FC2ブログ
産土神社参拝後の感想

実家が転居して以来25年近く産土様には足を向ける事が有りませんでした。

子供の頃から慣れ親しんだとは言えずっと遠い存在になっていましたが、この度私を遠く離れていてもいつも見守って頂いていると感じた時から俄かに身近な存在と成りました。産土様である住吉神社には深い縁を感じます。
生まれた地域ではなく8歳の時に移り住んだ町の氏神様であり、私自身が当時神社に併設されていた結婚式場で式を挙げ、長男のお宮参りにも行きました。また姉がほんの数年まで40年以上に渡って勤務した会社は神社の敷地内から徒歩1分の所にあります。

今回産土様参拝のきっかけとなったのは母の白内障の手術、入院のお見舞い、付き添いの為の帰省でした。
母がいつも通院している眼科のクリニックではなくそのクリニックの本院で手術、入院となりましたが、その病院が産土さまの敷地内からほんの徒歩で5,6分と言うのにも驚きでした。
お陰でまず産土様に帰郷のご挨拶をし、母の事のお願いした上で病院へとお見舞いに行く事が出来ました。

産土様は懐かしくもあり又新鮮でも有りました。子供の頃は勿論、今回訪れるまでは筑前一宮と言う事も何社もの末社、摂社をお祭りする立派な神社だと言う事も知りませんでした。
今までの内で一番足を踏み入れた神社に違いは無いものの一時にしっくり来る感じは正直有りませんでした。

今回の参拝でご祈祷をお願いしました。その時に通された開放的な本殿や設えがとても好きになりました。4泊5日の旅の毎日がお参りする機会に恵まれ様々な神様方にお祈りを捧げ、まるで「お願いのデパートの様な総合神社」の中で心行くまで時を過ごせた事。そして偶然境内を通りかかった時に本社と摂社の一つである舟玉神社(猿田彦命)の神官勢揃いでの神事に立ち会う事が出来、又荘厳な祝詞の奏上や御祓いを体験する事が出来、これは歓迎の他の何ものでもないと興奮してしまいました。
しかしとても残念に思ったのが、私の産土様のご本殿の建物全体の劣化や塗装の色褪せでした。お参りの時に千円札をお賽銭箱に入れる人もいれば参拝客がとても少ないと言う訳でもないのにと悲しい気持ちになり、数年後の修復工事の為に心ばかりの寄付をしましたが産土様の開運を祈る気持ちと私自身も繁栄に協力できれば良いなと思いを抱きながら参拝、お見舞いの旅を終えました。

 我が家に帰ってからは鯛とお酒をお供えしてお札をお祭りさせて頂きました。天照様と崇敬神社の神々様に加えて産土様をお迎えする事が出来て強力な三本柱が我が家を支えて下さると考えるとなんとも心強い限りです。毎日頂くお力を人の為に役立てられるよう努力しなければと神棚拝詞に心を込めて唱えるこの頃です。

【M.Iさん】
産土神社参拝後の感想と自身の信仰について

産土神社が赤塚諏訪神社とわかったとき、これはもうわたしの神社なのだろうと訪れる前から感じていた。諏訪のある長野県(上田市)は父が最後に勤めた地だった。仕事のことの話しはほとんど聞いたことはないが、父が会社で信頼されていたことは感じていた。単身赴任ではあったが、母も月の半分は父のもとへ行き、父の世話をしながら週末には近くの温泉に入ったりして楽しんでいた。そんな思い出のある地に関連する、長野の諏訪神社を勧請してここに祀られた赤塚諏訪神社が産土神社であることに心から感謝した。御祭神の建御名方神(たけみなかたのかみ)、これも不思議なのだが、字は違うが父の名前(武巳)が入っている神様で(武南方神とも書くそうだが)、「やっぱり父にように私を守ってくれている神様がここにいるんだ」と思い涙がでた。わたしにとっての産土神社は父の存在そのものだ。
建御名方神は妃神である八坂刀売神(やさかとめのかみ)とともに信濃国の開拓にご神意を注がれ、諏訪大社に祀られるようになったそうだ。また神の性質としては、湖、水、風。これも一白のわたしの象意と同じ。心地よい感じがしたのはそのせいだろうか。

初めて訪れた産土神社はほっとできる存在だった。それは母の子宮のなかにいるようにあたたかかった。山門をくぐりぬけると両端に夫婦イチョウの木とやさしいかぜが迎えてくれた。そのイチョウの木がまるで両親のようにも思えて、21日参拝の間、そして訪れるたびにその木に触れてぬくもりを感じ気をもらい、毎日の無事を感謝した。

産土神社を訪れ、21日参拝をするなか、自分が守られていると感じたときに初めて自分への愛情が芽生えた。守られているということはわたしだけの命ではない。自分を大切にするということは、まわりひとたちすべてを大切にすること、そんな些細なことを気づくまで随分時間がかかってしまった。宇宙のなかの小さな存在ではあるが、なにか役目があり今の時代を生きている。その役目が何であるか見つからない自分に苛立つことさえあったが、「それでもいいのですよ」と諭してくれる神様がそこにはいた。
目にこそは見えないが、許してくれる存在、守っていてくれる存在が自分を強くしてくれる。そして、悩み、迷いが生じてもきっと導いていくれるという強い信頼が生まれる。また、反対に自分の意に反したこと、誤ったことをすれば戒めてくれる。すべて見抜き見透してくれていることに、日々感謝の思いが増す。

21日参拝は行かずにはいられなかった。今まで無事に守ってくださったことの感謝、そしてこれからのことを祈った。ただ、今まで産土神社を知らなかった年数に比べて、21日間というのはたいした日々ではないが、簡単なことではなかった。それでも、がんばれたのは、神様への感謝はもちろんだが、同じ気学を勉強している人たちもがんばっているという話を聞いたことも励みになった。毎日、同じ時間に顔見知りになった
お年寄りのお散歩しているグループのひとたちとのあいさつもまた楽しみだった。そんな出会いを与えてくれたことも大きな力となった。

産土神社を知ったことで大きく変わったわけではないが自分の中の何か1本筋が通り、また、何か1本取り除いてくれたような気がする。これからもその繰り返しが続く。その1本1本を大事にしていきたい。

【Y.Oさん】
8月は産土・鎮守神社参拝へ
8月は産土・鎮守神社参拝
メルマガにも記載しましたが
暑い中の参拝は大変ですが、時間を見つけて是非参拝を。
8月は気学の盤でも北東・南西がつぶれていますので、余裕があったら、
表・裏鬼門結界神社への参拝もお勧めです!
中村も久しぶりにゆっくり参拝できました。気持ちが軽くなった感じ
中村は今月から空亡にも入りますので、表・裏鬼門結界神社・寺院は参拝は必須。

20110809hakusann.jpg
白山神社(産土神社)


20110809nezu.jpg
根津神社(鎮守神社)

2011080810sugamo.jpg
巣鴨高岩院
(表鬼門結界寺院)

201108081027000.jpg

2011081316anahachiman.jpg
穴八幡宮(南西鬼門結界神社)

南西鬼門結界寺院
高津区にある明王院
お墓参りを兼ねて行ってきました。
暑い暑い参拝

中村家ではゴーヤが見事に育ち
グリーンカーテン風
涼しげ~~~!
・・・・ゴーヤ貰って帰るの忘れた。。残念。
ゴーヤ食べるとなんだか、夏を乗り越えられる感じで
AMANAのまかないにはゴーヤを出してもらっています。


201108161816000.jpg


201108161817000.jpg

9月の節入りまで、後半分。
皆さん、体調には気をつけて下さい。
今月は、進みが遅くても焦らない、焦らないです。

9月のコミカレ
「自身をプロデュースする」講座は、是非ご参加ください。
~目標を定め、そこに向かって上り始めた坂道をひたすら歩く旅~21日産土神社参拝を終えて
産土神社参拝後の感想 


産土神社をリサーチしたのは、今年の五月十三日。
歌の発表会を一週間後に控え、音楽以外にもいろんな事に取り組み、
結果を出したいと願う日々の真っ只中でもありました。

フーチが右に回ったのは、自宅から徒歩100Mほどにある氷川神社。
御祭神をスサノオノミコトにもつ神社です。
子供のころ、ここでよく遊んでいました。

小学校のときには、写生大会で被写体として使わせていただいたり、
秋祭りに参加したり、思い出が凝縮された場所でもあります。

ですので、改めて氷川神社が産土神社だと言われても、
当たり前というか、当然といった感じでした。
結果が他の神社だったとしても、
私の産土神社はココ!と思っていたので、よかったです。

「21日参拝法、やってみたら?」
先生のアドバイスはさほど心意はなさそう・・・と思ったのですが
その日自宅に帰ってから、ある偶然に気がつきます。
21日参拝法を明日から始めると仮定して、
最終日はいつなのか?とカレンダーで数えてみると、
以前、ジャン・スピラーのサイトで調べた今年の最大パワー周期の最終日と
重なっているではありませんか。
(最大パワー周期というのは、年に一度だけ、願い事が叶いやすい期間のこと)

それが分かった瞬間、気持ちは21日完走に向かっていました。


リサーチをした翌朝、早速神社に向かいました。
今日から産土神社として関わる最初の日。
そして21日参拝法のスタートでもあります。
神社は今までと変わらず迎えていただきました。
私が子供の頃から知っている、神社そのまんま。
リサーチで特別な存在である神社だと判ったとしても、
何かがいきなり変わるといった感じはありませんでした。

「これならいける!楽勝、楽勝!」
「そんな程度の祈りじゃ無理無理」
21日間の参拝は苦ではないという浅はかな自信と、
それっぽっちの祈りでは、ただ朝の時間を潰しているだけ・・・
という反省の気持ち。。

21日参拝する意味は何なのか?
鳥居をくぐり、鳥居を出るまでの時間、
私は神社とどうつながりたいのか、
自分の意思をどう伝えるべきか、考えました。

その頃、神社へ参拝するときに、
先生は願い事を書いているという話を聞き、
私も21日参拝期間中、毎日神様宛の手紙を書くことにしました。
書いた願い事を読み上げて、神様に真向かってみようと試みました。
文章もなるべく具体的に書いて、より伝わるように。
神様とコミュニケーションを図ろうとしているような内容です。

最初に手ごたえを感じたのは、21日参拝期間中に行われた歌の発表会。
自分の思い描いていた通りに歌をを披露することができ、
大盛況で終了しました。
また21日参拝を始めるひと月前から、ひどいめまいに悩まされていましたが、
それも落ち着いて生活に支障をきたすことがなくなりました。


毎日神社に通うようになって、参拝という短い時間でも、
昨日と今日とでは、少し気が違う気がする・・・
微妙な変化を感じるようになりました。
また朝には朝、昼には昼の表情があって、参拝に訪れる人も違います。
この町に住む人たちを見えない力で支え、
何かを伝えている様にも見えました。
それは勿論、私にも伝わってくるものを感じました。

 「私が一心に願い事を読んでいたとき、
 気づかないようにして私を見ていた人は誰ですか?」

 「私が先天の三種の大祓を称えていたとき、
 烏が大きな声で鳴き、
 ふわっとした風を吹かせ、私を包んでくださったのは、
 一体誰の仕業ですか?」


21日間の参拝は無事終了しました。
ひとつ目標を定め、そこに向かって上り始めた坂道をひたすら歩く旅のようでした。
終わったときの達成感は今でも忘れられません。


神様は尊く、ずっと天高い遠い存在と思っていましたが、それだけではなく、
もっと自分のそばにいる、
自分の中に内在するもうひとりの神様と心ひとつにして語りかけると、
神様はすっと近くまで降りてきてくださるような、
そんなイメージを感じるようになりました。


あれから3年の年月が経ちました。
今でも産土神社の参拝をしています。。
21日参拝法も年に2~3回、行くぞ!と決めて挑戦するようになりました。


変わった事といえば、
初めての21日参拝から半年経った頃でしょうか、
神社のお賽銭箱の上には、「幸せ詣り参拝帳」というものが置かれるようになりました。
参拝記録の台紙、ご朱印の簡略版みたいなものですが、
祓詞と祈願詞が印刷されている他に、
ちょうど100日分捺印できるマスがあり、
一回参拝するごとに一つ捺印するというルールがあります。
100回分の捺印がたまったら、
境内で祝詞を奏上していただけるようです。
お百度詣りをヒントに作られたようなのですが、
まさか、私の様子をご覧になられてのことなのでしょうか?!
本当の真意はわかりませんが、
これもきっと産土の神様の後押しなのかもしれませんね。
参拝帳は去年までに2冊完了し、今3冊目に突入しています。


時々参拝に行くと、タイミングによっては
お正月でもないのに、参拝の順番待ちをすることがあります。
参拝帳を持参して訪れるので、ちょっとだけ時間がかかってしまうんですよね。。
閑静な住宅地の中にある神社で順番待ちなんて、
なかなか見られる光景ではないと思います。
目的はそれぞれにあるけど、皆さんが祈ることで
神社も元気になると思いますし、私自身もとても励みになります。


励みになるといえば、
フローリーディングでも、皆さんが21日参拝に挑戦している話を聞くと、
それもまた嬉しいものです。
いつかの講座で、私が21日参拝をした話をさせていただいたあと、
他の皆さんが次から次へと導かれるように名乗りをあげて、実践された話を聞くと、
自分がまず先陣を切ってやってよかったと思っています。


今日も産土神社の参拝をしました。
鳥居の前で一礼してもう一度本殿を見たとき、
ほっこりするような、温かいまなざしで見てくれているような
そんな気分にさせてくれます。

2007.9 (2010.1追記) 若竹祐華里



若竹祐華里さん

ありがとうございました。私も先日3月12日(金)に産土神社21日参拝を終了しました。
私もいつも、 祐華里さんの熱心な参拝の姿を観て、励まされていますよ。ありがとうございます。
産土神社参拝は自分の根っこの部分の力を強め、私たちを見守って下さり、「自主・自立・自己責任」の力を育ててくれているように感じられます。

「幸せ詣り参拝帳」も、熱心な祐華里さんの参拝の「後押し」かもしれませんね。

元郷氷川神社 ふじ

祐華里さんと一緒にお参りした時は「ふじ」が美しい時でした。

私も出来るだけ
生徒さんの産土神社・鎮守神社にお参りにいくように心がけて
「感謝とお導き」を伝えるように心がけております。

ありがとうございます。 (彩祐子)
Copyright © 彩祐子の心の扉 (フローリーディング研究所ブログ). all rights reserved.