松・羽衣の松に着く。
富士山は見られなかったものの雨でぬれた「神の道」はとてもしっとりした感じで、歩いているだけで浄化され、別世界にいるようでした。
<清水魚市場・河岸の市・まぐろ館>
マグロ水あげ量日本一の清水港でのランチ、桜エビのかきあげ・磁場魚のさしみ、安くておいしかったです。また、夕食の魚も衝動買い。
<静岡浅間神社>
駿河国総社静岡浅間神社、静岡市街北外れにある
敷地内に神社が7つあり、スタンプラリーのあるとのこと。
建物の多くは重要文化財に指定され桜田門をくぐると大拝殿の高さ、彫刻、色彩の美しさは東照宮のようですばらしかったです。
また、境内には6世紀のこの地方の豪族の墳墓であるとされる古墳もあるとのこと。
次回はゆっくりスタンプラリーしながら、再び訪れたいです。
朝の雨も昼ごろにはあがり、お土産を両手に持ちとても充実した一日でした。
ツアーを計画して頂いた先生に感謝しています。ありがとうございました。

雅代
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.