2017年2月 今月の運勢
●各カルチャーセンター 春期 気学講座開講募集!全て月1回のコースです。
・東武カルチュアセンター
 4月1日(土)12:30~14:15 NEW 九星気学智慧と実践 毎月第1土曜日開催 
 →講座詳細・申込みはこちら
 4月14日(金)13:15~15:00 九星氣学「吉方位を学ぶ」 毎月第2金曜日開催
 →講座詳細・申込みはこちら
・池袋コミュニュティカレッジ
 4月9日(日)10:15~12:15 氣学パワーで幸運を引き寄せる開運活用術 毎月第2日曜日開催
 →講座詳細・申し込みはこちら
・ひばりが丘カルチャーセンター
 随時募集 開運の為の新気学 第1木 10:15~12:00 毎月第1木曜日開催
 →講座詳細・申し込みはこちら

~ 2017年『変化の浄化』で幕開け・始めよう!自分の成長に向けて ~

2月4日00:34~ 3月5日18:33

◆八白土星 中宮 ◆五黄殺 南西
◆暗剣殺 北東 ◆月破 南西 ◆天道 南

今月の盤2017年の盤


丸子山王日枝神社 写真は今回の担当 祐子さんです。
201702_1l.jpg
201702_2l.jpg

宇佐神宮
201702_3l.jpg

厳島神社
201702_4l.jpg

明治神宮夫婦楠
201702_5l.jpg

祐子さん!初今月運勢担当お疲れ様でした。南遁甲ラスト月での発表の場となりましたね。祐子さんの事でいつも感心するのは何事にも手を抜かず熱心に取り組む姿です。例えば初級方位鑑定士試験後の総括の時も試験解答をしっかり見直ししてきていた事。コミカレでも周囲に目を配りながら、タイミングの良いサポートして下さる事。今回の運勢担当も前の週よりもさらに工夫を凝らして取り組んで、翌週の2回目の打合せの時には充分な出来であったにも「健康」を追加した方がよいですよね。と更にがんばってくれました。さすが六白さんの完璧さを目の当たりにして、私も勉強になっています。2017年度は北遁甲ですが、2019年の東遁甲めざして、今年は内需拡大、これからの10年を育てる大きな種をつくってください。2019年は快調なスタートをきってくださいね。そして、自分の長所を伸ばされて、更に輝く10年になりますように。今年の運勢のテーマである「次代の種核”を育てる時」であってください。応援しています!運勢担当ありがとうございました。(彩祐子)

~ 2017年『変化の浄化』で幕開け・始めよう!自分の成長に向けて ~
立春とは申しますが、まだ寒さ厳しき日が続いており、春の訪れが待ち遠しく感じます。
節分で豆まき、恵方巻を食べて邪気を祓いましたか~?
いよいよ、『一白水星中宮丁酉』の年が始まりました!
今年は新しい年から4年目。早い時代の流れにも慣れてきた今年は、一白水星が中宮ですので「1」を象徴する「物の始め」があるように、何かを始めるのに絶好のチャンス!丁(ひのと)は「成長」、酉(とり)は「利を得る」という意味があります。自分の成長に向けて何かを始めてみるのはいかがでしょうか。
また、「1」を象徴する「水」にも注目!負の感情は水の気を汚します。流れる水のような柔軟な心を持ち、止まることなく流れることで自分の中の固執をなくし、清らかな心をもつ、そんな心がけをするのはいかがでしょうか。
大吉方へのお出かけの際は、お水取りを積極的に行うのもよいかもしれません。水の年は、新しい運気を生み出すための準備期間。どれだけ良い水の気を吸収できるかでこの先の運気も変わってきます。年末にお掃除に手が回らなかった方、水回りを徹底的にキレイにお掃除してみてはいかがでしょうか。
今年は、南が五黄殺、北が暗剣殺、東が歳破で、どなたにとっても凶方位となります。海外旅行、お引越し、その他大きなイベントの際は特にご注意ください。
月盤は、八白土星が中宮に回座。2017年は変化の月からのスタート。アメリカではトランプ大統領が就任、日本では2年後に年号が「平成」から変わります。また、今年から年賀状は1月2日の配達が中止、初売りは1月3日へ変更したデパート店舗も出現、更に月末の金曜は15時で終了の会社も・・・とサービス重視から働く人のモチベーション重視へ変わってきた時代です。変化をチャンスに・・・それは早めの吉方位へのお出かけ計画、産土神社、鎮守神社、表裏鬼門へのお参り、方位除けをすることで皆さん自身がチャンスをゲットすることに繋がります。皆さんにとって飛躍する1年でありますようにお祈りいたします。

恋愛 迷いはチャンスを逃す
今月は恋愛運、結婚運ともにチャンス月。
長くお付き合いしているが・・・なかなかお相手が結婚に踏み込んでくれなかったり、またはご自身が踏み込んでいけなく悩んでいらっしゃる方は、縁談が成立する可能性ありです。
2月14日はバレンダインデーがありますので、恋人募集中の方はイベントを利用して積極的に動いてみては、いかがでしょうか。但し、迷いはチャンスを逃すので思いがあれば積極的に!!

金運 お金と新しい付き合いを
目上の方の引立てで収入に恵まれます。また評判や信用を得ることで取引成立する可能性ありです。
今年は何かを始めるチャンス年ですので、財畜に力を入れてみてはいかがでしょうか。貯金を始めようと思っているがなかなか始められない方は、今月から始めてみては・・・。

健康 柔軟な身体を 
新年会などで暴飲暴食になってはいませんか。胃腸炎には注意してください。
また家から出にくい季節なので、運動不足ではありませんか。
特に身体を動かさないことから関節の痛み、また刃物によるケガや突発的な事故にも注意してください。

旅行 今年1年の計画を 
まずは今年の吉方位へのお出かけは計画されましたか。まだの方は是非この時期にカレンダーと睨めっこしてください。
まだまだ寒い日が続いていますが、温泉や雪景色、開花した梅を観に行くのもよいかもしれません。
今年は、南が五黄殺、北が暗剣殺、東が歳破で、どなたにとっても凶方位となります。
月盤は、南西(五黄殺、月破)、北東(暗剣殺)が凶方位です。
雪山に行く際は、雪崩にご注意ください。

今月の凶方位・・・全員が避けたほうがいい方位
南西(伊豆・大阪・熊本など)、北東(水戸・いわき・盛岡・青森・釧路・網走など)
海外:北(ブラジルなど)、南(グアム島・オーストラリアなど)、東(ハワイ・アルゼンチン・ウルグアイ)
*東京(皇居)を拠点にしています

今月のお勧めの方位・・・ご自身の大吉方・吉方位へお出かけください。 
年盤、凶作用対策のため北東・南西に吉方のある方は近距離でお出かけください。

西(金運・恋愛運)北東(相続運・引き立て運)南西(仕事運・商売繁盛)
東(新規事業・地位向上) 東南(良縁・事業繁栄)

※吉方位は月盤で観ています。但し、ご自分の本命星・月命星が入っている方位(中央は除く)と、その方位から見て真向かいにあたる方位は使えません。海外については、年盤で判断してください。

行事・暦

立春 (2/4)00:34
二十四節季の第1。冬至と春分の中間に当たり、暦の上ではこの日から春になる。
八十八夜、二百十日などの起算日。
「寒中見舞い」は立春の前日まで。以降は「余寒見舞い(よかんみまい)」(2月下旬頃まで)になる。

針供養・こと始め (2/8)
折れ、曲がり、錆びなどによって、使えなくなった縫い針を供養し、近くの神社に納める行事。
かつて、12月8日と2月8日は事八日と呼ばれていた。12月8日を事納め、2月8日を事始めとよび、事納めには農耕を終え事始めには始めるとされていた。この両日はつつしみをもって過ごす日とされ、この日は針仕事を休むべきと考えられていた。そして使えなくなった針を神社に納める、あるいは豆腐や蒟蒻のように柔らかいものに刺したりすることで供養し、裁縫の上達を祈った。現在では家庭で針仕事を行うことが少なくなり、家事作業における感謝や祈願の意で行われる事は少なくなったが、服飾に関わる分野においては未だ根付いており、和裁や洋裁の教育機関や企業では現在も行われている。

建国記念の日 (2/11)  フローリーディング研究所立春祈祷祭【池袋氷川神社】(2/11 11:00~)
『建国をしのび、国を愛する心を養う』国民の日。
神武天皇が即位した日を日本の建国された日として祝うこと(紀元節〔きげんせつ〕)は、戦後占領軍の意向で祝日ではなくなりました。しかしその後、紀元節を復活させようという動きが高まり、反対する動きを抑え建国を記念するための祝日を設けることとなりました。
その際「紀元節」から「建国記念の日」に改正されました。そして、1966年に国民の祝日に認められ、翌年から適用されました。
Question) なぜ、『建国記念日』ではなく、『建国記念の日』なのか?
Answer) 史実に基づく建国の日とは関係なく、建国されたという事実そのものを記念する日だからだと言います。
つまり、記念の日という言い方は、お祝いするために定められた日という意味になる訳です。

初午 (2/12)
2月の最初の午の日。稲荷神社で初午祭りが行われる。
初午はその年の豊作祈願が原型で、それに稲荷信仰が結びついたものである。

聖バレンタインデー (2/14)
世界各地でカップルの愛の誓いの日とされる。もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日だと、主に西方教会の広がる地域において伝えられていた。

雨水(うすい) (2/19)20:31
二十四節季の第2。立春から数えて15日目頃。
空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味。草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。春一番が吹くのもこの頃です。

二の午 (2/24)
2月の2回目の午の日。稲荷神社で初午祭りが行われる。

ひな祭り (3/3)
女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事。

魚座  新月 2/26 23:58
獅子座 満月 2/11 09:33
  *2/10 大塚教室 満月の会 19:00~21:00


◆一粒万倍日2/7・2/12・2/19・2/24・3/3
僅かなものでも、やがて時が来れば増え、多くの数を生み出す例え、何事をするにもその首尾結果が吉の日であるとされています。良くも悪くも、後で多くの数に増え我が身にかかってくるという意義を含みます。

◆天道・天徳
天の運行に従い、天の福徳に沿わせる方位、吉方の気を扶助し、凶の気を転化します。

◆天赦日 :
天が赦す(ゆるす)と言う字のごとく、極上の大吉日で特に婚姻に大吉日です。暦注で万(よろず)良しとされるのは、この日に限ります。

【今月のパワーストーン】

★各自オーダーメイドのパワーストーンになります。方位除け、自身の干支の守り本尊、空亡時の守り本尊など彫水晶からお選びください。
★赤・白・黄色 単体色ブレスレット
★今年は陰陽のバランスが大切です。
陰陽(ツートン)ブレスレット こちらも相談の上、石を決めさせて頂きます。

今年のパワーストーンはこちら

各九星の、ここが開運のポイント!

☆ご自身の本命星の運勢をお読みください☆
ご自身の本命星(九星)を調べるにはこちら

◆一白水星(◯): 周囲への感謝を忘れずに
(西 同会3 被同会8 対冲6)

今年は、良くも悪くも注目を浴びる1年。これまで全力を注いできた方は実を結び、大きな成果が出る年です。自分の人生の充実感、達成感を感じることで『自分の生きる道』を確認できる年とも言えます。
今月は恋愛運、結婚運が良い時。また、今月は自分が今までやってきたことにご褒美がいただけます。自身を労い、周囲への感謝を忘れずに。金銭の出入りが活発化し、臨時収入があるかもしれません。但し交際費や冠婚葬祭等が重なり、蓄えが目減りする暗示もありますので計画をもっての購入を心がけましょう。悩んでいる家族・相続・組織への問題が終結に向かい、喜びを感じることでしょう。来月の変化月に向けてどう変化したいか一人だけで悩まないことが得策です。自分自身のメンテナンスのために、ゆっくりリラックスした時間を作りましょう。御礼参り、金運祝詞奏上で更に金運アップを。

◆二黒土星(△): 縁の力で良い変化を
(北東(暗剣) 同会4 被同会9 対冲5破)

今年は、盛運期。心身共に活動力のある忙しい1年。目上の人に評価され、引き立てを受ける時ですので自己拡大の大きなチャンス年。無用な謙遜や自己理由でチャンスを逃さない年にしましょう。
今月は、縁の力で大きく物事が変化する可能性があります。自分の都合でチャンスから逃げないでください。職場では配置転換等、変化があるかもしれません。今までとは気持ちを切り替えたい時は今月が切替月です。5月からの好運気に向けて2月から4月の低迷期をどう過ごすか、5月からの過ごし方等の計画を練るのもよいでしょう。また、決断を迫られるようなことがあるかもしれません。自分を信じて乗り越えてください。腰痛、関節痛に注意してください。前世・先祖、仕事に関する祝詞奏上で良い変化月にしましょう。

◆三碧木星(×): 事実を捉え、適切な判断を
(南(天道) 同会5 被同会1 対冲4)

今年は、コミュニケーションを充実させ、仕事や趣味の世界においても充実した年となります。今までの自身に労いを与え、心身を休めることも大事な年です。出会いチャンスが多い年ですが、金銭面でも大きな入出金があります。今まで自分を支え導いた人への感謝も忘れずにしてください。
今月は、今まで隠されていた問題がはっきりすると同時にトラブルに巻き込まれることもあります。目をそらさずに起きている事象を捉えましょう。今月に問題が解決すれば、次の南遁甲の11月は楽に過ごせそうです。契約の際に文書や捺印ミスが生じたりする傾向もあるので注意する必要があります。データのバックアップも早めがお勧めします。心臓、乳房、頭痛に注意してください。日拝、祝詞奏上でトラブル耐性力のアップを。

◆四緑木星(××): 報告・確認・連絡・相談を
(北 同会6暗 被同会2暗 対冲3天)

今年は、変化や変動のある年となります。不測の事態を顧慮しておく心の準備も必要です。人生の上で決心と決断を伴う年になるため、人生改革のチャンス年でもあります。次の人生に必要な能力を養いましょう。独断と進めず周囲と相談して慎重に対応してください。
今月は、集中力に欠け、仕事のミスが出やすい時です。報告、確認、連絡、相談を怠らないでください。慎重、誠実に対応することがカギとなりそうです。忙しい月になるのでスケジュール管理も重要です。心労から体調を崩しやすいので身体を冷やさないように心身ともにメンテナンスをしましょう。高血圧、脳血栓、怪我、交通事故に注意してください。自神拝の祝詞で気持ちを落ち着かせましょう。

◆五黄土星(△): 気持ちを切替え、目標に向けて準備を
(南西(月破) 同会7 被同会3天 対冲2暗)

今年は、良いことも悪いことも表面化する年であり、9年間の積み重ねの評価の年となります。知力・閃きが冴える時なので、自信のあることを積極的に取り組んでください。人間関係では新しい出会い、親しい人との離別も考えられます。人間関係に配慮し、謙虚な姿勢を心がけましょう。
今月は、家庭内で問題が発生しやすい月です。また仕事の上でも不調を感じるかもしれません。また人から受ける評価が気になる傾向にあります。自分の言葉に責任を持ち、言行一致を目指しましょう。胃腸、肩、歯、口内炎に注意してください。産土神社、鎮守神社へのお参り、日拝・自神拝祝詞奏上をお勧めします。

◆六白金星(○): 環境の変化を見極めるとき
(東 同会8暗 被同会4 対冲1)

今年は、結果を求めず自分への成長の過程と理解して焦らず慌てず充電の年となります。知識の吸収やアイデアを練るには良い年です。スキルアップの勉学に励みましょう。自分を磨いて、次の10年に備える準備期間としてプラス思考で努力していきましょう。
今月は、何かを始める場合は準備期間とし、来月に本格的にスタートすることをお勧めします。準備期間に猿田彦様にお参りするのもよいでしょう。言動・行動によって是非を分ける時期なので、言行一致を目指しましょう。人の噂が気になる傾向にあります。極端な行動は慎みましょう。肝臓、のど、足、神経痛に注意してください。自神拝、日拝、祓い清めの祝詞奏上を。

◆七赤金星(◎): 良縁を掴んで
(東南 同会9天 被同会5破 対冲9)

今年は、来年の好運期にむけた準備期間となります。目標や目的に向けた準備を怠らずに自分を活かした活躍の場を創っていくことが今年のポイントです。努力するだけの結果は今後成果として得られます。
今月は、神縁が深まる時です。交友関係も広がる月です。イベントには積極的に参加して新しい出会いのチャンスを掴んでください。自分の行動が良縁・上縁を引き寄せます。周囲に対する配慮や協調性も大切です。問題が発生した場合は、目上の人の助言をいただくと解決に導きやすいでしょう。また今まで決まらなかったことが決まる時でもあります。腸の疾患、感染症、皮膚病、アレルギー疾患に注意してください。開縁力、上縁貴人、結婚の祝詞で更にご縁の力の向上を。

◆八白土星(◎×): 自己分析から変化に対応を
(中央 同会1 被同会6 対冲なし)

今年は、破れが帯同していますが、逆に持前の信念と現実化の力をもって前向きに望みましょう。気力・体力ともに充実して、あなたの才能が開花する年です。有言実行、言行一致を心がけることで信頼を得ることができるでしょう。出会いのチャンスもあるので恋人募集中の人はアピールを。
今月は、心機一転、何かスタートするのもOK。開花運として望みたいところですが、吉凶が割れる月となるので、凶と感じる場合は自分自身を見つめ直し分析、見識者に相談してみることをお勧めします。今年のテーマをしっかりと受け止めてください。仕事で不本意なこと、環境の変化がある可能性もあります。来月の北西遁甲のために問題は解決しておきましょう。血液の疾患、婦人病に注意してください。日拝、自神拝、宿命運命先祖の清め祝詞奏上を。

◆九紫火星(◎◎): 開運遁甲☆彡仕事運アップ!チャンスを掴もう
(北西 同会2天 被同会7 対冲7)

今年は、社会的信用がアップし人気運も上がり交友関係が活発化し、発展が望め長年の夢が叶う年となります。感情のコントロールが大切です。決断に迷った時には、目上の方や信頼のおける方に相談をするとよいでしょう。恋愛、結婚運が大チャンス。産土様に縁を導いてくれる年となります。
今月は、心身ともに充実し後援者・協力者も多くなり、人気・声望が高まる月です。仕事運もアップの月。活動力があり忙しいのでスケジュール管理が必要です。また今まで努力してきたことでの仕事の評価が期待できる時です。しっかり足元を固め、気を抜かないようにしましょう。神仏との繋がりもあるので祝詞奏上は効果的です。


【編集後記】
 
2010年東遁甲で先生とファーストコンタクト。気学を本格的に学び始めてから2年半が経ちました。今は芸能人のニュースを見るとその人の九星は何だろうと調べ、事象と盤を確認する自分がいます。気学が自分の中では身近なものになりました。今回、「今月の運勢」を担当して自分の能力の未熟さを感じたと同時に、運勢を作成する方がどんな思いで作成されていたのか、読んでいるだけではわからない大変な部分も経験できました。最近気学を学んで感じたことは、先日の初級方位鑑定士の実技試験の時に、人が聞きたい事、言いたい事を察する『傾聴力』、人に伝えることの『伝達力』の難しさを味わいました。同じ事柄でもその人に応じた(その九星に応じた)回答をしなければならないというのは、難しいことと感じています。いつも聞いたことに対して的確に回答して頂ける先生には敬意を表します。2017年度六白金星は北遁甲に回座します。今年は内需拡大の年ですので、自分の弱みが強みとなるよう自己研鑽していきたいと思います。新生が本当にスタートする2019年は、東回座の六白金星。新生スタートが楽しみになるよう準備していく次第です。
先生、色々ご指導ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

担当:林 祐子(6-3-9)

フローリーディング研究所 今後の予定

2017年度フローリーディング研究所 企画講座 祈祷祭 開運ツアー日程表

2月10日(金)19:00~21:00 138回 満月の会 (大塚教室)

2月25日(土)13:00~17:00 巡る結界開運法・恵方詣り・酉酉酉干支大吉方位 (AMANA)

2月2日(木)13:30頃 久伊豆神社 方位除け (祈祷祭)

2月4日(土)10:00~15:00 立春祈祷祭 恵方詣り 武蔵国一の宮 大宮氷川神社 大宮氷川女体神社 中山神社(王子社)(祈祷祭)

2月11日(祝土)11:00~ フローリーディング研究所初祈祷祭 池袋氷川神社(祈祷祭)
     12:00~14:30 新年会 (大塚Hベルクラ)

2月26日(日)9:45~15:00 【旅の学校】中村彩祐子先生とともに願いを叶える新月の参拝 深川不動 富岡八幡宮 (池袋コミカレ)

3月2日(木)14:00~16:30 お写経会 (AMANA)

3月5日(日)5時間 ヒューマンLYD講座 (4/16 5/21 3回シリーズ) (AMANA)

3月11日(土)13:00~16:00 続 開縁力講座 (AMANA)

3月12日(日)18:00~21:30 139回満月の会特別企画 2017年フローマップを創る (AMANA)

3月28日(火)10:30~15:30 巡る結界開運法・恵方詣り・酉酉酉干支大吉方位 (AMANA)

3月23日(木)10:30~17:00 第239回 開運ツアー (東南方面)

3月25,26,27日 M&Mアクセサリー 春の展示会 (AMANA)

4月11日(火)19:00~21:00 第140回 満月の会(大塚教室)

4月25日(火)10:00~15:00 NEW 神社・寺院五行開運法講座 新月の日(4/26)(AMANA)

4月29日(祝土)13:00~17:00 NEW 神社・寺院五行開運法講座(AMANA)

5月11日(木)19:00~21:00 第141回 満月の会(大塚教室)

5月27日(土)13:00~16:00 自神拝 講座 (5/26新月の日)(AMANA)

5月28日(日)未定 特別企画講座 予定(AMANA)

5月18日(木)フローリーディング研究所財運祈祷祭 大国魂神社 杵築大社(祈祷祭)

6月6日(火)10:20~ 神田明神大国様祭 陰遁へ(祈祷祭)

6月10日(土)10:00~14:00 夏越し大祓い講座 満月特別企画(AMANA)

6月21日(水)10:00~12:30 夏越し大祓い講座 夏至の日(AMANA)

6月24日(土)午前中 愛宕神社千日詣り(祈祷祭)

6月24日(土)13:00~16:00 自神拝2 講座  新月の日(AMANA)

7月20日(木)13:00~16:30 2018年度に向けての今年後半の運勢(場所未定)

7月23日(日)13:30~17:00 2018年度に向けての今年後半の運勢(場所未定)

7月23日(日)午前中 フローリーディング研究所後半の祈祷祭(場所未定)

8月7日(月)12:30~16:00 重ね月・干支大吉方位に向けての満月大祓い講座(AMANA)

8月8日(火)ご縁のご祈祷 川越氷川神社・高麗神社(出世開運)(祈祷祭)

8月27日(日)18:00~20:30 重ね月・干支大吉方位に向けての大祓い講座(AMANA)

*講座・開運ツアーの追加は順次 HPにて更新します。~7月までの予定ですが日程・時間の変更もある場合も
あるので、HPでの確認及びお問合せください。

フローリーディング研究所のホームページはこちら

・・・・・・・お問い合わせ・・・・・・・
フローリーディング研究所 中村彩祐子まで 
flowreading@ybb.ne.jp
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.